山行時間=約5時間
情   報=おトイレは 岡本駅にありました。


住吉台登山口(8:20)…五助の池(8:48)…右岸道分岐(8:54)…雨ヶ峠分岐(9:43)…雨ヶ峠(9:53)…東オタフク山自生地(10:05) …雨ヶ峠(10:23)…横池(11:20)…七兵衛山分岐(11:40)…七兵衛山(11:45)…八幡谷へ下る(11:53)…ハブ池分岐(12:16) …ハブ池(12:18)…岡本登山口(12:42)…岡本駅(13:10)

KENさんが 「石楠花山」で「ササユリ」に 出会ったそうです。
「ササユリ」で 検索してみますと なんと 「東オタフク山」でも 咲いてるらしい。
金曜日に予定していると 孫の急な訪問で 土曜日に延期としました。




六甲山をながめつつ、登山口へ、

(8:20)一番向こうが愛車。急ぎ明石の釣り場へ!

登山口です。いってきまーーす!

釣りに出かける 主人に 住吉台登山口まで送ってもらいました。

住吉川沿いの 北上。赤塚橋 上部を右へと進みます 一番東の端が 登山口です。

「夫は海へ魚釣りへ、」、 「妻は山へ芝刈りに!」です。










いつもながら 五助までの 登山道脇に「あじさい」が キレイに咲き誇っています。




「コナスビ」

「?」

「オカトラノオ」

花を眺めつつ のんびりと 五助堰堤をめざします。

ワンちゃんのお散歩の方々が もう終わり 町へと戻られてる。



後ろは五助の堰堤超えの流れ

堰堤内に下りました。

五助の池の前です。

五助堰堤前にも 「アジサイ」が キレイに咲いていました。



いよいよ登山道です。










閉鎖された右岸道分岐です。



大平岩分岐。

朝飲んだ アミノ◎イタルが効いたのか、結構スムーズに歩ける。
ちょっと嬉しいです。

登山道が 高巻き、向こう側に 西オタフクが見えます。このポイント 好きなんです。



西オタフクが 沢向こうに見えました。

住吉川に水が少ないです。


その後 再び下り 沢近くを歩くことになります。


しばらくは 涼しげな 沢音を聞きながら 歩きます。気持ちがいいです。

沢音以外は「テッペンカケタカ」と「ホトトギス」の鳴き声が聞こえるだけ、、、。 




ほんとに水が少ないな、、。

←西オタフクと 標柱に手書きが、

昔の石の標識を見によりました。







よく、見つかりましたねぇ!

沢詰まり 標識に従います。





本谷の向こうの山肌 右岸道が隠れています。











山アジサイ

雨ヶ峠分岐に着いた。

誰にも会わずが 気持ちがいい。テイカカズラの花が 葉を 地面を白く染めていました。



雨ヶ峠へと進みます。



10分ほどで 雨ヶ峠です。

雨ヶ峠では 大勢休んでおられました。 また 次々と登山者が到着されます。

有馬へ下られるのでしょう。


雨ヶ峠の地図標識です。

東オタフクへと進みます。

「ニガナ」

大蔵海岸の ラムーで買った スポーツドリンク(2L@100でした)を飲んで 大休止です。

休憩後 東オタフクへと進みました。  先行登山者さんに追いつく。






栗の花と 六甲最高峰。

予定通り 東オタフクへ向かおう。ささゆりさん 咲いててね。





最高峰が見えて、

のびやかなうねりの 東オタフク山です。

「アザミ」





咲いていましたー!!





東オタフク山で 出会った 先行登山者さんが 「ササユリ」を見つけてくださった。

少し離れた 笹の中に 咲いていました。かわいい、、出会えて よかったー★(^^)

最高峰は雲の中、午後は雨らしいので 下ります。


先行登山者さんと雑談をしながら、雨ヶ峠に戻りました。




猪よけのフエンスガ立派になってました。

雨ヶ峠したで 休憩中のお兄さんに、
質問されました。
もう下ってこられてますが どこから登ったのですか?
住吉谷から登ったと話すと
いつもは生駒なので
六甲はあまり分からなくてと話されました。
行ったことのある生駒の話を少ししました。

先登山者さんとは 何度も 
追い抜き 抜かれ出会いました。
ほんとに、多くの登山者に出会いました。
200人はおられたかな、。
ゴフル場のオトイレをお借りしました。

小広くなったところで 石に座り おにぎりを食べました。






さあ 横池へ。

咲いてる! 咲いてる!

スイレン!





モリアオガエルの卵発見!

紅いスイレンも チラホラです。

そのまま進み 打越峠方面へ。

池の周りをぐるりと回ると 奥のほうで 団体さんがお昼休憩中でした。
赤花スイレンを写してると あら 「モリアオガエルの卵」です。めずらしいなぁ、、。 もどらず、そのまま 雌池へ進みました。




雌池です。





坂を上ると パノラマ道に合流。進んでいきました。
帰路は おたふくバス停に出ると 主人には 話したのですが、もう少し歩きたくなり 気ままに下りました。



分岐から七兵衛山へ登ってみました。

展望は不調でっす。



七兵衛山へ寄りました。ここも 団体さんがおられ、標識のみ写しました。 ロープワークを講義中でした。いいなぁ。

海のほうへ 少し下ると テラスがあり、そこには 単独登山者さんがくつろいでおられました。








「←八幡谷」と手製標識が貼ってありました。

パノラマ道へもどらず、八幡谷へ下ることにしました。





ザレた斜面に打ちこんである杭です。

八幡谷に合流。

ざれた斜面はきれいに整備してくださっています。
杭が2つ並んで 打ち込んであり、すべらず 助かりました。



木漏れ日広場。

はぶ池分岐。

笹に囲まれた「はぶ池」

八幡谷から登って来られる 登山者さんに出会いました。

 やがて 八幡谷にくだり、岡本を目指します。 春に行った「はぶ池」へ寄ってみました。

分岐からはぶ池は直ぐです。



スイレンが咲いていました。



変わった石仏。

八幡谷に戻り 岡本を目指しました。



岡本八幡神社 上に到着。

天上川と金鳥山

岡本では猪が 悪さをしています。
気をつけながら 町を下りました。
夜の一人歩きはしないようにと
新聞に載っていましたが、
まだ 13時なので 大丈夫でしょう。
出会わずよかったです。
岡本駅に出て 阪急に乗りました。


明日は息子一家が 訪問してくれます。何をたべさそうか、、、メニューを考えつつ の車中でした。

ささゆりさん、ありがとうー♪ とっても 幸せな一日でした。




摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2014年山行記録