------------「西おたふく山…油こぶし下る」------------


2015/03/07(土曜日)

山行時間=山歩き 6時間、町歩き 一時間。
情   報=おトイレは ガーデンテラスに 六甲ケーブル駅にあります。

住吉山手(8:09)…五助堰堤(8:31)…五助の池(8:35)…黒五谷分岐…渡渉地点(9:08)…右岸道 西おたふく山分岐(9:21)…西おたふく山(10:40)…管理舗装道…山頂道路(10:44)…極楽茶屋(10:55)…ガーデンテラス(11:13-52)…バスにてケーブル駅へ(12:19)…油こぶし下る(12:42)…ケーブル下駅(13:51)

アクセス=JR住吉駅南側から クルクルバスに乗り 終点 「エクセル東」で降ります。


比良に行く予定が 朝起きると 雨でした。
天気予報を見ると が、、ん 滋賀も雨!(><)
7時 雨が止んだ。そうだ六甲へいこう、と言うことで、
住吉山手まで 家族に送ってもらう。
長らく歩いていない 「西おたふく」へ行ってみよう。








(8:07)五助堰堤を目指す、

梅が咲いていた。

黒五山が見えてきた。

登山口 住吉山手まで 主人に車で 送ってもらいました。

(8:21)石切道を分けて、



(8:31)五助堰堤を越え 木道を踏む。

堰堤内が 白いくザワザワしています。  なんだろう?・ 、、、あっ! ネコヤナギだ!
芽吹きって 美しいものですねっ!
木道を踏んで 五助の池へと進みます。


ネコヤナギの芽吹きでした。

住吉道基点です。

五助の池に、雨つぶの輪が。

池の前の 橋を渡って 登山道へ取り付きます。
五助の堰堤が出来る前の 六甲住吉道は どこから 取り付いたんでしょうね。




古道の名残の石畳です。

右岸道分岐

丸太階段を登ると 西おたふくがよく見える。

ぬれているので 大平岩もパス。堰堤を巻くのか 丸太階段を登り、下り沢近くになる。
うっそうとした 杉林が少しあり、再び沢に下りると 渡渉地点があります。
標識が立っています。



丸太階段を下ると沢に出ます。

すこし上流に標識があります。

(9:08)沢を渡りました。

雨で水量が増えているか心配でしたが それほどでもなかった。
石を2,3個 投げ入れて 沢を渡りました。
西おたふくへ上るのは随分と久しぶりです。




登山道は大きく くの字に巻いています。

(9:15)うわー アセビです。

(9:21)右岸道 西おたふくの分岐点。


アセビが咲いていてくれて とても嬉しかったです。
先に 右岸道 西おたふく山と 分岐点があります。
標識が立っています。直進?が西おたふく山です。







笹が美しい道です。

東側の景色

登るに連れて 町の騒音が 山に反響するのか、ゴーオン ゴーと聞こえ出す。
六甲のおなじみの騒音です。




曇り空が残念ですが、

しっとりとして

それなりに 楽しい景色です。

登ると 大阪湾の展望が得られます。もうすっかり、忘れていました。
道が巻くに連れて、大阪湾、西側の景色 北側の六甲連山の景色となかなか 美しい。
この時期だから 見えるのでしょうが。夏には葉が茂り見えないかな。



金剛山が雲の上にポッカリ。

赤い椿に ハッとしました。♪

北に ガーデンテラスが見えます。





標識の向こうは六甲連山の山影。

こんなに、、

風情のある道だったのね。

冬枯れの季節は 景色が枝越しによく見えて 気持ちがいいものですね。
誰にも会いません。ラジオをつけました。


(10:10)ゴルフ場越しに芦屋の町が見えます。



なかなかいいじゃん!!





半ばを過ぎ山頂が近づいてきた。



(10:31)整備道へ合流。

話し声がすると思ったら 西おたふくに立つ 鉄塔の整備に来られたようです。
車が3台停まっていました。






(10:44)山頂道路に合流。

西おたふく山の 山頂は 鉄塔付近にあるんでしょうね。
まっすぐに 山頂道路を目指しました。


(10:55)極楽茶屋 紅葉谷は閉鎖で寂しいな

みつまたが蕾を、つけていました。

極楽茶屋から山道へ





(11:13)あら、凌雲台は閑散としてますわ。

展望テラスも独り占め。

テラスでお昼にしました。
少し寒いです。
テラスも独り占め。
そこへ、
自転車で登ってこられた、
お兄さん
お話しすると
六甲アイランドから
すごいな、、、
どちらから? 登山者も多いですね。
神戸はいい町ですね。
ありがとうございました。
と言うと、
すかさず、いえ こちらこそ、と スマートです。








(11:20)おいしかったです。

(11:52)バスで六甲ケーブルへ行きまーす。

バスも独り占めでした。 お天気が悪いと お店もバスも暇そうです。






(12:19)六甲ケーブルです。

(12:20)念願の 天覧台のカフエ 

(12:42)油こぶし 下山口

バスでケーブルへ移動。天覧台に昨年出来た 喫茶店に入りました。
こちらも 貸切でした。あたたまりました。















展望広場

油こぶしを下ります。

油こぶしでは 下山口近くで 若いグループが 追いついてこられた


(13:42)今日の山歩きが終わった!

(13:51)

(13:58)道路際に、梅が綺麗に咲いていました。


油こぶしから 老人ホームが並ぶ 舗装道路にでました。
若いグループが追いついてこられた、町歩きでは 負けられません。
急ぎ足で抜かれるものかと 六甲ケーブルへ(笑)
やった 抜かれなかったー。グループは 丁度きている!とバスへと向かわれた。
私は家まで 1時間歩きです。雨が強くなり 家にたどりつくと 結構ぬれていました。

新しいザックは「防水」だそうで、ためしにザックカバー無しで歩いてみました。

背中の金具を抜いて 私の背中にあわせたカーブを作って 金具を再びサックに入れる。
モンベルの店員さんがしてくださいましたが、なんだか フイットしていたような 気がしました。
担ぎやすいです。息子に報告すると よかったやん! と 彼も喜んでくれました。

山が終わると  「大満足感」と「一抹の寂しさ」 が 混ざった気分を味わいながら
自宅お風呂で足を労わりました。

息子は入れ違いに 6ヶ月ぶりの サーフインに 嬉々と出かけました。


山さん 一ヶ月ぶりでした。ありがとう〜〜ございました。

摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2015年山行記録