=========京都北山 「シャクナゲ尾根…天ヶ岳…鞍馬」=========





国際会館前バス亭(9:10)…
小出石バス亭(9:50)…
シャクナゲ尾根登山口(10:05)…
シャクナゲ群生地…
伐採地…(11:30-36)
天ヶ岳分岐…(11:46)
天ヶ岳ー百井峠分岐(12:17)…
天ヶ岳(12:26)…
三又岳(13:23)…
薬王坂(14:20)…
鞍馬登山口(14:35)…
鞍馬駅(14:54)…




アクセス=阪急「烏丸」で地下鉄に乗り換え。
地下鉄「四条駅」から乗り、「国際会館前」で下車。
京都国際会館前バス亭から 
京都バス「小出石」行きに乗りました。
7:05,8:30,9:10 11:10と便数は少ないです。
京都バス時刻表 叡山電車


山行時間=約5時間
情   報=おトイレは 地下鉄駅に 鞍馬寺山門付近に 鞍馬駅にありました。





阪急烏丸…地下鉄四条…国際会館(9:10)…京都バスにて(40分)… 小出石下車…(15分)…シャクナゲ尾根登山口…(90分)…伐採地…(10分)…天ヶ岳分岐…(40分)… 天ヶ岳ー百井峠分岐…(9分)…天ヶ岳…(60分)…三又岳…(60分)…薬王坂…(15分)…鞍馬




比良へいこうかと考えていたのですが かおりさんに 背中をおされ、京都北山「シャクナゲ尾根」に行くことにしました。
どうも 満開のようですよ。wakuwakuです。

阪急「烏丸」で降りて、京都市営地下鉄「四条」駅へ向かいます。
地下で標識もあり、スムーズな移動でした。

「地下鉄 四条」から 烏丸線に乗り、終点「国際会館」で降ります。@290−
京都バス 国際会館前 3番乗り場で <19系統大原 小出石行き>  9:10発に乗り 終点小出石9:50 到着でした。@440−





(9:50)「小出石」バス亭前です。

標識のアップ

百井の方向へ歩きます。

終点「小出石」で 多くの登山者が降りました。
団体さんが 挨拶をされている間に、お先にと 登山口を目指しました。




(10:03)ガードレールが切れているところに入ります。

小さく手書きされてました。

沢沿いの道を進むと、

橋を3箇所ほどわたると 、ガードレールが 切れている箇所があります。
そこに 入っていくと 直ぐに、登山口です。





ありました 登山口です。

(10:05)バス停から15分で到着。

尾根に乗ったかな。

2年前に ヨネちゃん かおりさんに教えていただき 登っています。登山口辺りはなんとなく覚えてた、、。
直ぐに尾根に乗れますが、しばらく 急登りです。ふみ後が錯綜する箇所がありますが、
尾根を目指せばいいのです。





一番の 標識発見!



(10:20)第一石楠花遭遇でっす。

バス停で 話したご婦人に追いつく。とても お優しい 上品な素敵な方です。
































「すばらしいねぇー」と 登山者の歓声が 響きます。
「あなたの 日頃の行いがいいからね。どうも ありがとうございます、」と伝えます




















































滋賀の方の後姿。

たぶん垣間見える「焼杉山」



尾根は東西に伸びているので 北に 天ヶ森 皆子山 南に焼杉山 などが見えてるのかな。



写真がたくさーーーん ありまして、全部は載せられないし、選ぶのが難しいな。















コバノミツバツツジも美しすぎでー!

「ウツクシ スギテ キミガーコーワーイ ♪」 なんて 野口五郎さんの歌がありましたね。
そんな 感じの シャクナゲさん コバノミツバツツジさんの 共演でした。






(11:36)



登山口より90分で 「伐採地」に、出ました。ずーっと展望が無かったので  すーっとします。
休憩中の方が 話しかけてくださいました。
なんと 30年この時期 シャクナゲ尾根に通われているそうです。
その30年間で 今年が 「ぴか一」だそうです。
「花のついてない木がないやろ、ついてない枝がないやろ、すごいで、」と 話してくださいました。

天ヶ岳に 登ると伝えると「もどることないで、鞍馬に下れば、」と、アドバイスを戴いた。
地図を開き確認。「ここ迷うとありますが」「まよわへん」と エールをいただき、そうしてみることに、ありがとうございました。仙人さん!







(11:46)天ヶ岳分岐に到着。

仙人さんにエールをいただき、 11:40分 伐採地をあとにして、大原、天ヶ岳分岐に 12:07分到着でした。



天ヶ岳へと進みます。

しばらくは 谷沿いの 細ーい道でした。



大原分岐を過ぎると 谷沿いの 山肌を削った ほそーい 道になりました。
やがて 急登りとなり 北山の山々が見える箇所がありました。
タムシバが 山肌を白く染めていました。 12:17分



























大原ー天ヶ岳分岐から40分、百井峠ー天ヶ岳分岐に到着しました。地図で確認。 

尾根脇から 標識に従い 尾根へと進むと 尾根に東西南北に 道が付いている。
磁石で 鞍馬駅方面「南」を確認。 火の用心の札が下がっている方が 南でした。







標識を見つけ安心しました。

(12:26)着きました。天ヶ岳山頂(788M)

分岐から 一旦下り 登ると 「天ヶ岳」山頂でした。残念ながら 展望はありませんでした。
仲のよさそうなご夫妻が 昼食中でした。私はもうすこし先で お昼にしようと 失礼しました。









途中 団体リーダーから「鈴の音は スズメバチが 寄ってくる はずして」と 言われ はずしました。

そこで 団体さんと間を開けようと 昼食にしました。




13:23 三又ヶ岳



三又ヶ岳は さりげない 表示でびっくりでしたが どこにいるか分かるので ありがたいです。








途中 先の団体さんに追いつき 休憩中だったので 追い越しました。 しばらくして鈴をつけました。


(14:20)薬王坂到着です。





薬王坂に到着 鞍馬まで600Mとありました。やれやれ もうすぐだ。
展望無く、単調な尾根でしたが 「コバノミツバツツジ」が 沢山 沢山咲いていてくれました。(^^)





端午の節句も近いですね。

鞍馬寺山門



着いたー 鞍馬の町です。 ヤレヤレ、ちょっと 単調でした。

駅を目指して歩いていると、ガレージのお世話をされている方が、 話しかけてくださった。
「どこから登ったん?」「 鈴つけへんのん? 」「わしは4個ぐらいつけるで」「百井のほうの原生林には 熊が ようけおるで、、」
と 言って下さり 私の鈴は間違いでなかったと 確信しました。(笑)





叡山鉄道 鞍馬駅

天狗のお面

叡山鉄道 車両です。

いつかは 鞍馬に遊びにこようと 思いつつ 叡山電鉄に乗り 出町柳へ。(@420)京阪で祇園四条まで。
四条河原町まで 歩いて 阪急に乗って 帰神でした。

祇園四条から 河原町まで歩いただけですが 京都の町は 観光客でいっぱいですね。
神戸に帰るとほっとしました。
シャクナゲさん コバノミチバツツジさん ほんとに、ほんとに、きれいに咲いてくれてありがとう。
天ヶ岳さん、ありがとうございました。



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2014年山行記録