六甲のうねりが見える展望地より

神鉄有馬駅(11:10)…念仏寺(11:20〜28)…魚屋道登山口(11:29)…炭屋道分岐(12:18)…休憩所(12:22)… 一軒茶屋前(13:18)…山頂(13:27)
…魚屋道下る(13:40)…魚屋道登山口(15:17)…銀の湯(15:00-40)…神鉄有馬駅(16:00)


山歩時間=約4時間
情報=おトイレは 有馬御苑手前市民トイレ、炭酸公園に 一軒茶屋近く にあります。

アクセス=三宮より 北神急行(地下鉄) 「谷上行き」乗ります。谷上で 神戸電鉄 「三田行き」に乗り 有馬口で 「有馬行き」に乗り換える。



布団の中で、、雪の西オタフク いいやろなぁ、、、西オタフクか、、住吉に出て クルクルバスは面倒やし、、
阪急御影で降りて、、東へ歩き水道橋からバスに乗って 渦が森で降りるかな、、と 考えました。
翌日曜朝 主人を送り出してから、家事さまざまこなし、、所用はどうかな、、?と、メール連絡。返事を待つうち 時間が過ぎた。



1)11:10 神鉄有馬駅前  冬景色ねーっ!

2)11:16 金の湯前

3) 11:20-28念仏寺  御朱印をいただいた。

遅くなり 「西オタフク」からは無理だ(><)
では、、、ともかく有馬に行こう。車中ルートを考えますが 魚屋道往復でもあるけたらいいか。

考えるうちに 有馬到着。 町は 少し雪があるようです。山はどうかな〜〜〜? まずは 念仏寺へ
金の湯の前を通過、次の交差点を左へ 階段を登ると 温泉寺 念仏寺と並んでおります。
ブザーを押すと 奥様が出てきてくださり 御朱印をサラサラと記帳してくださいました。ありがとうございました。

念仏寺は太閤さんの北の政所、ねねさんの別邸跡と伝えられているそうです。
庭が美しく「沙羅樹園」と呼ばれ 樹齢250年の沙羅双樹の大木があるそうです。
6月に花が咲くころ「沙羅の花と一弦琴の鑑賞会」が 開かれるそうです。
(調べてみますと 往復はがき予約のようですよ。3日間開催で 格日 100名ほど)



4)以前は無かったなー 炭酸せんべい屋さん

5)雪の炭酸公園

6)11:39 魚屋道登山口。

無事 御朱印をいただけました。これで 残りは 太山寺のみになりました。
「最高峰が楽しみっ」と、魚屋道へと 進みます。炭酸公園にも 雪がありました。
タンサン坂を上り 広い道路を右へ、かんぽの湯を過ぎると 登山口が待っています。
標識があります。



7)雪の登山道。

8)

9)

魚屋道に入ると、雪がありました。うすーい雪です。アイゼン無しで歩けます。




10)赤いヤッケの登山者さん。

11)

12)

赤いヤッケの登山者さん 御夫妻なんだけど 追い抜かしていただいたら、、

ある箇所で ヒョッコリ 私の前に 出てこられた。ショートカットされたのね。





13)12:15

14)12:18 炭屋道分岐です。

15)

炭屋道分岐ですね。紅葉谷 の堰堤の箇所に出ますね。

下ってこられた 登山者さんと 大勢すれ違う、「こんにちわー」「ちわー」と挨拶を交わします。


16)12:22 休憩所は 小学生でいっぱい。

17)右手が開けてきた。

18)12:18 鉄塔のあたりがガーデンパレスかな。

小学生が 休憩してた。先生とこられてたみたい。みんな楽しそうでした。





19)

20)12:25 瑞宝寺公園に下る 筆屋道。

21)

魚屋道は 幅広の道で 整備されたのか、以前に比べごろごろ石が 少なくなり 歩きやすい。

雪でも 迷うことはありません。




22)

23)

24)

登り始めは 谷道ですが、やがて 尾根道となり 谷向こうに 六甲のうねりが 見えるようになります。





25)

26)

27)最高峰に 霧氷かな♪





28)13:05

29)笹ダニが話題でしたが 笹に雪は美しい。

30)13:18 一軒茶屋前はにぎやかでした。

右手に 最高峰が見え やがて 一軒茶屋手前に到着。一軒茶屋前は 超にぎやか。団体さんが到着されたのか、大勢で最高峰目指しておられた。





31)最高峰への舗装道路。


32)芦屋 大阪湾が見えてます。


33)昭和30年代は
 アメリカ軍用地で入れかなったんだ。






34)最高峰でっす。

35)13:28 よっしゃー♪

36)

風が強いので お昼は 魚屋道でしましょう、と 早々に下る。



(37)はぁ、、そり遊びしてはる★

38)

39)13:40 魚屋道くだろうー★





40)13:50 吉高神社前で 焼きそば。

41)

42)15:15 登山口。

吉高神社手前で 焼きそばでした。
風無く よかった。あとは 淡々と 下ります。3時が近く 雪が凍りアイゼンが 刺さらない時がありました。

「冬の谷道は 2時半をすぎると くだらない」の さんぞうさんの言葉を思い出しました。

もう 雪はなさそうと どろどろの箇所で アイゼンをはずす。また雪が出てきて 「スッテンコロリ」でした。(><)
お父さん と 小学生の息子さんに 追い抜かれる。早い早いー♪ 子育て楽しい いい時期ですね。




43)15:20-16:15 「銀の湯」550円。

44)念仏寺

45)16:20 パンフに載ってる謂れのある 岩、

銀の湯につかりました。 普段は 空いているから、靴箱前 券売機前が 数人で混んでしまいます。
登山者も 数人いました。最近山ガールが増えたので 銀の湯も山ガールが増えたね。
金の湯のほうが好きだけど、、混んでるから もっぱら銀の湯です。
平日なら かんぽの湯が700円になりますが 日曜は1000円。

有馬観光のHPに 載っていた岩を 往路見つけたので 帰路よってみた。


46)説明。

47)念仏寺で いただいた御朱印。

48)朱印帳です。

主人は 仕事で 有馬街道を通るのですが 拾ってもらうのはとても無理だろうと 電車で帰りました。
電車の中では、中国語 韓国語が 飛び交っていました。パンフレット片手に sannomiya motomatiと話してたけど、、分かったようでした。
新神戸から いつもは歩きますが バスで帰りました。冷蔵庫にあるもので 夕食をつくりました。
う、、ん これぐらいで 疲れててはいかんな、、と 思いながら 主人を待ちました。
筋トレ 筋トレと 思い直し 次は、、、、、、、、、、、、、、、、、。(笑)


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2013年山行記録