山行時間=約5時間
情   報=おトイレは 石生駅に 水分公園に 柏原駅にありました。

JR石生駅(いそう)(10:07)…水分公園…観音堂(10:40)…滝山古墳(11:03)…岩座展望所(11:21)…四ノ山(11:48)…松の台展望所(12:00-20)深坂北峰(12:35)… 向山(12:45)…向山平展望所(12:52)…五ノ山(13:02)…蛙子展望所(13:20)… 蛙子峰(13:25)…分岐(13:28)…野村峠(13:40)…林道出会い(14:22)…藤ノ目池(14:40)…JR柏原駅(かいばら)(15:23)


久しぶりの遠出で wakuwakuで〜〜す。休暇も取れ、天気もよーーし!
さんぞうさんや お仲間に合えるのも、ひさしぶりでーす。
登る山は、「ヒカゲツツジ」で 有名な 丹波市 、「向山」です。 紅葉がきれいかなぁ、、−−。
阪急で 宝塚へ JRに乗り換え 福知山線で <新三田ー篠山口ー石生>と乗り継ぎます。
運行 トラブルで7分遅れでした。
新三田行きの快速の中で 無事先輩に出会えました。




(1) 「石生駅」から東へ進む。

(2) 右へと進みます。

(3) とりあえず 水分公園へ。

「石生駅」でメンバー6人がそろいました。 今日、はじめて参加のKさんとご挨拶。
私、分け合って、参加できずでして、他のお仲間とも 久しぶりです。
まずは 水分公園へ進みます。「えーーっと、向山は 東だから、、こっちだな、」百均の磁石で Eを確認。
 交差点を右へ、初めての辻を左へ取ると 池がありました。 
地図によると 池の先が 向山連山の登山口 観音堂があるはず、、、あっ 標識を見つけました!!



(4)分岐にあった 標識です。

(5)日本海と 瀬戸内海への分岐

(6)駅からの進み方。

まずは 「水分公園」へ 足を運び 瀬戸内海 日本海へと流れる 分岐を眺めました。
(標識部分をJとリームで切り取り、ペイントで 重ねはる作業をしていたのですが、7になってからそれが できないんです。)




(7)観音堂 向山登山口分岐へ戻った。

(8) 風情のある干し柿 。おいしくなるよー♪

(9)

先ほど見つけた 向山連山への分岐へ戻ります。さぁ、、久しぶりの遠出、張りきって登りまーーす!!




(10) 10:40 登山口 観音堂。

(11) 一つ目の フエンス。

(12)二つ目のフエンスに さんぞう先輩到着。


小さな観音堂がある 登山口に10時40分着でしたー。 予定より30分遅れでした。
フェンスを二つくぐると 急登です。 フーフー登ります。


(13) 以外に急登り それに滑るぅー!!

(14)

(15) 

黒井にお住まいの Kさんによると このあたり昨日は雨だったとか、
急登の上に、積もった落ち葉が ぬれていて すべる、すべる!! 気をつけよう!!
上野道のように 丸太階段で整備されたりしていません。  すべります。気をつけよう。




(16) 11:13 298M 滝山古墳到着。

(17)

(18) 11:14 古墳から1分後 二ノ山着


 第一目印 「298M 滝山古墳」に、着きました。
所要 33分 まずまずの出足ですね。(^^)

「滝山古墳は 昭和33年に偶然発見され 石英斑岩の板石で組まれた 
箱式石棺内部から 40歳位の男性人骨と 鉄剣 鉄鉾 銅鉾が確認されたそうです。
平成3年再調査で 古墳時代前期半ごろ 1600年前に造られたものと思われる」とありました。

古墳から2分で 二ノ山に着いた。



(19) 11:23
第二目印、「岩座展望所」についた。
岩に登ると すばらしい 景色が
待っていてくれました。
うわー!ステキ!!
柏原の町と その向こうの山並みです。

実は電車の中では 周りはすごい霧でして
ちょっと展望を心配してました。
すっかり晴れたよう。よかった(^^)


(20)岩座展望所からの 柏原の町の眺め いいなぁー♪





(21)では 次へと進みます。

(22) 11:35 470M 三ノ山

(23)ロープがありました。



(24) 11:38


ごらんのように 三ノ山を過ぎてから 
アップダウン、アップダウンです。




(25) 亜炭展望所 展望所が次々とありますね。

(26)向山が見えてるのでしょうか。

(27)よいしょ、よいしょと登ります。 





(28) 11:45 展望があったのかな。

(29)11:48 四ノ山 511M

(30)



(31) 12:00




(32)


(33) 松の台展望所からの 景色でーす。
北側の 黒井の町が見えます。
城山には 黒井城跡の石垣が見えました。
黒井に住んでおられる Kさんの説明で分かりました。

丹波に来るといつも思うのですが 
すべての 山襞の間の平野に 町があり、
生活があるのですね。







(34)
松の台展望所の 鞍部で 風をよけての昼食となりました。



(35)

(36)

(37)



(38) このあたり 紅葉がきれいでした。

(39) これは ヒカゲツツジの紅葉でしょうかね?

