阪急芦屋駅…動物霊園…山道…鉄塔…宝泉水…道畦谷堰堤…超えてすぐの分岐右へ…北尾根取り付き…北尾根…荒地山…魚屋道…風吹岩…蛙岩…甲南山手


山行時間=約4時間
情  報 =おトイレは、芦屋駅構内、駅前に ありました。

10月24日 さんぞう先輩が 道畦谷を歩かれたのに、刺激を頂き、いさんで 出かけました。
以前 山茶花さんに 案内していただいた 北尾根をめざすも、結果南尾根を歩いておりました。
とっても よい尾根でしたが、分岐を間違えたのがわからず、再確認もかねて 今日11月2日 芦屋へと出かけました。




(1)10:56 城山を見ながら、分岐を右へ。


(2)これは、、臼?


(3)桜の葉が色づいていました。


(4)動物霊園に着いた。


(5)11:03 いよいよ登山道です。


風が強いです。のんびり 芦屋川沿いに 北上します。
ポストのある分岐では ポストがあるほうへ 右へ進みます。

トレランの男性、身軽な いでたちで ,スイスイーと、登山道へ吸い込まれていかれた。
なんて なめらか〜〜〜♪ 「なんで、こんな 山道走れるん???」


(6)11:13 鉄塔が現れました。

(7)頭上注意。

(8) 宝泉水につきました。

(9) 11:35

こちらは、「よっこらしょ」の 掛け声を友達に (今日はラジオも友達だけど) のたのた登っていきます。

11:35分 芦屋駅から 約40分で 宝泉水に到着。さてここからが大事と 地図を眺める。
昨日の失敗、今日はいかせねば!!



(10) 宝泉水の後ろにも
道があります。



(11) 堰堤が現れました。



(12) 道畦谷堰堤です。



(13)堰堤を越えます。



(14) 11:38 堰堤を越えたところで 地図を眺めます。


道アゼ谷堰堤が、現れた。「超えた所で 注意」ですね。
堰堤の階段を 乗り超えたところで、あたりを注意深く眺め、、、、地図を眺め、、、、、、
「うん?そっか!」 谷に石があります。石を見るだけのふみ後と思っていたのですが進んでみると 道が続いてます。




(15) 11:39 谷に見えていた岩です。

(16) 11:40 北尾根分岐でしょう!

(17) 登っていきましたよ。

進んでみると なんと、一分後、右手に 「北尾根分岐」が現れました。 やったー
ネット情報による 赤ペンキ矢印のある岩が ありました。が ネット情報と比べると 赤色がくすんでます。
標識は ありません。赤ペンキの印のみです。


(18) GOODな展望。

(19) 分岐にあった小さな手製の札。

(20) 尾根に取り付きます。


登ると すぐに岩に遭遇です。展望が登るほどひらけ、行者尾根と似ています。
単独女性? と、思うと ご主人様が 「弁天岩、北尾根の分岐」の岩に 座って待っておられました。
手製の札がありました。左が北尾根のようです。進みます。ご主人様も 進んで行かれました。


(21) ゴツゴツ





(22) ゴツゴツ





(23) 展望です。城山が見え出した。


ほんとに、岩岩しています。行者尾根より 岩のグレード高いかな。南尾根よりはやさしいです。
登るほどに、芦屋の町が 大阪湾がずんずん見え出し、超楽しい〜〜♪ 

ご主人様に追いつくと「おーい! なにしてるー」と 奥様にお声かけ♪
「最近 本見て これは何の花? なんてことで 遅い遅い」と、苦笑いされてました。
たいして早くは無いけれど 追い抜かせていただく、、。


(24)

(25)

(26)


わ〜〜〜〜い! だいぶ登った。綺麗な大阪湾の景色! 雲が美しいです。


(27)


