京都 北山 「しゃくなげ尾根」
2011/05/07(土曜日)


小出石バス停(9:55)…林道を百井方面へ進む…ナッチョ登山口(10:13)…天ヶ岳登山口(10:18)…急登…しゃくなげ尾根
…P409…伐採地(11:54)…天ヶ岳登山口分岐(12:32)…翠薫山分岐(13:13)…大原(13:58)…休憩…大原バス停(14:46)

山行時間=約五時間(休憩30分を含む)
情   報=おトイレは 国際会議場駅に、大原バス停にありました。
アクセス=阪急「烏丸駅」で地下鉄「四条駅」に乗り換え。「国際会議場駅」下車。京都バス「小出石(こでいし)」行きに乗る。「小出石」下車。



ヨネちゃん かおりさんが 歩かれた 北山 「しゃくなげ尾根」を、歩いてみる事にしました。
前日、ネット検索すると レポがたくさんあり、参考にさせていただく。 京都北山地図を眺めました。
国際会議場駅から 小出石行きのばすがあるそうで、京都バスを検索。会議場9時20分発があった。

阪急「烏丸」で 地下鉄 「四条」に乗り換え。両駅は地下でつながっていました。
家から 約二時間 国際会議場駅についた。バス停へ進むと 沢山の登山者がおられました。
4列前におられた、団体さんのリーダーさんかな、バス会社に電話を要れ 臨時便増発を 依頼しておられた。
功を奏したのか、臨時便でました!! 座れなく、、30分 
久しぶりの大原方面でして 車窓をながめつつ あっという間に小出石でした。
バスをおり あたりを眺めると 右手に鯖街道が見えた。坊村へ向かう道ですね。




小出石バス停前にあった標識。

百井のほうへ進む登山者。

ナッチョ登山口 やりすごします。

国道477号線を 百井の ほうへ進む。10分ほどで 道路の対面に ナッチョ登山口があった。
いきっこさんが 歩いておられる「ナッチョ」だな、、 
沢山の登山者がおられ 初めての山で少し安心ですが 自分で分岐を確認しないと。地図確認。
高谷川に架かる橋をわたり、 5分ほどさきに 小さな 手製の標識に 「天ヶ岳」とあった。

しゃくなげ尾根から、分岐して「天ヶ岳」へ登れるのです。進んでいきました。


(10:12)高谷川に架かる橋を渡ります。

(10:18)天ヶ岳登山口到着。

小さな標識のみ。

登山口には小さな標識のみでした。林道から別れ 山道へと吸い込まれていきます。


先行団体さんが体操されています。

登山口の標柱がありました。

きつい登りです。!

先行団体さんは 柔軟体操中。そのすきに「お先へ」 と 急ぎました。
案内本に 急登りとありましたが、そのとおりでした


しゃくなげ尾根(1)の標識。

おだやかになりつつ、、あります。

アラ、、キレイ!!

小出石バス停で、標高280Mあるようです。登山口で300M 急登りは 標高100Mほどのよう。
案外早くに 斜面がおだやかになったころ、現れました。ピンク色の「しゃくなげ」 美しいです。


ふかふかと 歩きやすい道です。


そこかしこに 咲いていてくれて、、
ウレピでございます。












もう、、出るのはため息ですね。「あら あそこに、」「ここにも、」と 登山者の 明るい声が飛んでいます。








少し薄いピンク 濃いピンク 白 と どのこも美しいです。




(10:52)P490





小さなアップダウンが多く 結構疲れました。













垣間見える山は?

西に天ヶ岳 北にナッチョ(天ヶ森)そのむこうには 最高峰皆子山 南に金比羅山 などが見えるのでしょうか。


焼杉山?












 斜面の下のほうにも しゃくなげが咲いています。「誰にみられるでもないのに、何できれいに咲いているの?」
と 女性リーダーさんらしき方がつぶやかれた。本当にそうお思います。お花はエライ!!


