摩耶山「行者尾根…山寺尾根…長峰堰堤」
2015/01/25(日曜日)




青谷登山口(8:50)…天狗道合流…(10:15)掬星台(11:00)…山寺尾根(11:10)…長峰堰堤(12:15)

久しぶりに歩けると 意気揚々と出かけました。
毎日登山のかたがたは もう下ってこられます。「おはようございまーーす」


(8:50)青谷道登山口です。

ポートアイランドですら 霞んでいます。

静香園。

毎日登山の方々と すれ違います。青谷道はいつも にぎやかです。


大竜院

青谷道第一東尾根

水場

大竜院を過ぎて くの字の急坂の箇所、東がひらけ、青谷道第一尾根を仰ぎ見れます。
程なく水場に到着! のどを潤し 行者堂跡はすぐです。


先行の登山者。

行者堂跡

裏へと回ります。

家から行者堂跡まで 約1時間かかります。
脇の階段を登り 小さな沢沿いの 踏み後をたどります。
橋を渡るとすぐに、分岐が見つかります。


上部から分岐を写しました。

直進は老婆谷、左手に取り付くのが行者尾根。

少し上部に岩に書かれた 赤い矢印が見えます。

歩いていて右手が行者尾根分岐です。足元の岩に「天狗道→」と記入してあります。
さあ のぼるぞ! 一年ぶりかな!!
取り付きのテープがなくなっていました。少し上部に →が見えました。




学校林道の鉄塔がだんだん低くなる。



ここが核心部!








松を越えます。

越えて松を眺める。


お茶を飲んでちょっと休憩。ポカポカと暖かく汗をかきます。

























すっかり有名になった 行者尾根ケルンと頂上部。



ポートアイランドが霞んで見えてます。

北に うねる天狗道の尾根、南には ポートアイランドと 神戸の町並みが見えます。





あら 岩に影が! シェーっと。



主人が入れてくれた緑茶をいただきます。


主人は最近 緑茶にこってはります。湯飲みに入れてお湯を少し冷ましてからがよいとか。
ありがたく いただく日々です。





西に 菊水山が見えるポイントに来た。











天狗道に合流しましたー。

少し先の岩展望台。

岩展望台は先客無しでラッキーでした。いい眺めを独り占めです。
なぜに 岩展望台をスルー しはるんやろう? と 思いつつも 狭いのでスルーがありがたい。
と とても勝手な思いに 自分で可笑しくなりました。うっしっし〜
シェーも写しとこう。 さて 掬星台をめざそう。




シェー!

天狗道の先行登山者。

ベンチの北側には 地蔵谷へ下るのかな?

岩展望台から 少し先に ベンチがあります。薄いふみ跡が 地蔵谷へと続いているようす。
Tokiwaさんか 六甲アラカルートさんを 拝見すると ヒントが載っているかも。




掬星台が近くなってきた。

赤丸印を 右へ下り始めた。

うわー! りっぱな杉さん♪


アドベンチャールート合流点も過ぎて 掬星台が随分と近くなったとき 
右手の岩に 赤丸印がついています。

天狗道サブルートと思い歩いたことがなかった。 なぜか右へと進みました。
天狗道へと 合流せず 下っていきました。あらら 老婆谷へと下れるのかな、少し下ると 立派な杉が現れました。



地図だと ここだと思うのですが。



もっと上手に写したかったな。

ここが 天狗道サブルートでした。

山頂部に到着。







三角点に寄りました。

掬星台に「ワンちゃん2匹」

展望台からの 景色は×でした。

三角点によりました、トレイルランニングの方とワンちゃんが2匹と思ったけど 別行動だった。
ベンチに座り パンをいただきました。(^^)
お昼には早いので 休憩後 「山寺尾根」を下りました。





東屋の所が 山寺尾根基点です。

長峰をへて阪急六甲ねぇ〜〜。



掬星台は 盛況でした。子供達もいました。
もうガスを焚いて昼食準備をされてる登山者もおられました。









堰堤工事の防護用の設備。









昨日はここで焼き芋でした。









見えるのは長峰山だけど、、ありがとう。





12時15分 長峰堰堤に着きました。見えるのは長峰山だけど 、、
結局帰宅後 おにぎりをいただきました。
楽しかったよ。ありがと。山さん〜〜♪






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2015年山行記録