-----足慣らし 青谷道第三東尾根-----
2012/05/23



一ヶ月のブランクになりました。まだ咳が残りますが、ぼちぼち ちょこっと歩いておかないと、、。
歩けなくなると困る、、不安を払拭したいなと お気に入りの青谷道第三東尾根へと向かいました。


青谷川の向こうが上野道登山口。

神戸高校の東側を進む。

分岐点。

神戸高校の東側の 青谷道川沿いの道を 進んでいきます。
青谷川の 土手の整備に 来られていた方が 「気をつけて ご苦労さん!」と 話しかけてくださった。
あちらは、お仕事、こちらは遊び、恐縮しながら 通過です。

神戸高校北側からは 山道らしくなります。舗装道路から 土道になるとすぐ 丸太階段があります。
登ると 小さな広場がある。左手は第二尾根取り付きです。
さらに進み、堰堤横を登り、下り進む。次の堰堤前を、右へと進む。上野道と野の分岐点です。
直進は上野道に合流ですが そこを左に進むと、「楽生公園」です。


「楽生公園」の、入り口。

丸太階段を登りますと、

ベンチの向こう側が取り付き。

楽生公園には ブランコや 運ていなどがありますが、遊んでいるのを見たことがありません。
奥へと進むと 谷あいとなり 小さな沢を渡り右岸の丸太階を、登った先が 「第三の根道取り付き」です。



しばらくは急登りです。



上野道の尾根が垣間見える。

大きく「くの字」のふみ跡をたどります。ふみ跡薄い箇所もありますが、
よく見れば大丈夫。ほとんどが明瞭です。


「もちつつじ」が残ってた。

細い尾根道の箇所。

右手に「火の用心」の札があるが、左が進路です。


火の用心の札がある箇所は 大きく左へ曲がる道へと進みます。
火の用心の札が指す方向ではなく 木に赤い●の目印が ついている左方が進路。
火の用心がさす 方向にも道がついています。堰堤工事用の道でしょうか。



札のアップ!

狭い小さな 谷を越える箇所。

展望地が明るく見える。

楽生公園から 奥へと進む時、左に 堰堤が見える谷があります。
その谷詰まりを 渡ることになるようです。細い道を気をつけて 進むと 展望が開ける広場になる。




展望地だー!

ガスってますが まずまずの景色=♪

後ろの岩場が進路。

ぼーっと 景色を眺める。至福の時間です。「やっと来れたー☆(^^)」



ここが難所なか 枝をつかみ右へと進みます。

緑がまぶしいです☆ーー☆

わーい! 第一鉄塔に着いたー


鉄塔に カメラをぶらさげて 自分撮りです。
ポーズを取る前に シャッターが落ちました。(笑)


展望がいいの!!
電線が邪魔ですが、、仕方が無い。


鉄塔の北に登ると さらによく見える。







そして第二鉄塔。

「イチヤクソウ」のつぼみがあり、ちと感激!!

赤い杭のある、第二尾根との合流点についた。

小広くなった箇所、赤い杭があります。ここが第二尾根との合流点です。
少し進むと 火の用心の札が 斜面下方向を指しています。
こちらを下ると 第二尾根にでます。その先で 第一尾根とも合流しています。
ちょっと太い木に 赤丸の印があります。そこを進みます。



火の用心の指す方向が第二尾根道。





道が東へと降り ちょこっとアップダウンがあり
東谷の向こうに 大杉が見え、やがて コンクリート建造物が現れ、上野道と合流。



コンクリート建造物。

「アマドコロ」がぷらぷらとかわいい。

上野道に合流。


上野道に合流しました。やれやれ。久しぶりで 疲れました。
合流点にある、ベンチでラーメンタイム。(写真は忘れました。)
南の景色がもう少し見えると よい休憩場所なんだけど、、おしいな。


定点 虹の駅横にて 掬星台を眺める。

「ハルジオン」が 群れて咲いてる。

こちらは「ハコネウツギ」


休憩後 虹の駅へ。下って帰ろうと 進むと 娘からメールが。
ケーキセットを食べに行こうとお誘い。虹の駅に戻り ケーブルで下りました。


虹の駅より 掬星台をながめた。

虹の駅より 見える鶴甲団地付近。




13時20分発の ケーブルに乗ったのは7人でした。歩けてよかった、摩耶山=ありがとう。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2012年山行記録