高砂市 「高御位山」 2009・11・06

駐車場(11:28)…鹿島神社(12:14)…展望台(12:23)…百間岩(12:25)…高御位山(13:55-14:09)…小高御位山(14:29)…北山登山口分岐(14:54)…登山口(15:18)…駐車場(15:22)

山行時間=約4時間
情  報=おトイレは 鹿島神社に 高御位山 山頂にあります。


ボチボチ歩きたいな、、歩きたい気持ちは 「日帰りバス旅行」 では癒されないのだ。
車があるので、仕事後でも 「高御位山縦走」できるな、「いいかなぁ〜?」「いいよ」
と、言う事で、 ガソリンを入れてから 阪神高速へと 走らせた。
高速は結構 混んでいました。「高砂北」で2号線へ降りる。「阿弥陀」交差点を右へ進む。
まずは ため池にある駐車場に 車を止めるため、左 鹿島神社の所を右に取り、ため池にある駐車場へと進んだ。
これは5年前 さそっていただいた時の 待ち合わせ場所で 場所を覚えていました。



(11:28)駐車場前には 高御位山がそびえている。
「カッコいいなぁ」登るから待っててね。



ルーンさんが歩かれた
豆崎からの稜線かな。見ていると 歩きたくなる稜線ですよ。


ササユリの季節に 山茶花さんに お誘いを頂き、歩いたときに 
縦走したい気持ちが ムクムク 湧きました。(´−`)
やっと 実現できるチャンス到来です。(´−`) うれしいな〜☆
駐車場前の道路を 鹿島神社をめざし、西へと進む。
ひと筋早く 曲がってしまった。(><)辺りは 「コスモス」が きれいでしたよ。

ピンク色の美しいコスモスです。

柿がおいしそう。



登山者におたずねすると、、「西に進むと鳥居が見える」と、教えてくださり、
元の道へ戻り 西へと進んだ。
登山者は 山のほうへ進まれました。ここからも登山道があるのでしょうね。
大きな ため池の向こうに、なるほど、「大鳥居」が見えましたよ。
阿弥陀の町を 守るように 扇形にそびえる 「高御位山」。
見上げながら 「鹿島神社」へと 進んだ。

鳥居が見えたぁ!

(11:57)でっかい鳥居さんです。

風情のある山門をくぐる。


神社でお参りをして 「高御位山」への 標識をさがすが 「ないなぁ、、」
記憶が全くなかったので 多分ここでしょうと 左手のちいさな 鳥居さんを進む。
下山してこられた方に お尋ねすると 詳しく教えてくださった。
すぐに左に露岩帯の 登山口があった。

(12:14)鹿島神社 まずはお参り。

登山口を 教えていただいた方です。

(12:17)登山口かな。


進むと 見覚えのある 展望台だ!


(12:23)展望台から ぐるり360度 写してみました。
ここでもうすでに 、立ち去りがたい 景色です。



本当に展望のいい山です。南に北に 西に東に ずーーっと 展望を楽しめる山って
少ないですよね。低山ながら 岩岩で 変化に富む素敵な山ですね。

   iyoiyo 「百 間 岩」desu。


「百間岩」です。思ったより登り易いですが 
滑ると危ない!気をつけて登りました。


少し登った所で 振り返って「カシャー♪」


♪ー♪ー♪ー♪ー♪

いよいよ「百間岩」でーす。
うわ〜迫力あるなぁ。
結構 急な斜面です。
前回はここを下りましたが、
今日は単独なので 安全にと、
登ることにしました。
意外と滑らない岩質です。
前回、ロープなどつかみながら
下った記憶がありますが、
ロープは撤去されたらしい。
見当たりません。
ちょっとした
くぼみを利用しながら
登って行きました。
棚で休憩していると
地元の方か 
軽々と下ってこられた。
しかし 滑ると大変。
気をつけて登って行きました。

♪ー♪ー♪ー♪ー♪ー♪







地元の方々かな、軽々と下って行かれた。


11月なのに 暑いです。
立ち止まり、汗をぬぐいました。






♪ー 一枚岩の 「百間岩」が、終わっても まだまだ岩っぽい。ー♪






こんなに 岩っぽかったのですね! すっかり忘れていました。
岩の景色、周りの展望を 心行くまで楽しみながら ゆっくり登って行きます。




鉄塔から反射板のあるピーク(210m)、
鷹ノ巣山(264.2m)、東峰(240m)が見える。


反射板のある210mのピーク

逆コースで 歩いてこられた ご婦人と山のお話をしました。
「兵庫100山」を 登りつくそうと頑張っておられるとか。
若い頃から 山が好きで 登っておられたそうです。

