摩耶山 「行者尾根〜上野道」 2010/07/10





山行時間=山歩き 4時間 、街歩き1時間 (休憩を含む)
情   報=おトイレは 掬星台に、虹の駅 星の駅 ケーブル下駅にあります。

自宅…青谷バス停(9:00) 北上…妙光院(9:04)…青谷道登山口(9:05)…行者堂(9:41)…行者尾根取り付き(9:48)…天狗道(10:30)…岩展望台(10:36)…掬星台(11:00-11:33)…上野道下山…ケーブル駅(13:00)…自宅

行者尾根は 登りに 利用されるのがいいと思います。
行者堂裏に回り、進むと 鉄の橋があります。渡り進むと 右手に 基点があり、
岩に 「天狗道→」の表示があります。斜面を進んでいくと 谷道老婆谷
尾根道 行者尾根の分岐点につきます。
あたりの テープや 表記で気がつくと思いますが 気をつけてください。
老婆谷は アドベンチャーコース 分岐点にたどり付きます。


雨後の 「豪華布引の滝見学」 以来の 山歩きとなりました。夜 嬉しい甲子園なので 
早めに帰宅できるコースという事で ルーンさんが春にあるかれた、「行者尾根」を 
3年ぶりかな、、歩いてみることにしました。






青谷バス停横を北上。





軽快に進まれる先輩。

妙光院 境内

「青谷」バス停 少し西の信号のある交差点に 「日本一 馬頭観音霊場是 より一丁上」の
石標柱があります。ここを北上しますと5分で 青谷道登山口です。
ちなみに 一本西側の通りにある お豆腐屋さんのお豆腐がおいしいです。


橋を渡ると 青谷道登山口。

「ねむの木」の花が満開!!

堰堤に咲くアジサイ!

毎日登山会の方々か、行者堂の信者さんか 登山者が今日は多い。
大勢の方がくだってこられ、「おはようございます」と、挨拶が飛び交います。


あけぼの茶屋。



あたらしい水場が出来ていました。

あけぼの茶屋にも お客様がいっぱいでした。 朝は賑やかなんだ。


大龍寺の、のぼり。

水場

行者堂横に咲く「ネジバナ」

行者堂横で 一休み、お茶を戴く。ご婦人が「上までですね、水分二本持ってはるー。」
「はい。 上まで行って参ります。」「私は今日はここまでよ、先週 水、木と 主人と上まで行ってきたの。」
と、話してくださった。今日は、御主人は おられないからここまでかな、、?
週に3回も青谷道とは うらやましい。あやかりたい。「では 行って参ります。」「お気をつけて」と、お別れしました。


行者堂の裏側です。


鉄橋を渡って すすむ。


岩に赤ペンキの表示。
登っていくと、1分で尾根、谷の分岐点



尾根の分岐点にある赤ペンキの表示。





行者尾根へと登っていきます。







以前は ふみ跡薄い 行者尾根分岐点でしたが、今は取り付きの、
足元の岩に、「天狗道→」の 谷の分岐点には 木に赤ペンキで「尾根→」の表示と いたれりつくせりです。




すぐに岩っぽくなります。
ゼーゼーと登ると展望があります。
こちらは 学校林道の尾根ですね。







尾根にも 赤ペンキがあり 狭い尾根道なので 迷うことはありません。




「青谷道東尾根」と「学校林道の尾根」の間に 中央区がちょこっと 見える

滑らないように!


ここ 高度感ありますよ。

歩いてきた尾根が見えまーす。



以前はしっかりとしていた 松の木が 倒れていました。
登山者に頼りにされ、 ついに 根が緩んだのかしら?
倒れた松の根っこを踏んで 進みます。
岩をつかみ 体を持ち上げます。後ろは行者尾根の東側の「老婆谷」、高度感があります。






ハイキングを始めた頃、先輩に教えていただき、探りに来ましたが、わからず、
行者堂のお守りの方に お尋ねすると、尾根と 谷の分岐点まで案内してくださり、
次の休みに歩けた なつかしい 道です。
尾根を歩いていると 男性二人の先輩がおられ「ようこそ」と 挨拶を いただきましたっけ。

あの時の ワクワク ドキドキは、もうありません。
ここの岩場が すご〜〜い岩場に思えたものでした。




南側の 展望がドンドン開けるのが この尾根の魅力です。
いいなぁ〜〜! ひさしぶり〜〜! 来たよう〜〜!



