山行時間=約6時間(休憩含む)
情   報=おトイレは 阪急芦屋駅に駅前に、ロックガーデン入り口にあります。

阪急芦屋(10:20)…大谷茶屋(10:50)…ロックガーデン…高座谷…谷中の尾根(11:55-12:20昼食)…ブラックフェース(13:24) …岩梯子下…鉄塔(13:50)…城山(14:40−1510)…阪急芦屋駅(16:10)








「芦屋の山桜を見に行きましょう!」と、山茶花さんからの嬉しいお誘い。
一も二もなく お誘いに甘えさせていただく。
阪急芦屋川で 10時15分 もうすでに 駅前で待っていてくださった。(^ー^* )
ご挨拶もそこそこに、出発! 芦屋川の桜は ピークを過ぎていますが、
河原をピンクに染めていて、美しいです。

近況報告しながら 登山口まで進みました。
茶屋でおトイレをお借りし お茶休憩。さあ出発です。高座滝が みごとな水量。
今年の夏は 水枯れがなく よいかもしれないねと、山茶花さん。








まずは ロックガーデン中央稜にとりつきますが、
すぐに 堰堤があるところで 高座谷へと 右に進みます。
ここからが 私目にはいまだ 迷路です。
いつものように 山茶花さんの 右ね! 左へ♪ の お声掛けとおりに進みます。
すぐに 花、花 花 花。満開の谷です。山桜 コバノミチバツツジが 美女二人に大歓迎です。(笑)
(山茶花さんは 美女ですよ)









ロックガーデン中央稜に こんなに 山桜があるとは、初めて知り 眺められました。
山茶花さんのおかげです。
そして、中央稜 荒地山の間の高座谷に もうひとつの尾根があることもはじめて知りました。



山茶花さん提供!(ありがとございます)

尾根の上の 見晴らしがよいところで お昼と考えてくださっていました。
小雨がぱらつきますが ふたりとも 意に介さず お弁当を パクパク。


こんな景色が見えるところで お昼でした。

西おたふくが見えてます。



岩テラスのお二人。

荒地山方面を みると、
岩梯子 近くの岩テラスでオレンジカッパと
紺色の方も お昼のよう。
「ヤッホー」が聞こえるかしら? と、思い 
お箸をおいて 年甲斐もなく、「ヤッホー」
すると、聞こえたサインが返ってきて
z 「ヤッホー」も返ってきて 大喜び〜♪
山は心を素直にしてくれるようです。

山茶花さんは お心尽くしの お手製ムースまで 
用意していてくださって、 もう嬉しい。
私といえば、、バナナのみ、、、(すんません) 
千鳥屋さんの お菓子を用意していたのですが
例によって 家に忘れてきたのでした、(><)(><)









小雨がぱらつくので 木下にもぐりこもうと お昼を切り上げました。
そして 迷宮の迷路を 山茶花さんの 指示に従い 下ります。
すると 笹の5辻に到着。「ここは前回歩きましたね。」
自分でも覚えていて感激でした。
そうそう、よく出来ましたと、山茶花さん〜♪

そして 「C4ポイント」を 奥高座滝方面でもなく、
キャッスルウオール 方面でもない
交差点中央に 黒丸がある 岩谷を
つめて行くそうです。

前回はまだ 時々 ネット情報の地図を
開いておられましたが、今回は 無し!
もう 高座谷 芦屋界隈の迷路は 
山茶花さんの頭の中の引き出しに、
すっかり整理されて 収まったのですね。

「黒丸標し」のある岩のアップです。


岩、岩の谷をつめました。

ここにも「ツツジ」


→Pは 従った。

↑プロペラ岩、ブラックフェース→


おお!これが「ブラックフェース」


一期一会の季節
山桜 しっかり見ておこう。




やがて 岩梯子下に到着し 城山へとくだりました。 鉄塔展望台で 曇り空ですが大阪湾を満喫。
生駒、、二上山 金剛は雲の中、友ヶ島まで見えました。




先日お世話になった、生駒 鉄塔ズームできました。

カッコいい「山茶花さん」を二枚!!

岩場にて!

