「雪の摩耶山」
2011/01/29


山行時間=山歩き…約3時間 
情  報=おトイレは 摩耶ビューライン各駅にあります。(掬星台のトイレは冬季は閉鎖されます。)

摩耶ビューライン(10:40)…上野道登山口(10:41)…A展望台(10:53)…B展望台(10:58)…13丁石(11:06)…ロープウエー駅(11:36)…青谷道分岐(11:49)…山門(11:52)…階段…旧天上寺史跡公園(12:01)…掬星台(12:19-40)…ロープウエー乗車…徒歩で下る(13:40)



昨夕より積雪注意報が出ています。朝、窓をあけると小雨でした。
ところが雪になり どんどん街が白くなる
「よっし 摩耶山へ行こう」と 準備をして出ました。



(10:40)ごらんのとおり
桜のトンネルも白いです。」


公園の梅に雪です。絵になります。


お庭のみかんにも冠雪 絵になりますです。


途中「カップうどん」を、買いました。お湯は水筒に用意しました。
桜のトンネルもきれいに雪化粧。梅もみかんも なんだか美しいです。



きれいに雪化粧です。

A展望台。展望はいまいち。

橋も雪が積もるときれいです。


街中の道路はすっかり解けています。登山口では 木々に雪がつもり 白い景色が展開されました。
A展望台もすっかり白いです。雪はまだ降っています。


ホントに何年ぶりの 上野道雪景色でしょう。

B展望台です。

すっかり白いでしょう。

上野道雪景色を楽しみながら ゆっくり上ります。
○二クロ ヒートテック下着をきましたが、汗がでるとやたら 暖かくなり、なんだかびちゃびちゃです。
しまった 必ず一つ忘れますが、、今日はタオルでっす。(><)


登るほど、、

雪景色が、、

素敵 ステキになります。(へ。へ)





鉄塔が見える展望箇所









虹の駅です。




おじぞうさま。



青谷道分岐。



山門

階段。

旧天上寺史跡公園

山門はフエンスで囲まれ 横側には入れません。
別山の天上寺さんには 山門が新調されたし、古いほうはいずれ 撤去なんでしょうか?
慣れ親しんだ山門なので そうならさみしいです。

>

自動で自分撮りですが 間に合わず(汗)

もうすぐ山頂道路に出ます。



山頂道路に出ました。天狗さんのほうからにぎやかに山ガール4人組がシリセードしていました。(へ。へ)








掬星台は さすがに 踏み跡だらけでした。(笑)積雪10センチでしょうか。
まぁその〜、足跡がないところに 私の足跡つけときました。
ほとんど 幼稚園生の心境ですね。(笑)
展望はダメ、さっぱり見えずです。


東屋で「ドンベイ」です。
お箸忘れ 桜の枝です。


ロープウエー中からの東谷


分岐を西尾根道へ進んだ。


掬星台東屋で 昼食です。今日はドンベイに おにぎりです。
おにぎりは 新聞で包んで ハンカチでつつみました。するとまだ温かくてうれしいことでした。
お箸を忘れていて、忘れ物二個。ちょっとへこみます。一個は許せるのですが、、(汗)
枝をひろって いただきまーーーーす。ツルツル〜♪
先ほどの山ガール四人組 そこへ高校生3人組 と私の8人でしたね。そこへ男性二人組で10人になりました。

摩耶東谷をみようと ロープウエー駅へ。駅で知り合いにあってしまいました。(へ。へ)
12時40分発に乗った。東谷はまずまずでした。虹の駅から 登山口まで再び歩きました。
西尾根道分岐で 男性が佇んでる 「??」と、思うと すんごいカメラ持参でした。
そっか なにかしらシャッターチャンスを待っておられたのね。
そして、、なんとなく 分岐を右へ C展望台へと 道をとったのでした。










六甲方面がすーーこしみえた。

 


C展望台到着。登り方向の足跡ひとつ。







どんぐりに雪です


C展望台にしてよかった。道々、六甲方面の展望や 振り返ると掬星台が枝越しに見えます。
掬星台には 雪雲か まだ雲の中でした。




「C展望台」動画

上野道B展望台へと下りました。

梅の雪も溶けた。

くだりでは雪がどんどん解けてきた。気温が上がったようです。
ぽたぽた サワサワを 木々の枝や葉から 雪が解け落ちてきて 登山道がにぎやかです。


桜のトンネルもいつもに戻った。

ご近所の「マンサク」。

交通費ゼロ円の 裏山歩きでした。
午後になり気温が上がると、
どんどん解けてきました。
傘をたたんでしまったので
首筋に溶けた 雪やしずくが飛び込み冷たい!
雪解音が にぎやかです。(へ・へ)
歩けてよかったぁ=♪
雪の上野道は何年ぶりでしょう。
あーぁ楽しかった。
次は梅たよりですねぇ






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録