「六 甲 山 U」

2009/06/04 神戸市 931.13m



登山口(11:00)…五助堰堤(11:30)…雨ヶ峠分岐(12:30)…雨ヶ峠(12:40)…本庄橋跡分岐(13:10)…ドビワリ分岐(13:10)…七曲…一軒茶屋(13:50)…六甲山山頂(14:00-14:40)…本庄橋跡(15:15)… 森林管理道(15:20)…西おたふく山出会い(15:50)…渡渉(16:00)…左岸道…五助池(16:25)…登山口(16:50)






不正確です。

ドビワリ峠分岐広場


六甲名物 飛び石。



ドビワリ峠への分岐の広場には いかついジープが止まってた。
芦有道路から 分岐してドビワリまで 車が入れるので そこから、来たのね。



「ヤマハハコ」

ドビワリ分岐が見える。

「ドウダンツツジ」が現れた!


大分登った。木の間から ドビワリ分岐広場が小さく見えた。チラホラ待望の「ドウダンツツジ」が表れほっとした。



地面を紅く染めている★

キレイねぇ。

「ヤマツツジ」

地面も 紅色の染めているの!! いいなぁ あれー 今年初見の「ヤマツツジ」も、歓迎してくれたよ。




鈴なりです。

待っててくれて ありがと!


はぁ もうすぐ 一軒茶屋や! 今日は 久しぶりの山歩きのためか 時間かかったわ。









「一軒茶屋」


最後の丸太階段で 雨ヶ峠で休憩していた 学生さんに道をゆずった。
やった! 一軒茶屋に着いたぁ〜!!! あぁ〜ヤレヤレ★
横の広場で学生さん 大休止のよう。「山頂はあっちよう〜。」と 言いながら、私はそのまま山頂へ。




自動で カシャ!


「タッチ!」


今日は、乾麺のおうどんです。
風よけを新調しました。



気を引き締めて 山頂へ向いました。最高峰は 静かでした。遠望はガスって イマイチでした。
最高峰下の東屋では 熟年グループが宴会中。楽しそうです。一軒茶屋前の広場で お昼でした。
学生さんが 下ってきて 魚屋道へと 進まれた。「そっか、有馬なんだ。」
300CCで乾麺を茹で 白菜を入れる。茹で上がったところで、ヒガシマル うどんスープを少なめに入れる。
ゆで汁をすてて、再度湯を沸かすと ガスと水がロスと思い、そうしました。 結構おいしかったが おだしは飲めません。



私も有馬へ下りたいけど、、バイクがあるし、、 ピストンしなくちゃ。
「石切道」を考えましたが 「石切道」まで 約1時間かかるかなぁー。
ひさしぶりの黒岩谷西尾根も魅力的ですが、夕食時間が気になります。
「黒岩谷」はこの前歩いたし、、と、結局 早く下れる「右岸道」を歩くことにしました。14時40分 下山開始で〜す。



15時15分 本庄橋跡 到着。登りでは 通らなかったので 下りで寄りました。 石の橋を写して 出発。


本庄橋跡から 森林管理道(右岸道)へ5分で 到着。管理道へと入って行く。笹を分けて 細い道を進むと



絶景が待っています。 やっほ〜!


細い道なので 崖側を踏み抜かないよう 山側をフミフミ歩いた。


石積みで 道が補強されている。ここの景色も 大好きです。

ここを過ぎると 展望の無い道が続きます。


エゴノキの花で白い。

尾根道になったよう。

西おたふく山道 合流点も近い。

エゴノキが散り 暗い登山道を 白く染めていました。尾根道になったよう。
登山道に杉の葉が積り 足に優しい道が続きます。



西おたふく山からの道と合流し 左岸道へ渡る渡渉個所に着いた。
水も少ないし 左岸へと渡渉しました。



登山道から ズームで「大平岩」を写し、ベンチ広場で休憩した。



さあ もう少しで 今日の山歩きは終わり。楽しかったね。
ず、、っと いい香りがしていたね。 思い切って 歩いてよかった。


五助山への分岐は笹が刈られてた。

野イバラも 沢山咲いていたね。

愛車に ただいま!


西日を浴びながら 五助堰堤へ。御影山手登山口 バイクへ着いたのが16時50分でした。

家族にメールを送って 買い物により 帰宅しました。

あぁ ヨカッタ。歩けるって ほんまに幸せ!!「山〜〜ありがとう!」











摩耶山さん歩 2009年山行記録  ほがらか掲示板  戻る