対面の山としゃくなげ。

ここで大きく下った。

狭い尾根道で迷うことなしです。









見上げる大木が数本かたまり しゃくなげが見事な個所あり、
また 谷の下にもピンク色に染める木あり、低い低木あり!!
カメラ カシャカシャ なかなか進めません。(o^-^o)






もう 終わったの? と、思うと またまた 咲いていてくれてるのでした。名のとおりの しゃくなげ尾根です。


あっ 展望があるよう。

記念に一枚お願いしました。

ネットで見た展望のある、広い伐採地に到着しました。
先着登山者さんお3人が お食事中。
自動で 自分撮りをしていると、
写してくださいました。「ありがとうございまーす。」
色々話しかけてくださいました。
美人に撮れてる ありがとうー♪



ちらりと、先着登山者さんが写ってました。



はぁ、、どれがどれやら 三座同定不可です、、、(汗)
展望があまり無かったので すがすがしいです。


伐採地で 昼食。おにぎり、カップうどんです。
20人ぐらいの団体さんが 通り過ぎていかれました。

アセビも負けずに咲いています。



まだ 咲いてるよん。
いよいよ 尾根とさようならのよう。ああ 楽しかった。しゃくなげ尾根ありがとう〜♪


天ヶ岳分岐です。

大先輩、

鹿よけネット。
登山口から 抜きつ抜かれつ 道を譲ってくださるも、私が写真を写していると おいついてこられた先輩登山者さん。
下山時 途中から 御一緒 しました。なんでも調子が悪く これが最後の山歩きと考えこられたとか。
「しゃくなげは 厳しい気候の後 沢山咲くので 来ました。咲いていました。よく咲くのは 5年に一度ですよ。」
と 色々と教えてくださる。山歩きの達人さんのよう。北山も 比良もおくわしい〜♪
「琵琶湖バレーから 縦走路で 金糞峠 ここのシロヤシオこれからかなぁ、、いいですよん」
そうですか! 烏谷山とか 南比良峠とかですか、、? それは行かなくちゃ!
楽しい山談義をしながらの 下山道で 時間がはやく感じられました。

ウオーキングは大丈夫だそうで 奈良から 福井まで歩くツアーに参加されるそうです。
楽しそうですね。また 山歩きできるといいですね。


京都市中が垣間見えました。

翠薫山の先に金比羅山があります。

椿が美しい。
なかりんさんが あるかれた 金比羅山が 翠薫山の先にあるようです。先輩はすでにあるかれたよう。
持っておられる山と高原地図北山に 歩いた道は 色鉛筆で色つけされていました。


左が 寂光院道 登山口付近。

右は焼杉山登山口のよう。


寂光院の敷地の横を 下っていくようでした。おトイレがあり、先輩登山者さんとお別れしました。
笑顔の素敵な方でした。お元気で 山歩きが続けられますように。


金比羅山への登山口でした。

コーヒーブレイク

長閑な大原の景色。
お土産やさんが 並ぶ一角に 足湯喫茶なんてあります。コーヒー700円。
お食事つき温泉が楽しめる 温泉宿もありました。看板見ましたが 温泉の値段が書いてないので、、失礼。
喉が渇き 喫茶店にはいり アイスコーヒーいただきました。
mamaさんと 楽しい昔話をしました。mamaさんが19ぐらいまで 山へ燃料の小枝を拾いに 出かけたそうです。
19才の時に プロパンが入ってきたそうです。ほんの少し前の暮らしはそうだったのですね。
今は 電機浸け。節電にはげまないとと、いいながらのネット生活、、、(汗)


大原バス停 14:50分発に乗った。

国際会議場バス停。15:21分着


大原の町にも中国語が飛び交っていました。
観光客が復活したのでしょうか。
バス停につきチケットを買い 2番バス停で 待ちました。
バスで30分ほどゆられ、国際会議場へ到着。地下鉄駅で おみやげにパンを買い帰神しました。
いや、、、楽しかったです。大原へ主人を連れて行き 温泉で御飯もいいな。
ヨネちゃん かおりさん 情報をありがとうございました。北山 「しゃくなげ尾根歩」けました!!!

さて、、、、つぎは、、、どこへ、、、行こうかと、、、(笑) こりません。
摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録