山歩き時間=約4時間
おトイレは=鉢伏山 山頂付近に旗振り茶屋付近に おらが茶屋にありました。

垂水に用事が出来た。早めに済ませて 後、「須磨アルプス」へ行こう〜
家事を済ませて JRの駅へ走った。
スムーズに用事が済み、山陽電鉄「須磨浦公園駅」に11時過ぎに到着した。「よっしゃ〜!!(´−`)」


(11:24)

山陽須磨浦公園駅


海釣り公園が見える。
(11:31)

登って行くと 展望がよいよい!

須磨浦公園駅に降り立った。あったか〜い。3月1日とは思えない陽気です。
「え〜〜っっと?」 「登山道はどっちだっけ?」 ザックを下ろし「山と高原地図」を、開けて見ると 左でした。
左の道へと進むと、記憶にあるトイレがそして、売店があった。ほとんどが舗装された道 階段ですが、展望がバツグンです。



(11:35)

風情のある標石
(11:38)





(11:43)

岩を登るとまた絶景が待っていた。

(11:44)


うわ〜〜〜い きれいだぁ〜〜♪ いいなぁ〜〜♪ 最高よ〜♪
明石大橋 淡路が美しく見えました。ベンチでは家族連れ カップルが景色を楽しんでいました。
ロープウエー駅 カーレーター駅を分けて 鉢伏山頂へと進みます。



「梅林」があると聞いたのですが、
「旗振山」分岐になりました。
山頂公園のようにすすんでみましたが、
良く分からない、
まぁいいか、パスする事にしました。

(12:07)

「旗振山」の売店が見えてきた。
(12:09)

<売店付近から見える 須磨海岸。

山頂展望台から、「旗振山」へと進んだ。
山頂展望台の両サイドにつけられた 「旗振山」への道は途中で合流していました。
茶屋は登山者で満員。皆さんビールジョッキを傾けておられる。山の会の総会かしら?
とても賑やかで楽しそうでした。(´−`)


(12:18)




(12:21)

「鉄拐山」で登山者がくつろいでおられた。


(12:22)

ここで直進すると 妙見道へと下ってしまう。
左手階段を下る。



暑くなり、上着を脱ぐと 風が強く寒くなりまた、はおるを 何度も繰り返した。





(12:27)

尾根道は風が強い。

(12:33)

おっ 鷹取山が見えてきた。

(12:35)



おらが茶屋 手前の展望台に 展示設備があり 日の出の写真が数枚 貼られていた。
見に着たくなる 美しい日の出の写真でした。展望台を覗くと金剛山が遠く見えた。


(12:36)

奥須磨の風景が見えます。

おらが茶屋までの稜線は 両サイドの 展望がある プロムナードでした。西側 井川谷付近でしょうか。



(12:37)

「おらが茶屋」。


(12:40)

「摩耶山」も見えます。


(12:45)

茶屋を過ぎると 鉄階段です。
鷹取山が 高倉台団地が見えます。


「おらが茶屋」が見えた。土日祭日のみ、営業らしい。「ナッチャン」を自販機で買い、おトイレをお借りしました。


(12:49)

橋を渡って 団地に入っていく。

(13:06)

団地を過ぎ道路の上を渡ると 階段。うわ〜〜!

(13:14)



「おらが茶屋」を過ぎると、鉄階段を 高倉台団地へと下る。
橋を渡ると団地内につく。「ピーコック」でパンを買いました。
道路上の橋を渡ると 山肌につけられた300段?の、階段が待っています。
山が削られ団地が出来たのですが、それ以前はどんな風だったのでしょうね。
そのころ、須磨へは良く来ていたのですが 山へ登る習慣はなくて バスで移動していました。
もちろん 西区は山の中でした。須磨アルプス登山道ははどんなふうだったのかなぁ、
振り返ると おらが茶屋が見える、明石大橋が見える絶景です。

階段を登りきると またまた、丸太階段。全体に小さなアップダウンが多い山域です。




(13:21)

栂尾山手前の展望台

(13:21)

展望台からの景色

(13:21)



しんどい階段が終わったが、アップダウンを繰り返えす山道が続く。
賑やかな話声が聞こえると展望台でした。そこかしこで お昼タイムのよう。
お弁当中の登山者の横を失礼して 展望台に登った。
上でもバーナーで昼食製作中の登山者がおられた。至福の時間ですね。





(13:41)



(13:50)



(13:51)



さらに進むと「栂尾山」山頂は広場になっていた。しばし休憩。
パンをかじった。かわいいお嬢さんを連れた家族も 景色を眺めながら休憩とされた。
休憩後、進んで行くと いよいよ須磨アルプス核心部が近くなった。(´−`)




(13:51)

またまた 摩耶山が見える。

(13:52)

ザレた鎖場に来た。

(13:55)

かっこいい山のベテラン夫妻のよう


(14:02)


ついたぁ〜〜!!こっれを見たくて歩いて来たのよね(´−`)



(14:03)

「おおお!」鉄梯子途中で「カシャ〜!」

(14:04)

梯子を下りきって、「カシャ〜!」いいなぁ〜!




(14:05)


中心部に下った。



(14:06)


先ほどの家族が岩の上におられる。



おつ! 凄い岩の上に立ってはるなぁ。。と、思いましたが、登って見ると 普通でした。(笑)


(14:07)


振り返って 鉄梯子を写す

鉄梯子のところ、結構急降下なのね。


(14:09)


鉄梯子をアップで「カシャ〜!」

登山者が下ってこられる。


(14:10)


馬の背です。標柱が傷み、文字が消えかかっています。人気の山行きですね。沢山の登山者とすれ違いました。




(14:12)


馬の背を渡りきると、 皆振り返り カシャ〜でした。
梯子したの岩場でカメラを写しておられるかた、まだおられる。小さく見えました。




(14:25)

東山でくつろぐ登山者



東山標識。



下山道の標識。




(14:38)



東山の広場で 須磨アルプスを眺めながら「おにぎり」をいただいた。
すると もうお腹いっぱい。せっかくのラーメンは要らなかった。
ガスを持っているし コーヒータイムにした。
須磨アルプスを眺めながらの コーヒーは おいしいです。(´−`)



(14:46)

下山道

(14:50)



(15:00)

鷹取山が見えます。

鷹取山を眺めては 思案しましたが 日曜出勤の主人が帰ってくるまでに帰宅する事にしました。
妙法寺駅へと下ります。途中で 犬ズレの 地域の方が アルプスを眺めておられた。
かわいい おとなしいワンちゃんです。
くの字くの字の道をゆっくりと下り 街中へ。
標識に従い 地下鉄妙法寺駅に出て 帰宅しました。

須磨アルプスは都合3回目かしら。何度来てもすばらしい 景色です。
整備されすぎ、山道としては 面白みに掛けますが、核心部は安全のため仕方がないですね。
あぁ〜楽しかった!!山〜〜ありがとう〜★☆★



摩耶山さん歩