小さなアップダウンが沢山あります。




記念撮影。逆光で真っ黒け。




お話をしてくださった奥さん。




西側の展望。姫路城がうっすらと 見えました。
あの、、「高御位山」は
前半と後半に
  すばらしい展望を
楽しめます。
さらに、、中間部分も
葉っぱ越しに 南に北に、
遠望を 楽しめます。
山頂部はもちろんのこと、、
大展望楽しめます。








「馬の背」ルート分岐。

「桶居山」への分岐。

「桶居山」へ往復しておられる レポがありました。なるほど、今度歩いてみようかな。



おお! 激下りだわ。






本当に 変化のある登山道。ルンルンルンルンとで歩けます。飽きない風景です。
時々立ち止まり景色を満喫します。

「あ、あ なんて素敵なんでしょう。」と、呟いてしまいます。(笑)
しかし、この雄大さを 私のカメラ 腕では おさまらせることは 無理!!だなぁ、、。 
しばらく水平道が続き、「ヤレヤレー」と 一息つけました。
追い抜いていただいた登山者が 登っておられる岩尾根が見えた!!
「へぇ〜、こんなに岩尾根が多かったんやぁ〜。」
まだまだ、岩尾根が続くようでした。


ほっとする 水平道でした。




こんもり、、。




岩尾根を歩いておられる登山者が見えた。





登山者をズームで写してみた。




自分撮り(汗)tyu-tohanpana,sugatane

急でッす。

再び水平道があり、




山頂?




山頂でした。304・2m


山頂の東にある神社にお参り 安全登山を祈願します。
神社手前に おトイレがありました。
以前は、、、、、(汗)でしたが、
きれいに なっていました。

神社横の 岩ピークからの景色。下山コースの 尾根が見える。

六甲? 淡路島でした。

神社の横のベンチで 休憩していると 地元の方らしきかたが、汗を拭き拭き到着された。
展望を眺めていると 不思議な山が 霞に浮いて見える「??」
おたずねしてみると 「淡路島」でした。そっか、そりゃそうですよね。(´−`)
縦走路をおたずねすると 途中まで ご一緒してくださることになりました。
ありがとうございま〜す。後ろを歩かせていただきました。





道を教えてくださった 地元の方。

神社の横の石階段を下ります。すぐに一枚岩と 階段との分岐になります。
岩にペンキで 表示がありました。←成井 →北山 。
下りも 岩だらけのようですよ。
岩に白ペンキで 塗ってある ○印をたどり、北山ルートへ取りました。
(表示の写真を写しておけばよかったなぁ、、。反省)
一日に3度登られる 元気なご老人や 脇道の説明などしてくださいました。
この方も 一日二度 登られるそうです。(´−`)

◆「高御位山」で、出会った方々は みなさん気さくで みなさん お元気!! 楽しそう。

途中で 「志方」への脇道を下って行かれました。北山へ下るようにと 教えていただきました。
ありがとうございました。お礼を言って別れました。






この一枚岩も ほんとに 迫力ありました。
この迫力をそのままに、写せたらなぁ、、。
展望もすばらしいです。
360度の展望です。

大きな岩を下ると、鞍部から登り返すようです。







追い抜いていただいた登山者さん。
モデルさんになっていただこう。
「カシャ〜♪」
さすが 若い男性。足が早いです。

振り返ると 今さっき 立っていた山頂や、歩いて来た稜線が 一望でした。 ほんとよいなぁ〜
小高御位山のピークは 知らず知らず 通過してしまったようで 写真も無しでした。












(14:54)北池、北山への分岐点。

分岐点の標識。

北山へと下ります。



「リンドウ」にも逢えた♪

「ツリガネニンジン」にも!ラッキー!

ため池にある、駐車場が目の前でした。








(15:18)工場の横のこんな所に出ました。

ありがとう、高御位山!

ひょっこりと、とある会社の 裏に出て終わりました。標識も無くて 分かりにくい。
次 ここから、登るのは無理かも、、。
教えていただいたとおり、駐車場はすぐそこでした。
見上げると 高御位山が静かに、そびえていました。
コスモスを入れて 写してみました。
次は豆崎から歩いてみたいな。ありがとう。またくるね。

歩行図は不正確です。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2009年山行記録