北側は これから歩く 尾根がくっきり よく見える。
後で寄る、天狗道にある岩展望台はここからは 分からないね。







ちょっと自動シャッターで!
失敗して撮りなおしました。(><)







南の展望を眺めています。

ほそーい 岩尾根が続きます。









菊水山が見えるポイントがあった。

これは ハット神戸。


中突堤が見える。

「アクシバ」

天狗道に着いた。

天狗道に着いた。登山者に遭遇。たずねらるかなぁ、、、「そこに登れる道があるのですか?」と、 訪ねられた。
「はい 青谷道 行者堂裏から岩尾根があります。」と お答えした。
ネットに ご縁なく まだまだ知らない方もあるんですね。次に 歩かれるといいなぁ、、。

天狗道 岩展望台からの展望



天狗道を掬星台へと 進むと 小広く砂っぽいところの 海側に 岩展望台があります。
先客がおられたので 写真だけと言って見た。
先客の男性は 写真がご趣味で 写真展を開催中とか。
写真展案内の ラミネートした写真をくださいました。いろんな楽しみ方がありますね。

行者尾根を指差され「あの尾根いいですよ」と にこやかに話してくださった。
「はい 今登ってきました。」と お答えすると「そりゃーよかった」と、言って下さった。(o^-^o)


行者尾根を歩く登山者が見え「ズーム」で!

アドベンチャールート 分岐。

もうすぐ掬星台。


ついたー!

よかった あじさい 間に合った。

「オカトラノオ」









アジサイ キレイですね。



掬星台 今日は賑やかですよ。


展望はガスで ちょっと イマイチ。



掬星台でおにぎりタイム。
沢山の登山者が楽しんでおられました。




長峰山 打越山がみえてる。
MTBの方がお2人 走ってるかたが、お2人 観光客風の方も 6,7人
登山者 家族連れと 今日はさまざまな楽しみ方の方々がおられました。
梅雨の晴れまで 集中してるのでしょうね。墨絵っぽくて いい感じ これもまた「よし」です。







こちらはピンク。

曇り空で 日差しが柔らかいので、ウッドデッキで シートをひいて おにぎりタイムでした。






上野道基点。

下ろうと 掬星台 西にある上野道登山口へと 進むと 10数人が登ってこられた。
おつかれさま。みなさん 汗だく。掬星台の風に吹かれてくださ〜い。


新しい水場でお水をくんだ。

旧天上寺跡地。

岩展望台で出会った先輩をまねて「ガ」を写した。


気合入れて 階段をくだるぞ!

山門と 先行登山者さん。

ケーブル駅への水平道。






ロープウエー駅横で 定点シャッター。





ケーブル駅前の アジサイが寂しくなっていた。

ひたすら下ります。


B展望台 

登山口。バイクは私のではありませーん。

トロピカーナ飲んで 次は甲子園だ!「おー!」


ひさしぶりの 「行者尾根」 よかったでーす。(o^-^o) 以前岩穴に ハチノスがあり、ハチが飛んでいたことがあり、
あわてて通過したことがありましたが、今回は いなかったー♪ (o^-^o)
下り 上野道で ボッカトレーニングの若者5人に出会いました。
25キロ と 15キロだそうで、中のお1人は 気分が悪くなり 15キロに代わって貰った、と
話してくださった。いいなぁ 女の子も頑張っていました。「ポ●リ飲んで頑張ってねー♪」

やっぱり 歩けるって幸せーーー(o^-^o) 。次は比良へ行きたいな。行けますように。
皆様も よい山歩きができますように〜〜
山ーありがとうね。また よろしくねー


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2010年山行記録