八ヶ岳 二日目 2014・09・23日です。
二日目も くっきり すっきりの 展望でした。


山行日 2014/09/22-23(月、火)
コース 9/23 JR茅野駅…タクシー…桜平P<10:35>…夏沢鉱泉<11:05>…<11:53>オーレン小屋<12:10>…<12:40>夏沢峠…<14:00>硫黄岳<14:15>…硫黄岳山荘泊<14:30>
歩行時間=約4時間

9/23 硫黄岳山荘<6:40>…<7:40>横岳<7:55>…<8:40>硫黄岳山荘<8:55>…硫黄岳<9:20>…赤石の頭手前分岐<9:45>… オーレン小屋<10:35>…<11:15>夏沢鉱泉<13:00>…<13:30>桜平<14:00>…タクシーで茅野駅<15:00>
時間=約5時間






目が覚めると、5時 窓辺が明るいです。日の出は5時半過ぎかな

寝床で待ってから ダウンを羽織って 小屋の外へ出て見ました。




5時27分

5時29分

5時31分でした。


5時34分 ポッカリ♪

「御嶽」です。

「?」

小屋を出ると 外は 赤く焼けています。東京のご夫妻と一緒に眺めました。

ご夫妻で 趣味が同じなのへうらやましいです。

直ぐ前で 日の出が拝めるなんて 最高ね!


同室だった 埼玉の女性が早立ち。朝食もおにぎりだったよう。赤岳鉱泉へ下るそうで 見送りました。


赤石の頭方面です。

寝床とも さようならですね、、。



おいしい朝食後、用意をして 「ザックを預かって欲しい」と、お願いすると 「談話室に」
と、 言うことで 談話室の隅っこに置かせていただき カメラとお茶を持って 「横岳」へ!!





6時40分 出発です。

磁石を出すことも無く 標識で確認でした。

あれが 大同心かな?





御嶽

乗鞍

穂高に槍ヶ岳。

まだまだ すばらしい マウンテンビューです。
美しくて ため息が出ます。



横岳に阿弥陀岳です。 赤岳は隠れて 見えなくなりました。

(7:04)ピークが「台座の頭」2795M でしょうか。

(7:09)かる〜〜い 足取りですねぇー。

空身でも どんどん追い抜いていかれます。 トホホでっす。(笑)






進むと くっきり  「 あれー! 富士山でーす」 やっぱり気になる存在です。


今まで見た中で 一番すそが長く見えた富士山でした。 よかったー♪



(7:17) 横岳が 近くなってきました、

山頂をアップでー!

ドンドン進まれる登山者。






(7:22)









地図に「カニの横ばい」とありました。

登山者が下ってこられました。

足元に 下りがある場所、どっちへ進むのかと 悩んでいると 男性が岩に 取り付かれたが、

下れません と戻ってこられた、

「鎖のほうへ行く見たい」と 言われ 「かにの横ばいだったか!」と 気がつく。


岩を越して、










鉄梯子をやめて、

鉄橋のほうへ回りました。

シャッターをお願いしました。

横岳山頂で 北海道から遠征しておられる ご夫妻と出会いました。

昨日は 仙丈 甲斐駒 今日は 赤岳 明日は唐松とか、、すごいー!

昨年は 千丈を残されたそうで 今年はまず千丈へ。 唐松は天気が、、、とおっしゃってました。

昨年は あそこから あそこまで歩いたと みなさん健脚自慢! すばらしいです。






超えると!

(7:39)山頂でしたっ ★




















「赤岳」「阿弥陀岳」の 間から 「仙丈」 「甲斐駒」だそうです。



では さようなら、、、。


(7:53)一抹の寂しさを感じながら
 横岳を辞しました。

























(8:35)硫黄岳山荘着






紅茶をいただきました。

(8:52)出発でーす。

硫黄岳へ戻りまーす。






振り向くと絶景!












山頂付近

またまた、北側の天狗が見える










赤石の頭へと下ります。






ろうそくの様でした。

峰の松目

登っていかれる登山者。








(9:45)赤石の頭手前の オーレン小屋への分岐です。








オーレン小屋へと進みました。

樹林帯になる。

(10:32)テント地があると、






(10:35)すぐにオーレン小屋でした。



(11:15〜13:00)夏沢鉱泉です。

オーレン小屋で おトイレをお借りした。温泉は宿泊者のみらしい。

夏沢鉱泉へと進みました。
夏沢鉱泉の前では 団体さんがおられました。
穂高 槍が見えると説明されてました。なるほど! 見えてる。
写真がうまく撮れてませんでした。

温泉、をお願いすると 先客がおられるので ちょっと待ってくださいとのこと。
時間はタップリあるので 大丈夫です。
「どうぞ〜♪」と、声を掛けられ 温泉へと進むと 小屋で一緒だった東京のご夫妻でした。

「また 逢えるなんて、」、と、感激。「また 山で会いましょう」と、 お別れしました。


温泉後、おうどん 紅茶を いただき まったりでした。

温 泉=@650 タオル付き シャンプー ボディーシャンプーがありました。
おうどん=@800
紅 茶 =@400





夏沢鉱泉 いい湯〜〜でしたー♪



(13:40)桜平につきました。

下りの読みが甘かったというか、予定より早く下ってしまいました。

桜平では アルピコさんが団体さんのお迎えにこられていて 無線で私が早く着いたことを連絡してくださる。

おかげさまで 茅野へ予定より1時間早く着くことができ 一台早い電車で 帰神できました。

はぁ、、八ヶ岳は最高でした。 ほんとに、ほんとにありがとう〜〜

また 行かせてねーーーーーーーー

一日目に戻る

摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2014年山行記録