山行時間=山歩き 約3時間30分 街歩き 約1時間
情   報=おトイレは ケーブル下駅 上駅 有馬ロープウエー駅にあります。
アクセス =「六甲ケーブル下駅」には市バス16系統で 阪神御影駅 JR六甲道 阪急六甲から出ています。

自宅…タクシーで六甲ケーブル駅(11:09)…油こぶし…ケーブル上駅(12:31)…12時35分発山上バスにてガーデンテラスへ(12:50-13:10)…紅葉谷出会い(13:23)… 七曲滝(14:17)…金の湯(15:30-16:00)…神鉄有馬駅(16:09)…新神戸…徒歩…自宅



ぼちぼち歩きたいな、、、、(o^-^o)  う、、、ん しばらく有馬へ下ってないので
油こぶし〜紅葉谷〜有馬 に 決めた。(o^-^o)
雨は? 少し降っていたので ザックに雨カバーをつけ 傘をさして歩きました。
遅くなってしまったので 護国神社付近から タクシーのお世話になり 900円でした。
「六甲ケーブル下駅」についたのが、11時09分でした。

徒歩の場合 阪急六甲駅東側の道を 北上します。山麓線 六甲登山口交差点をさらに北上。
松蔭女子大学を 神戸大学分岐 昭生病院をやりすごすと 六甲ケーブル駅に着きます。




(11:09)運転手さんにお礼を言って 降りた。
ケーブル駅で おトイレを拝借し、駅前すぐの道を、北東へと登って行く。






この看板があります。

(11:11)老人ホーム前へと、登ります。





(11:20)
しばらく登ると 「老人ホーム」は終わる。







丸太階段をのぼると 
やっと山道らしくなった。






「コバノガマズミ」の赤い実!









「イヌタデ」





「ヤクシソウ」

ホッとする 道で〜す。


登山道 周りは 秋で〜す。小さい秋を あちらこちらに、見つけられます。
雨はたいしたことなく 折りたたみ傘をザックに直しました。
大自然いっぱいの山々に比べると 人の手が入りすぎた 道ですが それでも 風が 空気が街とは違います。


おおきな「柿の木」でした。





実がいっぱい!★!★おいしそう。渋かな??





「渦が森」からの道が合流してくる。

おおきな柿の木が 登山道横に立っていました。
ことしは 暑くて大変だったのに 沢山の実をつけている 強い柿の木です。(o^-^o)
山歩きをしていて、こんな出会いが あると うれしいです。




ここから、

展望があった。




(11:42)

鉄塔からも、展望がありました。
東には「坊主山」かな、
ちらっと「打越山」からのひだが見える。



「坊主山」が見える。

坊主山が見える頃には 登山者がまったく おられないのが 幸いか 山ふところに 休んでいる気持ちでした。






(11:44)以前 歩いた 寒天山からの道が合流してきた。






森林管理道
一度歩いた気がするけど、忘れちゃった。、













(11:56)以前は 丸太階段が
なかった気がします。






(12:02)「ヒーヒー」登り終えると、展望広場です。


ベンチ前の 草木が茂って 展望はあまり見えませんでした。




足元に「ツリガネニンジン」。可憐です。

屋根のある東屋があった。 雨宿りに いいな。








(12:07)油こぶしの 三角点。661m








最後のか!い!だ!ん! ('ω'*)

少し下のお家も廃屋のようでした、、。

着いたぁ〜!


(12:30)とりあえず、ケーブル駅へ 行きまーす。

ケーブル駅で トイレ休憩。さらにラーメンを頂こうと思っていましたが、
山上巡回バスが留まっていて 時刻表を見ると5分後に発車のよう。あわてて飛び乗りました。乗客は私だけでした。
六甲ケーブルー六甲山ホテルー記念碑台ーオルゴール館ー高山植物園ーカンツリーハウスーガーデンテラスでした。


(12:50)「ガーデン テラス」で下車。




前は稜雲台でしたが、今は「ガーデンテラス」
テラスには 登山者が お一人のみ。



雨に降られると思い 水筒のお湯で、
カップラーメン おにぎりでお昼です。
でも ここでなら雨でもOKだった。



(13:00)展望は、、、雨模様なので、ここでも 墨絵のよう。食堂では ヤングが 数名 昼食中のようでした。

昼食後、紅葉谷入口 極楽茶屋跡へと向かう。10分ほどのはず。続く(2)へ ←クリックしてくださいね。


続く(2)へ 摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2010年山行記録