大峰「稲村登山口…山上辻 」往復
2011/06/02

山行時間=約7時間
情   報=おトイレは 洞川温泉に 山上辻 稲村小屋に ありました。

母公堂 稲村ヶ岳登山口(9:45)…法力峠(10:53)…山上辻(12:19-50)…レンゲ辻分岐(13:06)…白倉山尾根尻…シャクナゲ群生地…レンゲ辻分岐(14:38)…山上辻(15:02)…法力峠(16:06)… 五代松鍾乳洞分岐(16:45)…五代松鍾乳洞(16:54)…鍾乳洞ケーブル乗り場登山口(17:03)

(登り=2時間30分、 昼食=30分、 シャクナゲ見学=2時間12分、 下り=1時間42分。)

久しぶりに 山の会の山行に 参加できました。
コースは あこがれの大峰、稲村登山口…山上辻…白倉山…五代松鍾乳洞です。wakuwakuです。
降水確率70%で 中止ですが 前日(6・1) 午後5時現在では60%です。 決行です。
雨具に くつに、スパッツに 防水スプレーを掛けなおし、
外反小指 防止用の キネシオテープを サイズに切っておいたりと 準備を整えました。
2日早朝 PCで天気を調べなおすと、なんと降水確率が 奈良南部70%に上がっていてガックリ。

歩行地図


阪神尼崎で 近鉄奈良行きに乗り 大和西大寺で 橿原神宮前行きに乗り換えます。
うっかり 特急に乗ってしまった。(><) すかさず 車掌さんが500円徴収に来られました。(><)
近鉄の特急は 特急料金いるんだ! 「岳〜! 」ちがう 「ガクー(><)」でした。


@(7:13)電車の窓から。

A(7:58)橿原神宮前駅

B(8:57)黒滝道の駅。

C「こんにゃく」たいたん。
 車中はコックリコックリ 船を漕いでいました。@ふと窓の景色を見ると長閑な景色です。
「大和西大寺」で乗り換え。500円払ったお陰で A「橿原神宮前」へ早く着いた。
三ノ宮より 大きな駅でして 中央口がわからず 駅員さんに尋ねた。
 中央口を出ると 「山の会」のバスが 待ってくれていました。
会費をお払いし、バスに乗りました。 一人席に座りました。
お隣の助手席の男性は 気さくな方でよかった。和気あいあいとした雰囲気です。
 8時05分、そろい出発。途中B「黒滝道の駅」にて休憩。
みなさん「こんにゃく」にまっしぐらでした。(笑)もちろん私も Cコンニャクダッシュです。
おいしかったでーす。三年前にも戴いたことを思い出しました。




(どうも 近鉄は苦手で、 路線がよく分かっていません。
「駅探」で 検索すると
尼崎から 奈良行きにのり、大和西大寺で乗換えと 表示したので、
それを選択したのですが
同行者から 「大和八木で 乗り換える」と、聞きました。
今日 検索してみると 八木乗換えのほうが 早いみたい。料金は 同じでした。)



(9:40)登山口近くに着いた。雨具の用意。

(9:45)母公堂の向こうが登山口。

(10:02)蛇谷の沢に掛かる橋を渡る。

5時50分発の阪神にのり 登山口着が9:40分。約4時間です。やっぱり遠いな。雨具をつけて出発。
3年前 行者還トンネルを見に ドライブしました。洞川を見学し ゴロゴロ水を汲み 稲村登山口を眺めて帰りました。
それ以来の 母公堂です。懐かしい思いに浸る間もなく すぐ横の 登山口へと 吸い込まれます。
杉の植林地を分けた 登山道をしばらく直登。 沢に掛かるはしを渡ります。

シャッターを切る時も 止まらず歩きながらで ブレた写真が多いです。

橋は滑らないように 注意して渡ります。



(10:53)法力峠 観音峰から下ってきます。

南への直登はすぐに終わり、ゆるい登りで 観音峰の山すそを東へ東へ しばらくトラバースです。
南に変わると 法力峠でした。両側は谷になった ほそい峠道に 観音峰から下って来た道が合流している。
以外に狭い峠でした。狭い登山道にメンバーがゾクゾクと到着され、法力峠の標識が写せないや。
 

(11:07)法力峠で立ち休憩。

(11:11)「あれ、建物が!」 朽ちたトイレでした。

歩きにくい個所では行列が出来ます。

法力峠からは谷道かと、思いましたが、観音峰の山陰は遠く 深い谷が広がっていました。
弱雨は木立に 阻まれ、あまり濡れずに すみます。カッパの帽子を脱いだり 被ったりしながら 歩きました。






(11:13)「ヤマツツジ」、でした。

杉林から自然林となり うつくしい 風情をかもし出していました。


(11:27)

(11:35)狭い登山道 足下の谷は深いです。

(11:39)

登山道に掛かる橋を数えていましたが もう分からなくなりました。10はあったと思います。
登山道がけずれ落ち、 谷と化した個所に かかっているようです。
一箇所 橋が 谷へ落ちていました。橋の横桟のすき間から 深い谷が垣間見えます。
見ないように、見ないようにと歩きました。
雨の多い 厳しい大峰の自然を感じました。


シャクナゲが出てきました。



岩場の向こうにかかる橋。

左手に 白倉山(ドアミ)の 尾根が現れ始めると そこかしこ山肌にシャクナゲが見える。
霧の中に 薄ピンクのシャクナゲは とてもキレイでした。なかなか写せず 一箇所だけ「カシャー」


桟橋は 足元見ても 谷見るな!
てな 感じです。
それでも 目の端に谷が写りました。

ちらりと 木立の間から 山が覗きましたが、
団体では 後続に迷惑が、、、かかるので、
ちらり見るだけで シャッターは無理でした。
気ままにに、なれてる私は、、窮屈、、。



(12:12)左は白倉山 山すそ。。



(12:19)

 うつくしい シャクナゲ 自然林を満喫したころ 道が穏やかになった もうすぐ 山上辻かな。




(12:19)着きました!! 



