「氷結 有馬の滝」
2011/01/29


山行時間=山歩き…約6時間  街歩き…約2時間 
情  報=おトイレは 六甲ケーブル各駅に、ガーデンパレスに 有馬炭酸公園にありました。

自宅(8:45)…徒歩にて…六甲ケーブル駅(9:50)…油こぶし登山口(10:00)…芝生広場(10:45)…岩展望(10:55)…山頂道路(11:28)…六甲ケーブル(11:30)…バスにて…ガーデンテラス(12:05)…極楽茶屋(12:35)… 紅葉谷(13:05)…百闡齦ェ岐(13:38)…百闡黶@似位滝(13:50-…14:05)…七曲り滝(14:43)…紅葉谷登山口(15:30)…有馬ロープウエー駅…かんぽの湯(16:00)



ぼちぼち歩きたい 気持ちが ムクムク。もう抑えられないよう、、、(><)
どこにしようかと KENさんがあるかれた、三峰山 
しーちゃんがあるかれた 金剛山と 机上登山した。
が、気になることもあり、、近場に決定。 さいとうさん、としさん、のぶさんに 刺激をいただき、有馬の滝めぐりに出かけることにしました。
どう、、はいろうか、、迷ったのですが、依然教えていただいた 油こぶしの岩展望を今一度確認することにしました。
交通費節約で 自宅からあるいて、油こぶし登山口へ向かいました。



あらー!マンションの名前が「鉢伏!」

松陰女子大学

昭生病院へ来た。

8時45分 家を出ました。外に出ると意外に暖かい。これは、滝はどうかな、と ちと心配になりました。
午後雨かも、、ということで雨具傘も入れると運動靴が入らない。
街歩きに運動靴をためしてみたいが、いつも、いれられないのです、、。


ケーブル駅もにぎわっていました。

東横の道路へと進みます。

老人ホームを過ぎ突き当りが登山口。

ケーブル駅で おトイレをお借りして 東横の道路へと進みます。
老人ホーム過ぎ 突き当り 標柱のあるところが油こぶし登山口です。


さあ 登るぞ!





いきなりの丸太階段を 軽くこなし(ウソウソ)小広いところを 巻き進みますと 
いよいよ 山道らしくなってくる。ここで ご老人にであいました。枝を杖とされ下っておられますが、
みていてとてもあぶなかしい、ご本人は立派に歩いてるおつもりでしょうね。

渦が森からの道が合流。







坊主山が見えます。



芝生広場手前の 厳しい階段。





よれよれと登ってます

着いた! 芝生広場!ちと休憩。

東屋の先に 岩展望への脇道があります。




広場の東屋の先に 岩展望への脇道があります。<>br 岩に乗っかると、長峰がみえ、灘の町が広がる素晴らしい展望です。










ほらね、すてきでしょう〜♪

30日さいとうさんを訪問しますと 先日の有馬の滝めぐりで なんと 展望岩に寄っておられた。
>



楽しそうな親子ずれです〜♪

直下の階段が凍結です。

直下の階段の雪が 凍結していました。アイゼンをつけて登りました。


道路からの展望。ちょっとガスってるかな。

ケーブル山頂駅へ。

バスでガーデンテラスへ。

自宅から歩くと 山頂道路まで遠かった(汗)ケーブル駅で一休み。売店でパンを買いたかったがありませんでした。
少し待つとバスが出るので 乗りました。ケーブル駅〜ガーデンテラス間は250円でした。

ところで 凌雲台もガーデンテラスと 呼ぶのですね。

先行登山者さんです。

極楽茶屋前で お昼です。

ショウガ、キムチ入りおうどんでーす。

ガーデンテラスでお昼と、考えましたが 寒かったの 極楽茶屋にしようと、出発。
極楽茶屋への道は この時期、毎年凍結しています。また アイゼンをつけました。

極楽茶屋前は 昼食中の登山者がいっぱいおられました。濡れていないところを探して さっそく「おうどん」です。
しーちゃんをまねて ショウガにキムチ入りにしましたら 温まって美味しい〜〜★ 


紅葉谷入口も 登山者がいっぱい!

先行登山者さんに続き 下ります。

今日はモデルさんに事欠きませんよ。


30分後 「しゅっぱーつ」。紅葉谷側にも 大勢の登山者がおられ びっくり。
さすがに 氷結有馬の滝は 人気がありますです。
一下りで 百闡齦ェ岐に到着。標識前では 終わった方これからの方と 活気があります。






百闡齦ェ岐。

滝へのアプローチを 5分ほど下ります。

来て よかった。来れてよかったぁーー★

して、、似位滝は?? と 行ってみると!




男性が下ってこられた。この奥が似位滝です。



似位滝も よかったぁー! 






かたつむり?





似位滝では 男性やご夫妻と、「今年はいいねぇ」「ほんとに」「きれいですね」と 滝談義♪


次は七曲りです。



こちらもよかった。









芸術作品ですね。 自然は偉大だ!!
クリックしてください






男性がおられるところが七曲りへの谷。
山ガール山ボーイが滝を見ながら 鍋されてました。

名残惜しいけど 帰りますね。また 来年これますように、、。


振り返って七曲りへの分岐。

白石谷分岐点です。

紅葉谷終点です。



紅葉谷登山口を 振り返って。

炭屋道

かんぽの湯@700

有馬ロープウエー駅で休憩。缶コーヒーをいただきました。

ついついかんぽの湯へ。お風呂に 滑り止めに畳をひいたと HPにありました。
確かにひいてあり すべらなくて いい感じになっていました。
父との最後の旅行が有馬 かんぽの湯でした。来月は命日 なんだか、懐かしく涙が出ました。

いいお湯でした。ぶらぶらと神鉄有馬温泉駅へ。炭酸せんべいをお土産に買いました。
新神戸から 自宅まで ぶらぶらあるいて 山歩きは終わりました。また 来年行けますように〜♪


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2011年山行記録