----------- 摩耶山 「行者尾根ー上野道」-----------
2012/03/10






山行時間=約6時間 (町歩き30分、山頂めぐり40分 休憩40分  登り2時間 下り2時間。)
情  報=おトイレは ビューライン各駅に 掬星台にあります。

阪急王子公園駅(9:30)…サブグラウンド横切る(9:40)…松蔭女学院横を北上…
青谷道登山口(9:56)…大竜寺(10:22)…水場(10:28)…行者堂(10:30-40) …行者堂裏…行者尾根基点(10:41)…岩尾根を登る…天狗道に出会う(11:25)…天狗道…岩展望台(11:32-37)…天狗道基点(11:50)…三角点(11:57)… 掬星台 東屋でお昼(12:00-12:45)…天上寺(12:56)…上野道下山(13:22) …旧天上寺跡史跡公園(13:34)…大杉さん(13:43)…山門(13:52)…ケーブル駅(14:16)…登山口(15:25)

さんぞう先輩を やっと 行者尾根にご案内できましたよー★
二日前まで 降水確率40% 前日金曜日は一日雨でした。
天気が早く転回し なんと降水確率10%になり 催行決定となりました。

Tさんが 引っ張ってくださり 行者尾根を45分で通過! やりますなぁー☆
せっかくなので、天上寺、大杉さんにもよる 摩耶山フルコースでした。
やり残したのは、オテルド摩耶でのお風呂ぐらい。お風呂は下山後 摩耶温泉でした。






阪急 王子公園駅にて集合。

9:30 メンバーがそろいました。

いざ出発。駅の前の道へと進みます。

遠いところから、王子公園駅へとはせ参じてくださいました。5名そろい、いざ出発。
青谷川公園から サブグランドをよこぎり、ロケット公園の東の道を北上です。






サブグラウンドを横切る。摩耶山がよく見えます。

(9:56)青谷道登山口です

信号を渡って北上。


(9:56)青谷道登山口です。
広い道路を渡り、突き当りを見右へ さらに右で松蔭の横を通ります。
バス道へ 信号を渡り 妙光院前を通って 青谷道登山口へ。

登山口からTさん 引っ張ってくれています。







神戸観光茶畑通過。

大竜寺の赤いのぼり。

水場。お一人汲んでおられました。

足取り軽く、お口も軽く 行者尾根の登りを ひかえ準備万端です。








行者堂横で休憩。

行者尾根へと登ります。

いよいよ、尾根へ取り付く!

どなたが塗ったんでしょうねぇ


岩場登りを前に 行者堂横で 休憩。登山者が青谷道を直進していかれました。
どこかで お目にかかったようなお顔の方でした。
行者堂裏へと回りこみます。赤い端を渡り あの無粋に ペインテイングされた岩のしるしを確認し、とりつきます。







谷から覗く風景。

岩場が続きます。

核心部。




よじ登るHさん。



ちょっと楽しい岩登りが続きます。振り向くと V字谷が 徐々に開け、景色も開けます。
それが楽しい。岩場のぼりが楽しい、行者尾根です。





ポートアイランドが見えてきた。

ガレたところを通過します。


よし ここ写さないと と、カメラを取り出し構えると もう登り終えてはる〜〜!
う、、ん カメラ右手に すこし 歩きましたが、全コースは私には無理なよう
やはり ウエポチに直します。




あぁ いい景色です。

あせびも春を待ってます。

倒れた木が手すり代わり。


待ち構えて カシャーですが、ちと早かったかな。(汗)
Oさんと あせびを眺めます。もうすぐ春ですね。♪




菊水山が ちらり見えます。

がんばるHさん。

天狗道に合流。


あぁ 意外に早く 天狗道に合流!さんぞう先輩休憩の間 メンバーのかたも休憩だったとか。
3ヶ月のブランクもさすが男性。筋力が違いますね。
「右でーーす。」と Tさんにお声をかけます。







右、岩展望台によります。

岩展望台にて。


行者尾根ではメンバー以外 登山者は無しでしたが、天狗道では 沢山歩いておられます。

岩展望台も楽しんでいただく。「登った尾根は あれでっか?」「はい、そうです☆」





岩展望台からの景色。

アドベンチャールート分岐点

天狗道の岩道です。






階段を登るTさん。

笹道を選択。

もうすぐ 掬星台。


天狗道で 笹道を選択、階段無くてよかった。Tさんはとっくに 掬星台と
おもいきや、笹道に寄ったとき 階段で待っていてくださったとか、後ろより合流で「あれ?」(笑)






天狗道とりつき。

黒岩尾根分岐にて。

三角点 標識。


丸太階段を登り 三角点へ。さんぞう先輩は 以前の笹だらけの時 よられていたので、
「前の方が よろしいな。」同感な私です。公園のように整備しすぎないでほしいな。






三角点にて。

掬星台 寒いです。

天上寺にて、。


掬星台到着。あられのような小雨がぱらつき 風もあり 寒くなりました。
東屋に行くと なんと 満員。この時期珍しい。登山ブームを感じました。
なんとか 場所を確保。ゆっくりと思えども 寒くて、、
食事が終わると 展望を眺めて 天上寺へ。お参り組みと 見学組みに分かれました。

一願地蔵を 孫のすこやかな成長をお願いし 買い求めました。





さあ、くだりましょう。

天上寺跡史跡公園へと、すすむ。

史跡公園での 若い家族。


上野道とり付きにもどり、さあくだりましょう。温泉と 反省会が待っています。

史跡公園で アベックさん?と、思うと 小さなお子さんつれでした。
息子一家も 「一緒にスキーだ」と、成長を待っています。








階段を下るHさん。

静かな大杉さん。





「大杉さん」の前にて。


大杉さんにも 寄りました。生きていはったら 六甲マザーツリーだったに!






階段横に「ロウバイ」

山門

青谷道分岐点。


山門も ずいぶん傷みました。いつか取り壊されるのでしょうか。
子供が小さい頃では 門の両側に 仁王さまが まだおわしました。






水平道 通過。

虹の駅へ。

虹の駅からの展望。


順調に 虹の駅へ。






虹の駅からの摩耶山。

虹の駅にて、Oさん。

B展望台にて。






もう鉄棒広場!

つばきの橋

もうすぐ登山口です。


「A展望台とかB展望台とか言ってるけど、?」と、さんぞう先輩。
登山口にある 「展望台地図」にて説明。納得していただく。(^^)




摩耶温泉でさっぱりし そのご反省会へ。今回は参加させていただき おじゃま虫でした。
みなさん すばらしい第二の人生を謳歌されている。
Tさんは 映画「カサブランカ」で 同じみの「モロッコ」へ行ってこられたそうです。

ネットオークションのことや、歴史の話 お話は多岐にわたり にぎやかに 
さて 解散となり、駅までお見送り。ご機嫌で帰宅の私でした。
主人はひさしぶりに 日曜出勤でした。お気の毒。しかし優雅に日曜をすごす 摩耶山さん歩です。

なんだか、すーとっレポができちゃった。さんぞう先輩から お写真いただいたら、+していきたいと思います。

名古屋女子マラソンを見ながら作成です。野口さん 先頭集団から脱落とおもいきや、
23キロでは150Mの差になったが、29キロではなんと追いついた。



長い故障でしたね。すごい!頑張れ野口。もう一度オリンピックへ




摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2012年山行記録