----------高砂市「桶居山」----------
2011/11/26




山行時間=約、6時間歩行 (休憩 町歩き含む)
情  報=おトイレは 曽根駅 御着駅 鹿島神社にありました。

JR曽根駅(10:00)…鹿島神社(10:50)…馬の背…鉄塔(1)(11:09)…東峰馬の背分岐(11:34)…桶居山分岐(11:45)…鉄塔(2)(13:05)…鉄塔(3)(13:24)…桶居山(14:00)…鉄塔(4)(14:30)…天狗岩(15:00)…深志野登山口(15:42)…JR御着(16:10)


私の教科書、「関西周辺の山250ベストコース」の、「高御位山」のページの
サブルートとして 紹介されている「桶居山」を知って何年かな。

嬉しいことに さんぞうさんの お仲間と 行くことになりました。
おとなりの 高御位山は登ったことがあり 展望がよいことは知っています。
「桶居山もきっと展望がいいよう☆」、今日はいい天気! 期待が持てます。
ukiuki 基点「JR曽根駅」に向かいました。

今日はさんぞうさんの 計らいで、「馬の背」からの 山歩きです。
都合で集合時間が遅いのと 秋で夕暮れが早いから 百間岩もカットです。










曽根駅





鹿島神社→の標識があり左折。

鹿島神社大鳥居に到着。

 曽根10時集合と ゆったり。朝に洗濯もすませ 三宮8時40分過ぎの新快速に乗りました。
早めに 曽根に着きましたが もうすでに 神社にお参りしている メンバーがおられるとか!
「後続メンバー」が、そろい 神社を目指しました。駅から東へと進むと 標識があり 左折。
道々、大阪のおっちゃんギャク、炸裂です。
45分ごろ 神社に着きました。初めて参加の方と ご挨拶をして 予定通り出発!!!!!

 



ここから登りました。



おお 岩場の前兆。


鹿島神社の 鳥居さんの先にある、バス停の後ろが 登山口のよう。
みると 岩がある。少し登ると 道が明瞭になり 「馬の背」と、なりました。
振り返ると すばらしい 景色が待っていましたよ。



池の向こうに高砂の町です。

軽快に登ります。

岩場に突入!




まぁ。いい景色です。



東に高御位山が見える、
南に町が見える
西に「豆先」からの
尾根のうねりが見え、
「百間岩」がよーーく、見えました。 





豆先からの尾根がうねってます。



「百間岩」だよーーー


右手には「豆先」からの尾根がうねっています。「百間岩」も よく見えます。
あっ 登山者がおられるみたい。岩尾根で木が低く 見晴らしがよいのです。
東峰馬の背分岐で どちらの尾根も 合流しています。


美しい、「馬の背」と、鉄塔(1)の影。

尖がりが 鷹巣山東峰 馬の背分岐点でしょう。
ワイルドな馬の背。



ひっかかりのよい岩で滑らず、安心☆

後ろには すばらしい 展望です。




鷹巣山東峰 馬の背分岐点に 到着。

お茶休憩後、桶居山分岐へ下りました。

ケンさん先頭に 桶居山分岐を左へ進みました。

東峰馬の背分岐から 高御位山方面へ(右へ)しばらく、下ります。
標識らしきものがあり 左へ分岐が伸びている。
「さんぞうさんこれですか?」「それです。」と、言うことで左へ。
標識の字は 雨で消えたようです。




あらーーsutekiーー!!!

桶居山分岐を北へと進むと
「あらーっ---いい景色---
北方向は山だらけなのよー。

◎田さんも 思わずにっこり(へへ)
眺められてま--す。






赤い鉄塔下が 縦走路です。まだまだ距離があります。



尾根が 広いところで 昼食でした。

(12:21)昼食後 出発!

