火打岩乗り合いタクシー乗り場8:26…登山口8:32…鹿よけフエンス8:34…御嶽道口合流点8:59…鳥居堂跡9:21
…クリンソウ群生地分岐9:29…群生地(9:34-10:12)…往路を下ります…登山口11:00…乗りあいタクシー乗り場11:03

山行時間=登り 60分 下り50分
情   報=おトイレはありませんでした。




主人が急に休みになり、「クリンソウ見にいこかぁ〜?」と 言うことになりました。
「15:00〜雨みたいよ」「では 早いとこ いこか」
あわてて用意をして、舞鶴自動車道 「丹南篠山インター」で降りて 県道大沢篠山線バイパス299号から306号を東へ、
ナビの指示通り 301号線に合流 北上。「火打岩 乗り合いタクシー乗り場」に 着いたのが 8時26分でした。
乗り合いタクシー乗り場前の 駐車スペースに 停めさせていただきました。


1)8:26 自宅から1時間、
「火打岩」バス停に 到着しました。


2) ほんとは 「乗り合いタクシー乗り場」ですね。


3) 三嶽の地図があります。
登山口は、、、、、と


もう行かないと思い、資料も プリントアウトしてなかったし、、、レポを見た記憶がたよりです。
駐車場に 地図があり 見ると登山口が分かり 助かりました。北へすすみました。



4)  北へと進めば、登山口らしい。


5) ありました!標識! 
250M先に駐車場があるそうです。


6) 左折して 民家の間を右折です。


あぁー! K2さんの レポにあった 民家だ、。確か民家横が 登山口。
ありました 標識。 標識をありがとうございます。


7)標識がありがたいです。「失礼しまーす。」

8)休耕田の中を歩きます。

9)鹿よけ扉を開けて、、。




10)入ったところに 立派な標識。

11)さぁ ガンバルゾー!

12) 定番、杉林に「マムシ草」

登り始めは 丸太階段に整備されてます。登りやすい高さです。



13) 尾根に乗るまでは 急でした。

14) やがて 「御岳口道」からの道と合流です。

15) おお!「クリンソウ」と書いてあるある!!

やがて 自然道になりましたが 急でっす。よいしょ、よいしょ。
昨日 摩耶山に行ったので ちょっと 足が疲れてるかな、、。(笑)
尾根に乗ったのか おだやかになりました。地図を見ると 等高線が広いです。




16) 反対側の 標識です。

17) 展望のある馬の背の箇所。

18) 唯一の展望でした。

登山道の右にピークがあり やがて左にピークとなった。地図では左ピークが読めないなぁ、
右から谷道も合流してきた。小一時間あるいたし、、ぼちぼち 群生地では?



19) 反対側小金ヶ嶽かな。

20) ギンリョウソウ

21)





22) 鳥居堂跡地があり、、。


23) ぼちぼちと思うんだけど、、。


24) あぁーあった、
クリンソウへの分岐です。


鳥居堂跡にも 着いたし、自生地への分岐には 標識があると ネットで見たんだけど、、「あった!」
「お父さん、群生地の標識、あったよーー!」「そうかー。」
まだか、まだかと 何度も聞くので 叫んだけど、、。




25) 「ぐんせいち、群生地」と、口ずさみながら 谷へ。

26) 群生地に着きました!!

27) 「あっ! 咲いてる 咲いてる。」「うわ!感激。」

谷へと すいこまれます。なにやら 楽しげな声が聞こえてきました。
感激はまだ 早い。入り口に咲いている クリンソウは ほんの序の口でした。




28) 順路が表示されています。


29) 小さい沢を越えます。
奥からざわめきが聞こえてきます。


30) あら〜〜ぁ〜♪ 美しいなぁ〜♪ 



 なんて、、ステキ、、、。カメラになれてなくて、下手だけど、、。すみません。


31)

 たんぼのように区切られた 感じで、くりんそうが いっぱい 咲いていましたよー♪ 




32)



33) 入り口付近 もうここで 感激。このスケールをこのカメラでは写せないな。



34)



35) 一眼の方が おひさま待ちでした。




36) 自生地はこんな感じでした。

37)

38) 



39)

40)

41) 



42)

43)

44)



45) 

46) 団体さんが到着されたみたい。

47) ホント、涼しげ〜〜♪



48) 6輪草です。 




49)

50)入り口近くの分岐を進んでみると、





51) 最奥からは 三嶽山頂への道があった。

52)「ヤブテマリ」

53)ハイ、ピース!

さぁ 下ろう、「一会庵で おそば、まけきらいの湯 はどう?」「いいね」と 言うことに。




54)御嶽道 分岐

55)

56)鹿よけネット。 

下りは なぜか登りより 道が短く感じられます。

57)/font>

58) 休耕田地を進み、

59) 民家の横を失礼し、



60) お邪魔しました。


61) 角を右へと進めば 
火打岩乗り合いタクシー乗り場です。


62) 一会庵でおそばです。 


駐車場に戻ると 次の車が待っておられました。一路 一会庵へ。お店は11時30分からです。
15分前に着きましたが もうすでに、車が停まっていました。



63)そばきり。

64)妻入商店街では雨が降っていました。

 

おそばの後は 妻入り商家群のおとなり 篠山荘 「まけきらいの湯」でまったりでした。
娘が 家による3時に間に合い 帰宅でした。よかったー!!!



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2013年山行記録