(40) 12:37  深坂北峰(みさかきたみね)


、、、、登ると、、、、、「深坂北峰」ちゃくーー!
「みさか きたみねです。」と さんぞう先輩。 はは、、、そう読むのか、、 と 私を含めて他の5人でした。





(41) また 柏原側が見えるようです。

(42) 春には「つつじ」が きれいなんでしょうね。





(43) 12:46 着きました。「向山」!

(44)

向山(569M)に 到着でーす。着いた着いた! 12:46。しばし休憩でーす。
微妙な569という数字を眺め、「標識の上に立つと、570やな、」と ●野さん 大阪ギャク炸裂です。
五ノ山へは 水平道でした。
五ノ山を過ぎると 分岐 野村峠と 注意が必要ですね。





(44)紅葉は ヒカゲツツジやろか?

(45) 向山平展望所です。

(46) 水平道でした。

(47)


五ノ山までは 穏やかな 道になりました。



(48)13:02  五ノ山 591M 




(49) 五ノ山で 休憩。

(50) 岩っぽくなった。

(51) 狭い岩尾根です。

五ノ山を過ぎると 狭い岩尾根になり ワイルドだぜ!! 




(52)岩場の 「 蛙子展望所」。

(53) これは 清水山とか でしょうか。


狭い岩尾根の先の 岩場に 「蛙子展望所」が、ありました。 黄葉が いいなぁー♪ 








(54) 岩の上の先輩方。


(55)回り込むと登山道が
下にありました。





(56)





(57) 13:25 蛙子峰 562


さんぞう先輩の 立てられた 予定では蛙子峰13:45着の予定でした。
13時25分着と、、なんと!! 遅れを 取り戻して いました。
「イエーーイ 」意気揚々と 下りました。




(58)13:28 分岐です。
譲葉山のほうへ進んだ。



(59)



(60) 13:40 野村峠



(61) 13:42  谷へと下ります。



蛙子峰から3分で 清水山、珪石山、と譲葉山方面への 分岐でした。
「譲葉山へすすんでーー!」と さんぞうさんから お声が飛びます。
10分ほどで 野村峠でした。「地図では 急に右に曲がってるけど、、」とケンさん。
 すぐ先で かくーんと道が曲がっていて これでいいのだ。
「ここを 尾根とおしに 進むと、金山へいけますわ、また 歩いてください 」ですって




(62) 踏み跡薄い谷を進みます。

(63) 13:53 小滝がありました。

(64) 14:10 沢音を聞きながら 


野村峠からは 谷歩きになりました。踏み跡うすいですが おだやかな狭い谷なので 問題なしです。

ところどころ 丸太階段の名残があり 以前は よく歩かれていたのかな。
小石が多く ごろごろと 荒れていて歩きにくいですが きれいな沢、沢音を聞きながら 歩くのは気持ちがよかったです。
 一人では 歩けない、道を皆さんと歩けて 感謝、感謝です。




(65) 14:22  林道に出ましたーーーー☆

(66) 14:40 やがて 藤の目池 についた。

(67) 駅を目指します。

野村峠から40分ほどで 前方が明るくなり 林道に出ました。ヤレヤレでした。
林道出会いで しばし休憩後 出発 足元よく のんびりと歩けましたよ。

谷で 手間取ったのか、藤ノ目池につくころには 予定通りのタイムとなりましたよ。




(68) 15:05 木の根橋

(69) 15:23柏原駅

(70)駅中レストランで ちょっと、、、。(^^)エヘヘー。

柏原の陣屋 木の根橋などを眺め 駅に着いたのが 林道から1時間後 15:23分でした。
なんと この時間帯は 電車が無く 1時間待ち、、それではと 駅中レストランで 「生中セット」でした(笑)

Kさんの晴耕雨読生活 ケンさんの海外旅行予定など 盛りだくさんな お話は 
宝塚か 梅田での 反省会の 予行演習というところでしょうか。

明日は仕事 公休日 土曜も代打で仕事 日曜はバス旅行の私は、宝塚で 失礼しました。
先輩 ありがとうございました。みなさん、ありがとうございました。
こりずにまた お誘いくださいねーありがとうございました。
そして、、向山〜〜〜 ありがと〜〜〜☆ 次は ヒカゲツツジのころに! ぜひ!!






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2012年山行記録