アイスロード…一ヶ谷道西尾根…ケーブル上駅




神戸市  2008/05/28   

アイスロード登山口(11:55)…ケーブルへの分岐(12:12)…一ヶ谷道西尾根…
六甲ケーブル上駅(13:14-13:35)…ケーブルにて下山(13:40)…徒歩にて自宅へ(15:00)

山行時間=約3時間。 情報=おトイレはケーブル駅にあります。



10日ほどいそがいし毎日でした。ぽっかりと時間が出来たので、近場を歩きたくなりました。
先日 「アイスロード」を下った時に 「六甲ケーブル上駅」へと歩ける分岐を発見!!
「一ヶ谷道西尾根」に合流するのだろう。歩いてみることにしました。

仕事後、用意をして出発。「護国神社」手前で やっとタクシーに乗れた。
最近は流しているタクシーが少なくなったのかな。 「アイスロード登山口」へと走ってもらった。
旧道と 新道が合流する 信号手前でタクシーを降り、
北100M付近にある 「アイスロード登山口」へ向いました。


(11:50)信号を渡ります。

(11:54)カーブミラーのあるところが登山口。

(11:57)アイスロード登山口です。

夕方から雨らしい。多分お天気は持つだろうが 傘と雨具をザックにいれてある。
信号をわたると、右手にカーブミラーが見える。そこが、「アイスロード登山口」です。


「ホタルカズラ」のお出迎え♪

(11:57)登り始めの石階段しんどい〜!

(12:00)道路の下のトンネルが登山道。


「ホタルカズラ」が一輪 歓迎してくれた。
入口付近が先日はジュクジュクとぬかるんでいましたが今日はましみたい。
「一ヶ谷」は六甲ケーブルが走っている谷です。
その西側の尾根が 「一ヶ谷道西尾根」というわけです。
六甲ケーブル前の道路を 200Mほど進むと フエンスに隙間があります。 そこが「一ヶ谷道西尾根」の登山口です。鉄塔をいくつか過ぎ、「天望山頂」を踏んで、
アイスロードから分岐する道と合流するのでしょう。
ドライブウエーの下にトンネルがあります。トンネルを進みます。



(12:04)小さな沢を渡ります。


(12:06)シャガは終わっていた。


先日咲いていた 「シャガ」はもう終わっていました。代りに「ニガナ」「コアジサイ」が 待っていてくれました。

ドライブウエーの車の音が結構聞こえ ちょっと残念ですが、滴る緑は美しい道です。



「ハナニガナ」

分岐に着いた。

(12:12)ケーブルへの分岐に到着。

西側には「前ヶ辻谷」を挟んで、「長峰山」が枝越しに青々と見える。
登山口から くねくねと進んで 20分ほどで 分岐に到着しました。
標識に「ケーブル上駅」と手書きされています。進んでいきました。




(12:14)笹に埋もれます。

斜面の林が美しい。

(12:22)

分岐から1分で、天望山から 伸びている道と合流しました。笹が凄い道です。
「電話」と刻まれた 石柱がテンテンとありました。



(12:24)赤松の大木。

笹を分けて細い道。

(12:28)

もっと 自然な感じの道かと思ったのですが、石階段や コンクリートの基礎などがあり、ちょっとガックリ。
「テッペンカケタカ〜♪」「テッペンカケタカ〜♪」と、賑やかです。(´−`)




(12:31)左手に 別荘群が見えた。

「タニウツギ」

(12:32)


道は腰までの笹がかぶさり 見にくいが 笹を分けると 踏み跡ははっきりとしています。
頭の高さまでの笹がある個所もありました。ストックでよけながら、歩きました。
ふと、ズボンを見ると、ダニか? 蜘蛛か? わかりませんが、6、7匹くっついてる。
「もう、ヤダヤダ!」あわててはらいました。(汗)主人のズボンをチェックすると なかった。
私が先行で 蜘蛛の糸きり ダニも引き受けたみたい(><)(><)背中にはしゃくとり虫がいたそうな(汗)



急斜面を 笹を掃いながら
ゆっくりと進んでいきました。
もっと展望があると、
思っていたのですが、無し!
登山道を 木々がこんもりと
包み 足元には笹があり、
なかなか 美しい。
風もそよそよと
気持がいいです。


火事があったのか、
「ウーカンカン」と、
消防車の音が
けたたましく聞こえた!
音におびえたのか、
猪、3頭が
斜面を「ブホブホ」と大急ぎで
下って行きびっくりしました。

(12:52)

(12:54)



(13:01)右手に灘の町が見える。

(13:06)左手には六甲山ホテルが見えた!

「ヤマボウシ」だわ!


ケーブル駅へと うねる尾根にでたのかな。灘の町が見えた。が、もやっていました。
細い笹道がしばらく続くと、少し広くなった部分がある。また 細い道になる。これを何度か繰り返した。

右手に 展望が広がった。 ↓


(13:07) 景色をアップで写した。 やっぱり もっています。
展望の中心に 
なにやら
白いものが。
写してみると 
「ヤマボウシ」でした。



(13:09)

(13:11)

(13:14)

あれ? なにやら聞こえました。「ケーブルの音と違う?」と 話し、しばらくして 駅が見えてきました。




(13:16) 駅西の 階段に出ました。ゆっくりと、展望を楽しんだ。
冬には 「一ヶ谷西尾根」の道が くっきりと見えたのですが、今は草で全く見えないようです。
駅横に 屋上「展覧台」への階段があります。登っていき、「展覧台」にて 休憩しました。








(13:28)展覧台にておにぎりパクパク。

摩耶山が良く見える。須磨の山は無理のよう。見えない。


左手には 「打越山」かな、中央に「油コブシ」でしょうか。
六甲アイランドにポートアイランド。


屋上 展覧台からの 神戸の町ですが、もやっていました。


ラーメンの予定が なんと、鍋を忘れていて、ガク〜ッ(><)おにぎりだけ頂いた。
ケーブル駅でパンを買い、「摩耶山」を眺めながら いただきました。
六甲山で遊ばれたのか、おめかしされた御婦人方が 
ガヤガヤと 山頂周回バスから降りてこられた。
私たちは 摩耶山友の会カードを見せて、割引キップを買い求め
ご婦人方と同じ 13:40分発に 乗りました。
もちろん 窓のない 先頭のケーブルに乗りましたよ。
「藤」や黄色い「エニシダ」 が窓から見えました。
風を感じながら ケーブル下駅、(土橋)へと 着きました。

プラプラと、自宅まで歩いて帰えることにしました。
短い時間でちょっともの足りないけど、初めての道が歩けて満足。(´−`)
山〜〜 ありがとう〜〜♪ ストレス 山においてきました。(´−`)




摩耶山さん歩へ