JR比良駅(7:12)…樹下神社(7:30)…出会い小屋跡(8:03)…大山口(8:25)…青ガレ(9:23)…金糞峠(9:45)…コヤマノ岳南尾根取り付き(10:15)…中峠への道に合流(10:46)…コヤマノ岳山頂(10:45) …コヤマノ分岐(11:00)…武奈ヶ岳(11:15-11:50)…坊村(14:00)

山行時間=山歩き6時間、町歩き 50分 、(登り:3時間15分 下り:2時間10分)
情  報 =おトイレは比良駅に、出会い小屋奥にあります。



かねてより 歩いてみたかった 「コヤマノ岳南尾根」です。
3日「しーちゃん」と 花巡りをしたおり、取り付きの確認が出来ました。
「Chikaさん」の レポを参考に 行って見よう。
雨が早くなり 日曜日は快晴。山日和です。4時に目が覚め 始発に乗りました。


1)(7:12)着きました 比良駅でーす。
ずーっと 普通電車でした。


2)あらスッゴイ霧!
堂満さんがまったく見えません。


3)(7:30)樹下神社さんへと進みます。


駅に降り 山を眺めると 木が茂ってる箇所があります。樹下神社です。進んできます。
神社のすぐ、右側に 細い道があります。登山口への道です。



4)の、すぐ横を左へ入る。

5)別荘地を通ります。

あれ? 神戸ナンバーの車が止まってる。
いいなぁ、比良に別荘かー。
バーベキューの用意かな、、
なんて ところもありました。
お金があれば 比良に別荘ですね。






6)(7:45)湖西道路の向こうに「堂満」かな。うっすら 見えてきました。



7) 林の新緑が美しいですねー★



8) 駅から40分程で 「ノタノホリ分岐」です。
ご夫妻が 足早に向かわれました。
山への道らしくなってきました。




9) (8:00)出会い小屋跡 手前の橋に出た。
うわー! 釈迦岳がくっきり見えた。霧も晴れたようです。よかった。






10)出会い小屋跡では 団体の方30名かな、 体操中でした。
単独男性 数人 私をどんどん抜いて いかれます。早いなー!




11)「ウワスミサクラ」キレイです。

12)ここで千代さんが 鹿の角をひらったなー。

13)トイレをお借りしました。

ウワスミサクラの実は 果実酒にできるそうですよ。この花も 比良で始めて見ましたっけ。
トイレ前の 駐車地では 車が沢山止まっていました。すでに入山されてるのかなー?


14)ここでも さらに、、

15)何人かの、、

16)登山者に抜かれましたー。



17) (8:25)3日はしーちゃんと ここ「大山口」を右折でしたが、
今日は直進です。「スーーーッ 」深呼吸ひとつ!
ここまでの景色でも 十分に満足できるなー♪ 


もう 下っておられる方があります、八雲でテント泊かな、、。いいなぁ。





18)鉄製堰堤が あります。

19)

20)

いくつかの 鉄製の堰堤を 巻いて 越えていきます。
サラサラと 沢音がここちよいです。


21)

22)いよいよ ガレて来ましたよ。

23)「ケルン」が道しるべ




24)赤ペンキ矢印に従います。





26)

27)

28)

道が狭くなるころ 「イワカガミ」がとってもきれいに咲いていました。
あれ、、??? 写らない、、カメラ故障でした。グスンです。
あらら、、あせりながらいろいろやってみますと 近距離撮影のみ写りました。
最近そういえば シャッターが下りなかったり してました。まぁ まったく写らないよりいいです。

娘の結婚式の時に 故障! とかではなくて よかったかな。




29)青ガレ近くかな、、。
携帯でーす。


30)近距離で写すので こんな風になってしまう、。

31)ちょっとご機嫌がよくて 写せたみたい。

青ガレも 近距離設定で写したのですが、写ってなかったみたい。


32)(9:40)明るくなったー峠が見えたよ。

33) (9:45)

34)「着いたーっ金糞峠!」って9日ぶりなんだけど、

近距離でも 写せたり 写せなかったりです。 
では 携帯でと スイッチ「オン」にし 写して「オフ」にする と 忙しいなー。(汗)

カメラも2台もたないと いけませんかね。



35)峠から見える景色です。

36)下ります。イワウチワは終わったみたい。

37)橋もアップで写します。

金糞峠でお茶休憩。谷へと下ります。右手は 八雲への道、テントが張ってありました。

さて いよいよ コヤマノ岳南尾根です。wakuwakuです。


38)渡った所にある標識。

39)(9:45)その前に 木の上に打ち付けてありました。

40)コヤマノ岳南尾根の斜面を登ります。

左手に 奥の深谷に掛かる 橋を渡ります。
そのすぐ先に「武奈ヶ岳1時間 最短コース」の手書き標識が 2.5Mぐらいの高さに打ち付けてありました。
コヤマノ岳に続く 尾根が横たわっています。
2004年の 山と高原地図 比良山系 には このコースは載っていません。2012年の地図には載っています。
標識がありがたいです。 




