「市ヶ原 散策」 神戸市 2008/06/22   

新神戸(12:35)…雄滝(12:55)…見晴らし展望台(13:06)…かくれ滝(13:23)…五本松堰堤(13:27)…市ヶ原(13:48)…高尾山への尾根道…高尾山山頂への分岐(14:18)… 森林管理道…蛇ヶ谷を経て再公園への分岐(14:36)…分水嶺越え…黒岩尾根分岐…地蔵谷分岐(15:18)…市ヶ原(15:30)…新神戸(16:20)…自宅

歩行時間=約5時間
情  報=オトイレは 新神戸駅に、市ヶ原への登山口付近に 見晴らし展望台に、市ヶ原にあります。

午後、雨が止みそうだ。西の空が明るい、ネットでお天気を調べてみると、午後は、曇りとあった。
「ねぇ、ねぇ、新神戸から歩いてみようかな。」「べつにかまへんよ」と、いう事で、車で送ってもらい、
新神戸で一人車を降りた。主人は別の用事へと向かいました。さて、久しぶりの単独だ、
が、時間も押している。どう歩こうかな、、行き当たりばったりで行くか。とりあえず 「市ヶ原」へと向う。


橋を渡る。



雄滝へと下ろう

雨上がりを 待っていた私と 同じ気持かな〜登山者にであった。
このコースはいつも登山者が多いです。
雨上がりの 緑が 美しい。
うっかり、滝道を選ばず 右へと進んでしまった。(><)
水量が多く 滝はさぞかし見事でしょうと、階段を下り見に行った。




やはり、今日は水量が多く すばらしいです。
若者お二人が フアインダーを覗き 滝を見上げて おられました。


見晴らし展望台からの 景色。

夢風船と 「友が島」。

市ヶ原へと進む。

階段を登り返し、登山道に戻ると すぐに「見晴らし展望台」。
対岸は見えないんだけど、雨に洗われて 空気が澄んでいるのか、神戸の景色はなかなか美しい。
西側に目をやると 「友ヶ島」が見えている。
「布引ハーブ園」へのアクセスのゴンドラ「夢風船」が 行き来する所を「カシャ〜★」


「滝見休憩所」が眼下に小さく見えた。。



「かくれ滝」です。今日は三本流れています。

「見晴らし展望台」を過ぎ 網越しに 下をのぞくと 「滝見休憩所」が見える。
結構な高度をかせいだんだわ。しばらくして、五本松堰堤下の 「かくれ滝」に出た。
水が少ない時は現れない 「かくれ滝」を 今日の日を選んで写しにこられたのかしら。
三脚を立てて、フアインダーを覗いてる方が お一人おられた。


「鬼ぐるみ」。



明治の遺産「五本松堰堤」。

鬼ぐるみの木が 邪魔をして「かくれ滝」が見にくいのよね。
階段を登ると 「かくれ滝」の上の休憩広場がある。
覗いてみたが、滝上部は 見えなかった。
舗装道を進むと 五本松堰堤前に着く。やはり堰堤は写しておかないと。


堰堤前休憩所に
設置されてる 臼です。




五本松堰堤 広場風景。
5人パーティーの登山者とすれ違った。



堰堤湖を 眺めながら ぶらぶらとすすんだ。
展望ベンチでご夫妻が お昼休憩中。のどかでした。




右がハーブ園。




「ホタルブクロ」に こんにちわ、とご挨拶。ハーブ園への分岐を過ぎ、
いよいよ、市ヶ原が近くなった。


「テイカズラ」

日曜日なのに、開いてる茶屋はここだけでした。

さすがに、水が多い。


茶屋は「あけぼの茶屋」しか、開いていなかった。
市ヶ原も 水量が多いです。一家族が「バーベキュー」を楽しんでおられた。
午後の雨上がりを待って、こられたんだろうか。「すばやいなぁ」(´−`)
橋を渡って 西へと進む。
時計を見ると1時50分。さてどうしようかしら。





高尾山への登山口




根っこに助けられる。

急登でした


市ヶ原往復と 主人と約束をしたのですが、、物足りないし、、、地図を眺め思案。
さんぞうさが 以前「高尾山」へと歩かれた事を思い出し、歩いてみることにしました。
橋を渡るとすぐに、「高尾山→」の 標識があります。

急登でした。ふ〜〜ぅ。木の根っこに助けられ 登っていきました
だんだん湿っぽくなってきて 暗〜〜い。


尾根道を登って行く。




右高尾山 左 森林管理道




緑が美しかった所。


道が二俣に分かれている。尾根道は「高尾山」とある。山腹道は 「森林管理道」とありました。
高尾山の方向から3人パーティーが下ってこられた。そして、森林管理道へと 進まれた。
「山頂は ピストンかなぁ。」高尾山へと上り始めると すぐに、大粒の雨が降ってきた。あわてて傘をさした。
地図を開いたが 暗くてよく見えないし、傘は持たないといけないし、ピストンかもしれないと思い 下りました。
ほとんどが薄暗い 道でしたが、一ヶ所 緑が美しかった。

少し進むと 「再度公園→」の分岐があった。
地図を再度開くが やはり暗くてよく見えない。ヘッドランプで照らせばよく見えるかな。
再度公園から 「大師道」を下るのも 遠いし とりあえず 分水嶺越えに進む事にした。
(後から考えれば 再度公園から 市ヶ原へ戻ることも出来たのでした。)



「分水嶺越え」に到着。

右 市ヶ原 左は 徳川道 シェール道へ。(15:00)

分岐点の 標識のアップ


分岐に戻り 「森林管理道」を進んだ。
道幅は1メートルほどあるのですが、
雨に流され 斜めになっている個所 路肩が崩れている個所がありました。
登山道に 枝が張り出していたりで カッパを着るにも雨が強くて そのままに歩いたので、
ズボンが濡れちゃった。せめて スパッツ付けとくべきだったかな。
今日は反省だらけだ。
「分水嶺越」に、到着。
合流点にある標識を見ると 「高尾山→」と、あった。山頂への道を取っても ここへ来れたんだわ。

標識があり 見ると 左は洞川湖 右へは市ヶ原とある。
「森林植物園」に行こうかと思いましたが、
雨も強いし 市ヶ原へ戻ることにしました。右へと進みました。


水が多いです。

「地蔵谷」分岐

「標識」




黒岩尾根分岐 地蔵谷分岐と 見慣れた景色となり
先ほど歩いていた尾根を 正面に眺めながら、市ヶ原へと 進んでいった。
そして 雨が小雨となってきました。市ヶ原に到着。






モミジが美しい。




もやも美しかった。


アケボノ茶屋にて ホットコーヒーを頂き、初めて座った。
休憩中男性3人のパーティーが 新神戸へと進んでいった。
この雨の中歩いておられたんだな。お二人は 雨具を着ておられたが お一人はスパッツだけでした。
休憩後ザックを担ごうと 床より持ち上げると 床が濡れていました。



五本松堰堤で オーバーフローしている水を写し 見晴らし展望台へ。
雨はスッカリ止み 神戸の町が 美しく見えた。雨上がりの不思議な景色です。
迎えにいこうかと、嬉しいメールでしたが、悪いので、新神戸から歩いて帰ることに。
マーケットによって夕餉の食材を買い求め 17時帰宅しました。。


なんとも中途半端な 散歩になってしまいました。南ドントリッジ 北ドントリッジと またの機会に歩いてみましょう。

 
歩行図は不正確です。




摩耶山さん歩