北に見える岩山


ちょうど12時になり、尾根の広いところで お昼休憩になりました。
めいめい座り、景色をおかずに お弁当をパクパクです。

風もなく 暖かく ほんとに山日和。のんびりと いただきました。(へ。へ)

先は長く 日没は早い 20分ほどの休憩で 出発。





西へと進みます。

谷間の高砂の町の景色が見えた。


左手 南側には 高砂の町、と海が見え、
  右手 北には 累々と連なる 岩山、その向こうの兵庫の山を眺めつつ
 アップダウンをこなし、尾根道を進みました。


「桶居山」は まだ遠いぞー



赤い鉄塔 だいぶ近くなった。



一ピーク、登り下ると、また登り!






尾根歩きは アップダウンを繰り返し うねうねと進みます。

 キタキター「桶居山が 近づいてキターーー!」
↓   ↓   ↓  ↓  



うわーーいい景色です。

黒く見えるのが「天狗岩」

いよいよ 「桶居山」に登るぞ!勇んで進みます。


さんぞうさん 作成の地図にある 天狗岩も 見えてきました。
いよいよ 山歩きも 後半に向かうようです。

「播磨灘」の向こうには 「家島」、そして 「徳島」の山が見えています。



手前の尾根に登りーーー、、。

くだると、、いよい「桶居山」だっ!!

いよー桶居山! かっこいい!!


「直下の 桶居山かっこいいです」 と、 さんぞうさんが 繰り返し話されたけど、、ほんとだーー


振り返って、

さんぞうさんも 下ってこられた。

桶居山、のぼってまーーーーす!!!



すごい 急角度です。
滑らない岩質だから 登れるけど、、
そうじゃなかったら 登れないなぁー。
ほとんど ヨツバイです。ふーふー
息が上がります。ふーふー。
岩かどをつかみ、体を持ち上げます。

登山者が下ってこられた!
ここ、下りたくないなー(汗)

「ここを掴んで」「そうそう!」
「ここ持ったらいいよ」と、
さんぞうさんが 初参加の◎田さんを
リードされてる。






もうちょっとだ、ガンバルゾー!!!

登れたーーーーーーっ

記念に一枚「カシャー」


絶景が待ってくれていましたyo。桶居山 山頂動画です



山頂の、、、、、、、、

風景でーーす。




さあ 下ろう。



振り返って 桶居山。



最後の登りかなぁ、、、。

展望地。

天狗岩分岐到着。


鉄塔を登り 過ぎると 展望地がありました。家々がだいぶ近くに見えます。
ぼちぼち 温泉 後 ビールの ことを 頭が、、、、考え始めましたよ。(笑)

しばらくして、「天狗岩分岐」に到着、ちょっと寄ってみます。◎田さんは お留守番。


嬉々と さんぞうさんが一番乗り!!

ニュータウンを眺めながら下りました。

Kさんが 写してくださる。




「何で天狗岩やねん?」「どこが天狗やねん」と ◎野さん(笑)
「さっきから 家の話ばっかりやなぁー」と 冷やかされておられる Kさん。
足が疲れ 頭が疲れられたのか、すぐそこに見える 豪邸の話をくりかえされる。(へへ)
家々を眺めながら 最後のくだりです。


下ったーーぁ! 登山口に下れました!!






ひとくだりで 深志野登山口でした。すぐ前に家があり びっくり!




ご機嫌で 駅へ向かう私目です。(笑)

御着駅

「斜めの道があるんやけどーーー」「そこ右!」と 駅までの道でも 気を使われる さんぞうリーダーさん でした。



姫路駅近くの銭湯です。
一駅で姫路。姫路は何年ぶりだろう、駅も綺麗になりました。
東へ10分ほどで 「森の湯」着。410円でした。
持参した シャンプーで 全身洗いました。(笑)
あとの 反省会にも参加させていただき、
先輩?たち(もしかしたら私よりお若いかも)
人生の達人さんのお話を伺う。
とても勉強になりました。

ほんとうに、ありがとうございました。
桶居山 ベリー グッドな 山でした。
メンバーのみなさまお世話になりました。
ありがとうございましたー♪
そして、山ーありがとうー♪



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録