ーーーー八ヶ岳「硫黄岳 東天狗岳(2646.3M)」ーーーー
2011/09/23-4



山行日 2011/09/23-24(金、土)
コース 9/23 JR茅野駅…宿の車…桜平P<10:55>…(30分)…夏沢鉱泉<11:30>…(50分)…<12:20>オーレン小屋<12:40>…(35分)…<13:17>夏沢峠 やまびこ荘<13:21>…(60分)…<14:22>硫黄岳… (45分)…<15:07>やまびこ荘泊
歩行時間=約4時間

9/24 やまびこ荘<6:50>…(40分)…<7:30>箕冠山…(5分)…<7:35>根石山荘分岐…(10分)…<7:45>根石岳…
(45分)…<8:30> 東天狗<8:35>…(68分)…<9:43>中山峠…(7分)…<9:50>黒百合フュッテ<10:22>…(60分)
<11:20>唐沢鉱泉分岐…(30分)…<11:50>奥蓼科分岐右へ<12:00>…(60分)…<13:00>渋温泉…バス<14:50>…(60分)…<15:50>JR茅野駅 歩行時間=約5時間

情報 おトイレは 桜平Pから3分ほど歩いたところ、各山小屋にあります。(有料)


あこがれの八ヶ岳、やっと、やっと、やっと 実現の運びになりました。
長かったなーーーー! ウレピー♪ 21日山小屋予約、「やまびこ荘」が空いていた。
22日 JRへチケットを買いに行き 用意万端整えた。
よーーし 5時8分に乗るので 4時起きだ!!


まだまだ暗い中 駅へと急ぎました。普通電車で新大阪へ。
新幹線ホームへ走ります。節約のため 自由席です。「のぞみ」 座れましたぁー!やったー♪
「 ワイドビューしなの」、、、 地元の方に負け、、、座れなかった。(><)2時間立ちました。
車内を見渡すと 大きなザックを持った方々多し= いやー登山列車の様相でした。
「塩尻」で降りて 普通電車に乗り換え 25分ほどで「茅野」到着でした。


9時38分茅野駅到着だー!


(10:55)着いたー!登山口「桜平」のゲート。


(10:58)橋を渡ったところに
「簡易トイレ」が、ありました。


「やまびこ荘さん」の車で 桜平まで 運んでくださる。ありがたいです。
タクシーだと7500円かかるそうです。待ち合わせ場所「市役所前」へ急ぐ。
ドアを開けたワゴン車が止まってて、、、ごあいさつをすると 「ピンポン」でした。
ほどなく、5人そろい10時過ぎに出発!! 東京の若いご夫妻と 楽しい山談。
八ヶ岳が 近づいてきましたが、山頂付近には 雲があります。こりゃガスってるなあー。
桜平へ10時50分ごろ到着。 いや、、、、、(汗)すごい林道でしたよ。(汗)


(11:02)きれいな小滝。

(11:16)標識。よーし!

きれいな森です。

桜平のパーキングは マイカーでごった返していました。
運転手さんから 「2時間ほどでしょう あそこにトイレ」と、説明を受け出発。
「夏沢鉱泉」までは 広い林道でした。沢にかかる 丸太橋を数度渡り 緩い登りを進んだ。
しかし 息が切れるんです。なにしろ、3年ぶりの2000Mです。私には調度良い登りだ。

木々の間から 垣間見る稜線は ガスガスでした。



こんな丸太を渡した橋が数度ありました。

きれいな沢です。水音がすがすがしい。

(11:30)そして夏沢鉱泉到着でした。

緩いのぼりで大助かり。35分近く かかったみたい。地図には30分とあった。
息が切れ 「超おそーー!」と思ったけど、まぁまぁかな。ゆっくりめのタイムラグらしい〜♪
今後の参考になります。




親子連れが多いです。うらやましー♪



夏沢鉱泉から オーレン小屋までは50分と 地図にありました。
親子連れは のんんびり歩いておられ 抜かせていただく。
緑の森林を とぼとぼ進むと、見えてきましたー「オーレン小屋」。時計を見ると12時20分。
「50分かかったか、、。」地図タイム通りで ちょっとうれしい〜♪じゃん。




