----- 福井の文殊山 カタクリ三昧-----
2012/04/15


山行時間=約 4時間30分
情  報=おトイレは 駅に、小文殊にあります。


JR北鯖江駅(9:40)…
酒清水登山口(10:13)…
橋立山(10:50)…
四方谷道分岐(11:14)…
奥の院(11:54)…
南井口分岐(12:07)…
文殊山(12:20-12:53)…
展望台(13:02)…
小文殊山(13:12)…
二上道…
二上登山口(14:12)…
JR大土呂駅(14:35)




福井の カタクリ咲く山に 行きたい!と、思ったのはいつからだったかな。
ネット友からの情報で 藤倉 鍋倉山などを知りました。
今年こそ行こうと 計画。しーちゃんをお誘いしました。
「文殊山のほうが時期がよいよ」と かおりさんから しーちゃんにアドバイスがあり、行き先を「文殊山」に変更。

かおりさんの ふみ跡をたどることにしましたが、 登山口のある 「酒清水」の位置が はっきりとは 分かりませんでした。
K2さんが 載せておられた地図によると 橋から近い様子。探せば分かるでしょう。



北鯖江駅

橋を渡る。

橋を渡っていま--す。

神戸から4時間かかりました。JR北陸線「北鯖江駅」に9時40分到着。小さな無人駅です。
東へと歩く。北陸自動車道の盛り土の下を通り 橋を渡る。橋を渡ったところで「文殊山→」の看板があり、右へと進んだ。
登山口はそんなに 遠くないはず、、、と進むも、「酒清水」という 水場はなく、尋ねる人もいない、、、、し、
よかった おられました。お庭を掃除されていた、ご婦人にお尋ねした。
すると 反対方向だったことが分かった。助かりました。ありがとうございました。


突き当りを左へ進むと「酒清水」
「春たんぼ」の、のぼり。


桜の咲いてるところが「酒清水登山口」。


清水が沸いています。


橋まで戻り そのまま 橋からは左方向に進むと すぐに、「酒清水登山口」へ着いた。
「登山口の標識はない」と、 かおりさんのレポにありました。ふみ跡明瞭。



お水を 一口いただきました。

登山口の桜。

自然林の登山道です。(しーちゃんご提供)

取り付きは急登の上、粘土質の土で 昨日の雨で 少しぬかるんでいて、すべります。

滑りそうなところは ロープが設置されていて、助かります。

しばらくすると、穏やかになりました。


ほどなく鉄塔。展望もありました。

気持ちいいな〜♪

早速 カタクリです!!!

ロープをつかみ 鉄塔で展望を楽しみ、木漏れ日を 浴びながら進みました
「あっ」「カタクリやぁー」 「いやー早速!! かわいい☆ かわいいー♪」と 一輪に見とれていたのですが、、




橋立山のピークかな

登山道脇に 沢山咲いていて くれました。

しーちゃん感激の激写中。

なんとなんと もうびっくり☆、☆、☆ 「カタクリ」が 想像以上に 咲いていたのです。









カタクリを見つけてはしゃがみ、「カシャー☆」 なかなか進めません(笑)





山頂部。



アンテナの背後に道は続く。




橋立山手前は激登り、三角点に到着。標識もありました。11時到着。
「橋立山261.3M」 登山口は 標高30ほどなので、230ほど登ったことになります。
登山口から40分ほどの経過なので まずまずの速度かな。
登山道は アンテナと小屋がある箇所の 背後に続いていました。


そして、いたるところ カタクリが 咲いているのです。




またまた自生地です。

もう うっとり〜♪


K2さんが 下られた 四方谷町への道もあった。標識がありました。








(11:14)



ほんとに、かわいいカタクリが びっくりするほど 咲いている。

そして、次の自生地へと続くのです。








はぁーーここでは あまりの見事さにため息が出ました。
こんな お山が 神戸にあったらなーー♪












「ヤマエンゴサク」


奥の院へかけて、数度のアップダウンがあります。
「?? 奥の院」と、思うが 手前のピークだった。
楽しいアップダウンでした。





(11:50)奥の院の祠

三角点



下ります。


奥の院到着。祠があるのみ、登山者で狭いピークは満員。辞して文殊山山頂で お昼にしよう。


(12:00)まずはしーちゃんくぐります。

私も続きます。

しめ縄




楽しい 岩くぐりが すぐ横にありました。



(12:02) 面白い尾根への道も 両脇に「カタクリ」

縦走らしく アップダウンが何度かあり ピークが眼前に立ちふさがります。
変化があり 楽しい山道。カタクリ自生地も 沢山あり 飽きることがありません。



登り下ると、



鞍部に標識があり、

南井口分岐です。


たった一輪の「白いカタクリさん」







「イカリソウ」にも出会えた。

文殊山山頂のお堂。

五山の標識。

展望を楽しむ登山者。







山頂から「白山」が見えるんですよね。





まだまだ カタクリが楽しませてくれる〜〜♪(^^)
斜面全体に 「カタクリ」が咲いています。すばらしいです。


展望台が見えた。

丸太階段を下りました。

展望台からのいい景色。

標識。


角原わけて、小文殊へ。

小文殊

かわいい標識。

天狗杉さん。

小文殊からの 分岐が気になりましたが、 標識がきっちりとあり 間違うことがありませんでした。よかった。
登山道の道幅も広くなっていました。



小文殊に「トイレ」が、ありました。



二上に進む。

ショウジョウバカマもお出まし。


二上道も 風情があり 福井の町がちらり見え ショウジョウバカマ、キクザキイチゲ まだまだカタクリ そしてスミレと 目を楽しませてくれる 素敵な道でした。



いい景色です。

ネコノメソウとカタクリ。

キクザキイチゲ

半田コースを分けて進む。


親子三代で ハイキングの方があり、「孫の成長を待てるかしら、」「老化にまけずがんばれるかな、」と、ちらり考えた私です。




二上登山口前の駐車場



大土呂駅

大土呂駅への途中 「文殊山?」と 話しかけてくださる 紳士がおられました。
地域の世話役をされてるそうです。地域600軒の拠出金で
  文殊山登山道の保全や駐車場の管理をしてくださっているとか。
お金を落とそうにも お店も無く せめてもと 駅自販機で ドリンク購入でした。


夢のような カタクリ三昧ができました。かおりさん情報をありがとうございました。
しーちゃん、ご同行、ありがとうございました。素敵な一日を過ごすことができました。
すべてに感謝です。山ーありがとう。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2012年山行記録