(28) 積み重なった岩。


(29) まあるい岩


(30) ザラザラな岩。


(31) 12:11 ルーンさんを真似て 自分撮り。芦屋の町と海がうまく入った。
右手には三角な「城山」。


たまにペンキの印があります。ふみ跡というか 岩の間をぬい 超えていくのですが、道ははっきりと分かります。


(24) ひとつ岩を超えて、、、→

(25) 振り向くと ステキな景色!風吹岩の鉄塔かな。



(26) 四角い岩、

(27) 階段状に積み重なった岩。 つかんでも登ります。



(28)平な岩、 超えて、、→→

(29) そして 展望。


いいなぁ! ステキな景色。ここに居ることに 感激です。風もおさまったのかな。背中がポカポカします。


(30) 大岩の横を通過。

(31) 岩と景色。

(32) 積み木岩。



(33) 北方向の眺め。

(34) 12:28 「十三間四方岩」かな?

(35) 12:33 見つけた 赤ペンキのある岩。


潅木茂り 道が錯綜している箇所になった。南に 北に展望箇所がある。
そして右手には 大岩。地図にある「十三間四方岩」なのかな? 戻り写してみる。「カシャー」
錯綜する ふみ跡を たどってみると、下り方向でした ふみ後がすぐ無くなり 戻る。
来た道に戻ろう。、、こっちかな?戻り 分岐点を眺めると あった!!「岩に赤ペンキ」こっちですね。


(36)


(37) 12:40
芦屋ゲートからの道と合流。


(38)


(39) 立ち入り禁止の看板


赤ペンキのある岩のほうを進むと 道は明瞭。正解でした。
100均の磁石も西を指している、正解。
道は荒地山へと 西に続きます。やがて 芦屋ゲートからの道と合流。


(40) 12:46
 「岩梯子」、「道畦谷南尾根」の標識


(41) 荒地山着


(42)「魚屋道」目指す。


(43) 「魚屋道」に合流。


荒地山まで 長く感じました。荒地山で コンビに弁当を開きました。

魚屋道へと進みましたが、先週は まっすぐ 行けたのに、水場に着いちゃった? あれあれ?
元へ戻ると 小さな 「荒地山→」の標識。ここを曲がり損ねたかな。
矢印のほうに進むと 先週見た 岩ベンチがありヤレヤレでした。
ベンチに座っておられた 男性と 道について お話しすると、高座谷からこられたそうで
途中分からなくなり エイヤーと歩くとここに来たとのことでした。迷いの森ですね。

岩梯子からか、魚屋道を目指す 登山者が 4,5人過ぎて行かれた。



(44) 13:50 風吹岩では4人の登山者に出会った。

(45) 震災で小さくなったそうですが、

昔 新神戸に住んでいたと 言われる男性と 魚屋道分岐まで同行。岡本へ下られるそうでした。
今日は 森温泉につかろうと、しーちゃんが下られた 蛙さん→甲南山手へとくだることに。


(46) いい感じ。

(47)

(48) 14:13 甲南山手 尾根道の分岐

ベンチのアベックさんが びっくりしたように、身を乗り出し 私を眺めはるぅー??
なんで?? 道があるから ハイカーは通るよ。


(49) 14:18 やがて 蛙さん。

(50) ちょっと、、、おっちゃんに見えます?? (笑)

(51) 14:37


なんか、蛙さんをうまく写せなかったな、、(汗) ここを歩くのはずいぶん久しぶりでした。


(52) 14:42 やがて 町へと出ました。


(53) 魚屋道の標識がある 登山口。


(54) 14:52
サティーの西 甲南山手駅の、南にある「森温泉」



以前とはずいぶん変わったような、、、気がしました。町へ出る箇所が。。変わったような。
瀟洒な 老人ホームはなかったな。名門甲南女子大学を過ぎ、阪急をわたり、JRを東へ少しで甲南山手駅です。

駅南の 「森温泉」は露天風呂が温泉です。東灘区は 銭湯が少なく 希少ですね。
地元のかたがたに混じり よい温泉に浸からせていただき、足をもみもみ、
これで、南尾根と 北尾根があるけたね、、、。一人ごち ゆったり至福の時間でした。
やま〜〜 今日も ありがとう〜〜!




摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2012年山行記録