阪急岡本駅(11:00)…岡本梅林(11:08-25)…岡本八幡神社…日栄橋(11:34)…ガレージ(11:37)…西尾根(11:45)…金鳥山(12:16)…八幡谷分岐(12:22)…風吹岩(12:50)…横池(13:28-40)…風吹岩(13:51)… 薬大尾根分岐(14:00)…神戸薬科大学(14:40)…第二日の出湯(15:02-40)…JR甲南山手駅(16:00)


山行時間=約4時間
情   報=おトイレは 駅に 保久良神社横にあります。


先日は「金鳥山西尾根」から、「はぶ池」へ 歩いた。今日はそのまま 「金鳥山」へと 直登してみよう。
そして 先日は 息子からの「夜行くよー!」メールで 寄れなかった 銭湯へ今日は寄るよーー





幼いころ、家の前が銭湯でした。小学生の頃、 銭湯へ一緒に行く約束 なんてしませんでしたか?
そのころ流行っていた 祖母に買っていただいた「ミルクのみ人形」を もって 湯船につけて、、、長風呂。
母が「のびてるんとちがう?」と 覗きに来たことがありましたっけ。

銭湯育ちですから、 銭湯大好きです。
下山口 近くの銭湯を PCで 検索。前回「第二日の出湯」と 決めていました。
今日は 行けるでしょう!!


(11:01)天上川沿いに 北へ進む。

(11:08)



まずは 「阪急岡本駅南側」の道を  西へと進む。
天上川沿いに 北へと進むと 岡本梅林への分岐に出ます。(標識があります。)寄ってみました。

今年4回目の岡本梅林です。やっと 満開ですね。キレイでした。














石碑は昭和42年の水害の慰霊碑でした。

日栄橋分岐

日栄橋を渡る。

岡本梅林を、楽しんだ後は 岡本八幡神社にお参りして 横の道を 北へ進む。
日栄橋分岐で 右へと進む。先日歩いたばかりなので 私の頭でもよーく覚えていました。

足を休め ジャンパーを脱ぎました。日差しが暖かいです。
橋を渡って直ぐの道を 道なりに進みます。
先行10人ほどの団体さんは 直進されました。











左手ガレージの奥が登山道。

山道スタート地点です。

ガレージの奥の 物置のような建物の前を進んでいくと 直ぐに斜面となり ふみ後をたどります。






座福ヶ原砂防ダム。

砂防ダム横の道。

やがて 右の小さな涸れ沢に 座福ヶ原砂防ダムが 現れ 直ぐ横のふみ後をたどる。




ゆがんだ木が目印

鉄塔



砂防ダムを過ぎると 道が谷へと下っています。その手前に 西側尾根に取り付く踏み後が現れます。
ゆがんだ木が 目印です。





ストックが、ひっかかりました。

二つ目の鉄塔。

ぼちぼち展望がある。

道はまずは西へと進み 回りこむ様です。やがて 北へとすすみ、稜線に乗ると 徐々に東へと進みました。

高度があがると 急坂になり、そして南に展望が広がり始めます。
これがいいんですよね、神戸の山!

振り返り お茶を飲みながら 眺めます。





足を乗せにくい プラ階段。



保久良さんからの 稜線。

枝を拾って プラ階段に積もった 土をホリホリしながら 登りましたよ。



好天の日に来てみたいねー。

いよいよ 保久良さんからの道に合流近しだね。

椿がよく咲いてました。

「ハブ池」分岐もやり過ごし登りますと 谷が詰まり 保久良山からの道と 尾根続きにまりました。



植林地帯にでました。

ありがたい標識。



小広くなると 迷いやすいですね。笹を分けた細々とした道をたどりました。
笹が背丈より高い箇所もありましたが、道は途切れることなく 無事ベンチへ。



下る時は このテープが目印のようです。

ベンチで お茶休憩です。

ここが山頂なの?