ミツバツツジと♪


咲いたばかりが、ピンクが濃いです。





城山が 台形に見えました。
山肌はピンク色だ、、.



城山の登山道をズームすると
ツツジがいっぱい。


山茶花さん提供。ありがとうございます。



自動シャッターで記念撮影。


岩にツツジに芦屋の街 大阪湾と
ここもよい景色です。


記念にもう一枚。

登山道脇のふみ後をたどると 絶景ポイントですね。
あちらもこちらも素敵でした。
記念に自動で写しましょうと、物色。
この出っ張りの上で 「カシャー」
あら 枯れた葉っぱが入っちゃった。
もう一枚 「カシャ〜♪」
これでよし!
次は岩の上に乗せて 「カシャ〜♪」
10秒設定です。早く早くと はしゃいでしまった。



こちらは芦有が見えました。



芦有(ロユー と、読みます。昭和36年開通なのね。私が、、、小学生の時です。)
国でも県でもない 株式会社所有のドライブウエーです。
ご存知とは思いますが 景色がよいドライブウエーです。途中展望台があります。 大阪湾一望です。
父がなくなる前 有馬で一泊 帰り道 この展望台に寄った 思い出の展望台です。



奥池 ゴロゴロ岳方面とツツジ。

コバノミツバツツジと 芦屋の町

ほんとに 綺麗。いい時期に歩け大満足です。

それも、山茶花さんのおかげです。。



岩とツツジもいいなぁ、「カシャ カシャー♪」

あら 「山ツツジ」も咲いていた。

あぁ、、いいな、あ!

そして、城山に到着。
ベンチで大休止していました。
そこへ、ご婦人が二人 やってこられた。
「あれ?もしかしてヤッホーの人?」
と 紺の方が言われ びっくり!
うわー!まさかお目にかかれるとは
「あれ? オレンジ違うね?」「暑いからぬいだんよ」
「どこで食べてたん? 」と質問された。
芦屋のことなら 「山茶花さん」のお任せ。
高座谷にある 尾根のことを説明された。
芦屋登山道の 会話がお二人ではずみました。
まぁ お二人の頭の中には 地図があるのね。
4人で ワーワーと話していると、
隣のベンチの男性が「友達?」
「いいえ 今始めてあったの」
と、4人でお答えした。(o^-^o)
暫く一緒に下り 「では」 と お別れした時、
何か思いつかれた山茶花さんが
小走りで追いかけられた。


「サンキライさん」でした! もうびっくり!

お二人は足が速い!
山茶花さんが「ブログされてます?」と、訊ね、
「もしかして サンキライさん?」と、続けられ、
「そうでーす。」 「えぇ!?!?」と、言うことになりました。
私も「オーパスさん家」から、「サンキライさん家」へ、トラバースして
ブログを拝見すること しばしばですが、
「山茶花さん」はサンキライさんの 愛読者でした。
四国出身のことや いろいろな お話がはずみました。
まぁ 「ひょうたんから駒」ではなく 「ヤッホーから 二度びっくり」でした。
ほんとに、電脳世界に びっくりでした。

世間は狭いという体験 なんどかありますが 今回は劇的♪
ヤッホーがなかったら、 何気なく通り過ぎられたかも。
「また 合いましょうね。」 いつかどこかの山でね。
お別れしてからも、「山茶花さん」と ず--っと お話がはずみました。

まぁ こんな事が あるのですね。
心解き放たれる 山に 居るからですね。
楽しい びっくりな 一日でした。
嬉しい お土産を心に持ち、 家に帰りました。


駅前の 花時計の針がなくなったみたい。

阪急 芦屋川駅です。
芦屋の山は 汲めども尽きない泉のような山と 「山茶花さん」と 「サンキライさん」。
本当にそうですね。
山は 山々あれど 懐深く、それぞれに 楽しめるよう 受け止めてくれる。
ほんとうに 山は素敵 山ぞ嬉しき、山ぞ楽しき。花を求め また 歩きたいものです。
山茶花さん、ありがとうございました。サンキライさん ご友人 ハプニングをありがとうございました。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2010年山行記録