何の実でしょう。赤くてかわいい。

(12:20)「オーレン小屋」着きましたー♪


目標が次々あり、時間がよく把握できて 歩きやすい道です。
地図では あと20分で お世話になる 「やまびこ荘」です。
「オーレン小屋」でコーヒー(@400)を頼み 持参のパンを食べることにしました。
食べ始めると 東京のご夫妻が追い付いてこられた。小屋の中でお食事らしいです。

ベンチは団体さんで満員。にぎやかな いい雰囲気の 小屋前です。

小屋前の石テラスに座り いただきました。
コーヒーおいしかった。
次いでオトイレもお借りした。ここから、赤石の頭、峰の松目への 分岐がありましたが、通行禁止の立札がありました。
(後で 宿泊した小屋で聞いたのですが 台風の影響で倒木で大変だったそうです。)



おお。実家は檜風呂〜♪(わかります?)

小屋前でコーヒーでした。



オーレン小屋で20分ほどお昼休憩。さあ出発。
やまびこ荘までは 岩がごろごろした 枯れ沢道になり 少し歩きにくいです。









「やまびこ荘」までは ちょっと歩きにくい、枯れ沢 岩ごろごろ道でした。
 


小屋の二階で休むようです。

この段差高かった。手前にケルン。

先行登山者さん。




(13:17)やまびこ荘が見えた。

北の箕冠山かな。


着いたぁ〜♪ 13時17分。う、、ん20分が40分近く 倍かかたらしい。あちゃー♪
さっそく チェックイン。 宿泊代金おはらいし、荷物をおあずけして、硫黄岳めざします。
しかし 頂はガスの中のよう。見えるかなぁ、、??


本沢温泉分岐です。

崩壊地。

九の字九の字で登ります。




おお 小屋が見えるよ。

岩岩してきました。

しかし、歩きやすいです。


硫黄岳へと進みます。樹林がすぐ終わり 見晴らしの良い 岩道になりました。
よく整備されていて 意外にあるきやすいが、急でっす。


おお あれは 明日歩く天狗岳かな。

登山者さんどんどん下ってこられる。。




登るほどにどんどん ガスが切れて 晴れてきた♪ これはラッキー★
下ってこられる登山者と「ガスが晴れてよかたねー」「いい景色ねぇー」と話しました。

















あこがれの爆裂火口。迫力あります。足元キレ落ちてる。







ところが、再びガスが出てきました。特に山頂付近は よく見えなくなりました。
これでは 赤岳はみえないなぁ、、ふと周りを見ると誰もいません。
戻ることにしました。(今は踏んでおけばよかったかなぁと、、後悔です。)

 






ガスが流れ、東天狗 西天狗が
くっきりと見える。
ホントに、美しい=♪
来れてよかったー♪
見ることが出きて よかったー♪




やまびこ荘に戻りました。

2Fです。

私の寝床。ちょっと休憩。

やまびこ荘にもどり、布団でちょっと休憩。今日は6人とか。静かです。

夕食は5時過ぎ開始。カレーライス サラダ お味噌汁などでした。
自家発電機が回り 食堂に電球が一つ。食堂 部屋の灯りはランプでした。
6時頃から 壁の穴をつたって「ヤマネさん」登場。ヒマワリの種を食べる音が「カリカリ」と聞こえます。
ご主人が懐中電灯で照らすと ちいさな、ちいさな「ヤマネ」の姿がありました。
大阪の若いカップル 群馬の男性 と 私で 「ヤマネさんを」眺めました。

ご主人は「いいちこ お湯割り」を振舞ってくださいました。
いっぱいしか飲めないのがうらめしいな。
19時 撃沈でした。こんなに よく眠れたのは 初めてでした。気が付くと5時でした。
さぁ、、ご来光だー♪





続きをみてください。  摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録