「高雄山…森林植物園」
神戸市 2008/07/01   477M


新神戸(11:00)…市ヶ原(12:00)…高雄山(12:36)…南ドントリッジ…分水嶺(13:04)…北ドントリッジ基点(13:11)…(13:46)森林植物園(15:00)…神鉄北鈴蘭台駅(16:00)

歩行時間=5時間
情  報=オトイレは 市ヶ原登山口に 見晴らし展望台に 市ヶ原に 森林植物園にあります。


日曜日は「洞川へ登山口確認」にドライブに行った。要するに山歩きではないのだ。
ボチボチ歩いておかんと不安です。先日、新神戸から「高雄山」へ向うも 途中雨と時間切れで 
予定していた「森林植物園」には行けなかった。今日は梅雨の合間の晴れだ。(´−`)
行こうか! 仕事後 あわてて家事をこなし、時間節約のためバスにて「新神戸」へと向った。
市バスに「新神戸」と言うバス停はありません。布引というバス停は 新神戸の南に位置しています。
阪急六甲から 「青谷周り三宮行き」のバスに乗った場合、
「布引」の一つ東のバス停「熊内6丁目」(くもち、ろくちょうめ)で降りたほうが 
新神戸駅、登山口が近いです。



今日の見晴らし展望台

沢山の登山者とすれ違う♪

今日の「かくれ滝」は2条だ。

前半は先日と 同じ道なので 写真は少なめです。
新幹線の 高架をくぐり、生田川を横に眺めながら 北上します。
山地図があるところで 70代と思われる 山支度のご夫妻と話をしました。
「トウエンティークロス」から、森林植物園に 向われるそうです。
滝道のほうへと向われた。今日は滝は「パス」なので 「失礼します。」と、分かれた。
「見晴らし展望台」でお茶休憩。登山者が10人ほどおられる。人気のコースだな。
「かくれ滝」、先日は雨で3本流れていたが 今日は2本でした。五本松堰堤と順調に進んだ。


重要文化財なのだ。

写真を写しておられます。

市ヶ原は学生さんが大勢さん。

堰堤では 思い思いに くつろいでおられる登山者が チラホラ。大きなカメラを持った方もチラホラ。
ハーブ園への分岐をやり過ごし、「市ヶ原」が近づいて来ると、なにやら賑やかです。
実年御夫妻が 笑みを浮かべながら 下山してこられる。
高校生の声かな?遠足かな? 微笑ましく思われての 笑みだったのでしょう。
河原に立つと 高校生らしき 団体さんは100人はくだらないみたい。





思い思いにくつろいで、おられる。

橋を渡れば、高雄山登山口。

上流では 団体さんをさけて、お弁当を開いておられるパーティー。
のんびりとした風景です。私もお茶休憩 干しブドウをいただき、「高雄山」への英気を養った。



晴れていても 急登だっ!(汗)

(汗)(汗)(汗)

ふぅ〜〜

橋を渡ると、すぐに「高雄山」への登山口があります。
先日に比べて 山道が明るいです。蜘蛛の巣のお掃除などあるのです。
いのちゃんよけに、今日はラジオを持ってきた。
100均の入れ物に、ラジオを入れて100均のカラビナで 腰にぶら下げ 音量を上げた。
森林植物園まできっと誰にも会わないのです。


「アクシバ」

山頂への分岐だ。

今日は山頂踏むぞ!

北上する尾根道は 少しに西に振ったり 東に振ったりしながら 伸びている。
登山道は 尾根に <「くの字」の 踏み跡をつけています。
山と高原地図には山頂まで25分とありますが、もう25分が過ぎたのは先日と同じだ。
山頂分岐が見えたきた。今日は山頂を踏みましょう。右へと進んだ。
今日は市ヶ原から 36分かかった。


あら〜★ 掬星台が見えるのよ!



やった、山頂だ。

山頂 手前に下り登山道が見えた。

快適な下り道。

山頂付近はさらに 急登でした。「ピーク?」と思わせる 「偽ピーク」が、2つ程あり 山頂へと着いた。
木が伸び展望はない。うっすらと 見えるのみ。
山頂には「このさき通行止め」の標識がある。少し戻ると 下りの道があった。
「お昼にしようか?」と思ったのですが なんとなく気がせき 先へと進んだ。



標識発見!

分水嶺越を目指すのだ。

前回 迷った標識です。

下りはなかなかよい道でした。途中 黒岩尾根の展望があった。
標識があり、先日 森林管理道を歩いたときに 
高尾山からの下山道が 合流してくる事に気がついたポイントに着いた。
先日は トウエンティークロスに出て 市ヶ原に戻るため、「分水嶺越」方面を選んだ。
今日は「森林管理道〜分水嶺越」を歩いてみることにしました。

 

森林管理道から、分水嶺越えを歩くことに。

明るくいい道です。



この道は よい道でした。明るい尾根道の箇所があり、「石楠花山」方面が見えていたのかな。
また 歩いてみたくなる道でした。(´−`)



分水嶺越えに到着。

進むと道がL字になってる。

今日の見晴らし展望台

そして、「分水嶺越」へ到着。舗装道路だ。
ここの標識には 歩いて来た道が「←南ドントリッジ」と記されていた。
今日はこの先の「北ドントリッジ」を歩く予定です。右へと進むと分岐があるはず。進んだ。


舗装道路がL字になっていた。ぼちぼち、「北ドントリッジ」への分岐があるはず。
L字部分に 標識があり「高尾山森林管理道」とある。これが、多分、「北ドントリッジ」なのでしょう
進んでいきました。桧林が多く、こんもりしたピークがたくさんあり、くねくねと進んでいく。
谷詰めには 丸太橋がかかっていて、次のピークの山腹にとりつく。
地図を見てもコースタイムが記されていない、1時間ぐらい歩いたと思ったのですが40分ほどでした。




途中 登山者にお一人だけであった。「この道が北ドントリッジですか?」と、尋ねると
、 「森林植物園に出るよ」と 教えてくださった。ザーザーと沢音が聞こえてきました。
「トウエンティークロス」が近いのかな。丸太階段を登り下ると 森林公園東門に出会った。







長谷池は 「睡蓮」「あさざ」が 見ごろでした。「紫陽花」も綺麗に 咲きそろっていました。
長谷池で 昼食タイム。ラーメンです。「トマト」にもかぶりついた。
帰路を考えましたが、、、もう15時。牛の背を歩きたかったのですが、どうもまた タイムリミット。
森林植物園前から 北鈴蘭台までの送迎バスがありますが、なんと出たばかりです。
考えた末 神戸電鉄 北鈴蘭台駅まで1時間ほど 歩き 神鉄〜阪急電車で帰りました。(摩耶山さん歩)


摩耶山さん歩へ