八幡谷分岐で おまわりさんがおられ「どこから来ました」と 質問された。
事件があったと ラジオで聞いてはいましたが まさか通行止めとは思いませんでした。
西尾根からと説明し 登って行きました。




すぐに本道に合流。



魚屋道分岐。







風吹岩到着です。







登山者でにぎわっていました。



岩に登って眺めていると 茨城県からの 登山者さんがおられました。
楽しそうに 景色を眺めておられるので、
「あれが 阿倍野ハルカス」「それは 六甲アイランド」と ご説明しました。
「神戸空港は?」 「ここからは 見えないですね。」
「あの ほそながーいのは何?」 「それは 防波堤です。」「はぁー♪」
「あれが生駒山で 手前は大阪府 向こうは奈良県です」「へぇー奈良ですか」

「この下は?」「直ぐ下は 神戸市東灘区です。少し左手は 芦屋市ですね」
「あの めずらしい建物は?」
「あれは 芦屋の マンションで 箱で作って 積み上げると言う 工法のマンションですね。」「なるほど!」

有馬から登ってこられ 今日は須磨温泉で お泊り 明日は摩耶山だそうです。
とってもお元気 パワフルな 団体さんでした。
「ありがとう、関東へ来られたら 案内するよ」と ロックガーデンへと去って行かれました。





横池分岐

横池

カップうどんでーす。

沢山の登山者で 落ち着かないので 横池でお昼にしようと移動です。

分岐を曲がってから、呼び止めてくださる方がありました。
「はぶ池」に、行った時 お目にかかった方でした。
また また 楽しい山談義です。八幡谷から 森林管理道 関電道で打越山へ歩いたと  説明してくださいました。
電話はできない スマホで GPSを使えるそうです。PCで地図を取り出しSDカードで スマホへ。

地図のプリントアウト不要ですね。いや、、、私遅れてるわ、、。
また あいましょうと お別れし 横池へでした。




尾根道へ進みました。

岩と展望があります。

本道と合流

いのちゃんが 出てくると嫌なので 池に背を向け 藪をみながらの お昼でした。

いよいよ 銭湯へ向けて下山です。
尾根道を風吹岩へと 戻っていくと 「あらっ!」いのちゃんが 下ってきた。
ラジオかけてたのに ここのはラジオを聞いて 降りてくるのかな?
横に来られた男性の、ザックに噛み付きました。「ありゃ、いやだ(><)」
悪名高い 保久良 芦屋界隈の いのちゃん!! 困ったなー

若い男性が来られたので くっついて、いのちゃん横を すり抜けました。
ザックをかまれた男性は  ふりほどき、のんきに いのちゃんを写してますわ、−。
とっとと 下りました。







魚屋道分岐

右手が 薬大尾根分岐

とっとと 下ったので 直ぐに 魚屋道分岐です。
薬大尾根分岐へと進みます。









森林整備されてるそうで、薬大尾根はいっそう 展望がよくなっていました。
サクラの季節にはキレイなんですよ。





景色最高のベンチです。





ポートアイランドも見てきました。

下るほどに 西の方向も視野が開けてきました。



須磨の山をズームで写す。



茶色のナイロンで木を巻いてあります。





ある程度下ると 木に 茶色のナイロンで巻いてあるきが 林立。何のためでしょう?
森林整備と関係があるのかな? 展望が無くなり 町が近くなる気配があると フエンスです。



ハイキングは終わりました。



おりこうさんの 神戸薬科大学です。





ハコベが咲いていて しゃがみました。

JRを超えるための 陸橋です。

陸橋から 金鳥山を写す。

国道2号線まで下り 東へ進む。
「籾取」交差点、つぎだつぎだ「赤鳥居」交差点を 海側 (うみっかわ)に下ると 第二日の出湯です。





赤鳥居ありました。

見ると ありました 赤鳥居さん





交差点の南を見ると 日の出湯の暖簾が見えました。
あったー♪ 分かりやすかったね。
番台で410円支払って 女湯へ。
空いてましたよ。
保久良さんでの 事故の話をしてはりました。
話に参加。いろいろお話して 
ではまた逢いましょうと お別れでした。


わーい 日の出湯だー★



暖簾を分けて出て 思わず 「あぁー」と 両手を伸ばしました。道路の向こうの方が眺めてはる 
はずかしな、、。JR甲南山手へと進みます。風は冷たいけど 体はホカホカになりました。
あぁ −−★  山って やっぱり いいなぁー最高。 山さんありがとうー♪



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2014年山行記録