41)少し登ると木に印があった。


42)風景を写したいんだけど アップのみです(汗)


43)


「コヤマノ岳 南尾根」に 入っていきました。初めは急登でしたが、杉の葉のおかげでふかふか 足には優しいです。
よーく見ると 踏み跡があります。ところどころ テープや 赤ペンキの印もあり たどっていきます。
尾根しんをはずさないように ときどき目を上げ 景色を眺め 尾根を確認しながら歩きました。


44)シャクナゲが 沢山ありますが、

45)あまり咲いていません。



「iwahigeさん」が 案内してくださったとき この尾根の入り口を指差し「シャクナゲが多いんですよ」と 話されてたことを思い出しました。




46)(10:07)木肌に 二重線が??

47)



くねくねと 踏み跡をたどりました。歩き出して25分のころ 尾根が狭くなり 少し下りました。

下ったところが平坦で 左右に道があるのかと 勘違いするような 「杉林の広場」に、なっていました。
 赤ペンキで「二重線」がひいてあり、どちらへ進むのかと 辺りを眺めました。
見ると 正面10Mほど先が 尾根のようです。

木に 「コヤマノ岳 武奈ヶ岳 方面→」、と書かれた 手書きの板が やはり 2.5Mぐらい上部に 取り付けられてました。
そういえば、、と ●穂さんの ブログで「大切な標識」と 書かれていましたっけ、、。
Chikaさんのレポにもあり 安心して 矢印に従いました。





48)


49)コヤマノ岳南尾根の美しいブナ林、
携帯で。





なんども 明るくなり コヤマノ岳に登り付いたかと思ったのですが 違ってた。(笑)

岩を巻き 茂みを巻き 進みます。

50)やったー つきましたー コヤマノ岳ー中峠への道に着きました。長かったー。

51)中峠と白い標識もありました。
下る場合の分岐の目印ですね。






52)登山者が集って おられるのが見えた 山頂かな。

合流点から 右へ、穏やかな コヤマノ岳 山頂を 進みました。



53)カラ岳が見えます。


54)八雲分岐です。


55)イブルキノコパへの分岐点




56)武奈だ〜〜★

57)山頂の登山者も見え、さざめきも聞こえてくるんですよー。

コヤマノ岳から 武奈がよく見えるんですね。以前来た時は 葉が茂っていたのか こんなには見えなかった。




58)もうちょっとで 尾根だぁー。


59)尾根に乗りましたー。やっと着いたねー。
嬉しいなー♪


60)(11:15)山頂標識 ナゼナゼしました。(笑)


来たよー! 武奈さん! 標識をナゼナゼ。私が終わるのを待っておられるご婦人が。同じ気持ちね。


61)尾根より京都方面。



琵琶湖側や 北稜など 写したのですが 
カメラ絶不調で だめでした、、。
沢山の戸登山者に混ざって昼食。
北稜を眺めながら おにぎりと どんべいです。

お隣は ガスを出して、、ホットサンド?かな、
若い方は珍しいメニューを されてますね。
いい香り おいしそうでした。
山頂部には まぁ 100人はいたでしょうねぇー。
大盛況ですね。










62)(11:45)学生さんの団体さん。


63)登山道がくっきり見えます。


さあ 下ろう。比良駅へ戻るつもりでしたが 大好きな 西南稜を歩きたくなり バス時間にも 間に合うようなので、坊村へ下ることにしました。
調子の悪いカメラでも この雄大さ。ほんとにすばらしい 景色です。




64)ケルンの箇所の登山者。


65)振り向いて。まだまだ登ってこられます。


66)ふたこぶの武奈さん




67)わさび峠


68)



西南稜を楽しみながら下りました。6月 レンゲツツジのころ来れたら良いな。
わさび峠を過ぎると 御殿山が見えてきて 短いですが激登りです。よいしょ よいしょと登ります。




69)御殿山からの武奈ヶ岳です。






2009年6月の武奈です。



70)


71)


72)



御殿山からは 大好きな谷道へ下り、尾根道分岐へ。杉林を激下り。気を抜けません。
やがて さば街道の 車の音が聞こえてきて、登山口へ着きました。


73)赤い橋を 渡るとほっとします。


74)バス停。





かつてあった 自販機がもう無いので おトイレのお水をがぶがぶ。おいしいー。
バス停にザックを置いて 喫茶店へ。以前はご婦人が護っておられましたが若夫婦でした。
冷たいコーヒー いただきました、ここでも お水がおいしいー♪

バス停で 御近所さんに 出会いびっくりしました。
地元の方とも お話が出来 楽しいバス待ち時間でした。
武奈ーありがとう。また 歩かせてくださいね。







摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2013年山行記録