9時45分出発、12時19分到着と 約2時間30分の往路でした。
山と高原地図では 法力峠まで1:20 山上辻まで1:10と 2:30分の行程となっていました。
雨の中 「さすがは ベテランぞろいの面々だ! 」と、感じました。
小雨の中 昼食です。出発は 12時50分と 30分しかありません。





スミレが咲いてました♪

標識。

稲村小屋。

稲村ヶ岳、所要時間の標識。

お食事中の面々。



標識のアップ!

オオヤマレンゲです。


稲村ヶ岳への登山道です。大日…稲村…山上辻で 2時間とあります。




レンゲ辻への道を進む。

欄干の無い橋。

(13:10)登山道から 尾根に乗り換える。

12時50分 切り上げ 「クモクビ塚」めざし 出発です。
「レンゲ辻」の方向へ進みます。「シャクナゲ」の群生地があるそうで愉しみです。

出発後20分で 左手「クモクビ塚」への尾根に 乗りやすい合流点に到着したらしい。
テープも標識も何も無く ただ 尾根が合流してるのは分かる。

 (13:10)リーダーさんが登山道を離れ尾根へと 進まれました。ついて行きます。

藪を歩く。

ピークが「クモクビ塚」らしい。

皆さん到着。

リーダーさんを追いかけます。踏みあとまったく無し。われわれの足跡が 雨で緩んだ尾根に 踏みあととなりました。


(13:21)ここが クモクビ塚 1642Mです。

素敵な尾根を下り再び 登ります。

(13:33)群生地に着いたようです。

クモクビ塚で 全員そろうのを待ち シャクナゲ群生地をめざし 北西へと進みました。








すばらしい 群生地です。が、シャクナゲの低木が茂り ホント歩きにくい。

枝の間に体をすべりこませ、枝をはらいながら進みます。
ぬかるみの斜面で すべる 転びそうになる、かろうじてセーフ。
転んだ方は 雨具どろどろです。
枝がはねもどるので 少し間隔を開けて進みます。








シャクナゲを堪能したところで レンゲ辻分岐へと戻りました。










(14:38)レンゲ辻分岐へ戻った。






(15:02)山上辻へ戻った。

稲村小屋

雨が上がったのか 稲村小屋がさきほどより よく見えました。
休憩後 五代松鍾乳洞へとくだります。




(16:06)法力峠。



帰路 枝を踏んだのか 「ズリーーーッ!!」 岩の段差が 思いのほか高く 岩に膝を軽くぶつけた。
休憩時 雨具、ズボンをめくり、スパッツの上からエアーサロンパス噴霧した。
足がつった方もおられた。「つむら芍薬甘草湯68」を飲まれ 水分補給 エアーサロンパスで 手当てされてた。
小雨で 筋肉が冷えられたのでしょう。
鍾乳洞を過ぎた 水平動で 前を歩く方が 枝をひっかけ、転ばれた。怪我無くよかった。






母公堂と五代松鍾乳洞の分岐点。

お若い方が 滑岩ですべられると 「ああ あの方でもすべるか、」と 妙に安心したり(笑)。


(16:54)「五代松鍾乳洞」



(17:03)鍾乳洞入り口へ下りました。


ちなみに、五代松鍾乳洞トロッコ。

ちなみに 赤井五代松さんが 発見されたそうです。
モノレールで鍾乳洞入り口へ行きますが、
遊歩道が整備されたため、徒歩で入るのが楽になったそうです。
モノレールが無料サービスでしたが、徒歩とのお客さんとの不公平感をなくすため、平成23年4月1日より400円と有料になったそうです。
4人乗りと 見学に制限があったのが、緩和されたそうです。
そっか 私たちが歩いたのは整備された 鍾乳洞への道を下ったのですね。
受付は お向えのゴロゴロ水 「ゴロゴロ茶屋」にて。
http://www.vill.tenkawa.nara.jp/topics/item/494/catid/6



バスが来ました。

ゴロゴロ水 北側の 山が見えた!

主人と登りたかった 大峰ですが、
ついに一人で来てしまいました。
大峰、大台 台高と歩きたかった。
武奈も案内したかったのですが、
まだ 無理なようです。
トロッコ?で五代松鍾乳洞でも
案内し ゴロゴロ水コーヒーでも
また いただこうかな
いつか 2人で歩ける日が来ればいいな
大峰 今度はいつ来れるか、、、、なぁ、。
また よろしくです。


ゴロゴロ水の 北側 大天井の前衛峰「岩屋峰1334M」の山陰でしょうか。
雨がやみ 少し展望が出てきたようでした。
緊張から開放のためか、帰りの車中はにぎやかでした。あっという間に 橿原神宮でした。
また 大峰いけるといいな。お世話になりました。おかげさまで シャクナゲ群生地を歩けました。
ありがとうございました。(o^^o)

摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録