大阪府 2008/05/04   1125M

金剛山登山口(10:13)…まつまさ(10:20)…橋を渡る(10:34)…林道分岐点(10:59)…カトラ谷(11:05)…滝(11:14)…水場(11:37)…国見展望台(12:26-13:30)…転法輪院(13:38)…セト(14:15)…黒栂谷道…林道合流点(14:45)…登山口(15:25)


山行時間=約5時間20分(休憩を含む)
情  報=おトイレは 登山口バス停前に山頂にありました。
地  図=クリックしてください。

沢の岩が濡れていて 滑りやすいところや、左の谷は深く、高巻く細道を
ロープ、鎖をたよりに歩く所もありました。気をつけてお出かけくださいませ。(山野草を大切にいたしましょう)




せっかくの4連休。せめて一座登りたい。3日はお墓参りに行った。
4日に行けるかなと、御在所は?と尋ねると、「名神が混んでるやろう〜!」と、却下。(><)
oka-chanが 掲示板に貼ってくださった 金剛山の「ニリンソウ」がすばらしかったよ、と話し、
「金剛山は?」と尋ねると、「OK!」 やったぁ〜!
ところが、寝過ごし、用意をして家を出たのが、8時過ぎでした。


■(10:13)親水公園に降りてみた。

■舗装林道を進む。すでにお花がいっぱい。

国道二号線はガラガラでした。阪神高速に乗り「三宅」を目指す。すこぶる順調でした。
「三宅」で高速を降り、国道309号線を南下。
かなん道の駅を過ぎ 標識に従い右折。森屋で右折。金剛山登山口へと進む。

登山口横の 駐車場が幸運にも、空いていた。
地主さんに挨拶をして 「まつまさ」近くの おトイレに寄った。
突き当りを 左へと曲がり、舗装道路を進む。(右は登山本道です。)


■(10:34)柵のある橋を渡り黒栂谷へと進む。

■(10:50)登山者が追いついてこられた。


■(10:58)突き当たりに、「セト」への分岐がある。

■(10:59)こんな標識があります。


「ここまでに 咲いていてくれたお花」



「タンポポ」

「ヘビイチゴ」

「ヤマブキ」


「キランソウ」

「カキドウシ」

「マムシグサ」


「ヤマエンゴサク」

「ニリンソウ」

「スミレ」

■(11:05) 広場になってる。ここから沢に降りる。

■(11:07) 緑が滴る沢道です。いいなぁ。


■(11:09) ヒンヤリ気持がいい。。


■(11:10) 渡渉もある、滑らないよう気をつけて。




■(11:11) きれいな水です。小滝が連続しま〜す。
手ごろな沢で 歩く楽しさ百倍です。滝の横の岩場をロープを握り登った。
うわ〜たのしい〜♪ (´−`)


■(11:14) 大滝の右横を巻いて行く。

■(11:21) ドンドン登って行きます。

数珠つなぎの登山者。なんだか いやだな。
ロープを握り歩いていると 後続の方が ロープを 思い切り引っ張られ 私は体が振られた。
「今 引っ張ると危ないな」、と伝えたが 伝わらなかったみたい。
ロープが張ったままで 歩けないので 仕方がなく回り込んで通過した。
河原で 休憩を入れ 先に行ってもらい すいた所で進んだ。





■(11:27) 左は深い谷、高巻く細い道、ここにもロープ、鎖が設置されている。梯子を前に渋滞。
一人ずつ 登っていきました。



■(11:33) 行列は続き 分岐も迷わない。

■(11:37) 賑わう水場。


「咲いていてくれたお花をまとめて!」



「ヒトリシズカ」

「マルバコンロンソウ」

「ムラサキケマン」


「キケマン」

「アオキ」

「ミヤマハコベ」



「ニリンソウ 花園に到着!」



■(11:49)うわ〜花園です。
■ついに花園に到着したようです。
登山道両脇に タップリの「ニリンソウ」
みなさん、いいお顔になられ、
思い思いに 「ニリンソウ」と対話。
カメラを「カシャ、」「カシャ」
しゃがみこみ、じ〜〜っと眺める方。

そして、「ヤマエンゴサク」 「ヤマルリソウ」と、
「ニリンソウ」の大合奏になって行きました。
では 「花園」をどうぞ!!



■(11:49)すばらしい〜。








■アップで!




■はぁ〜〜タメイキが出る美しさ
■登山者の方が「あちらはこうでしょうかね、」と、
■笑顔で話しかけられた。
■「あちら?」と 鈍い私。
■いずれ参る天国のことでした。(笑)







■「ヤマエンゴサク」

■(12:02)谷の斜面に花園は続く。



■(12:03)ちょっと「シェー!」









■「ハナネコノメソウ」





■「ニリンソウ」と「ヤマエンゴサク」の
■共演の個所があった。
■まぁ、なんて美しいことでしょう。
■私にとって、この世の別天地です。
■ここで昼食の方がおられた。
■横に並びたかったけど、お水がない!
■ラーメンのお水を 
■水場で汲んでおけばよかったぁ




(12:06) ニリンソウ ヤマエンゴサクの合唱です。



























■ちょっとぼけましたが、「ヤマルリソウ」と「サイゴクサバノオ」です。


■(12:26)国見展望台下の広場にて昼食。
■ラーメン、コーヒーを頂きました。
■たくさんの人出で賑やかでしたー♪
■一時間ほどのんびりしました。


■(13:38) 転法輪院へおまいり。





■樹齢300年の見事な桜。充石さんも写されていた。





■混んでいたので 写真だけに。



■ (13:44)セト経由で下山する事に。
(展望台横から始まる。)


■(13:48)すぐの登山道。



セトへと下っていくと、 すぐに分岐があった。
「これを 入るんか?」と、主人。いや、違うわ、あまりに早すぎよ。
セトまでは一時間近くかかるはず、ベンチがある記憶があると主人に説明。
(帰宅してから調べると「わさび谷」への道でした。)
途中 山頂へ向ってこられる登山者に出会い お尋ねした。
「ベンチと 標識があり 分かりやすい」と 答えていただき 助かりました。



■(13:52) 若葉の風情がいいなぁ。


■(14:11) 尾根道を進みます。
整備された歩きやすい道が続きました。




■(14:15)「セト」に到着しました。ありがたーい標識です。

■なるほど。



■(14:19) 杉林を下る。

■(14:37) 丸太階段を下ると沢に出た。


単調な杉林ですが、ヤマルリソウ、 マムシグサなどが 慰めてくれました。
やがて 沢音が聞こえてきて 丸太階段を下ると 沢近くの道になった。
「ワラビ」があり お土産に 摘んだ。



■(14:37) 堰堤を越える。

■(14:39)水は少ない。



■(14:44) 林道に合流した。

■(14:45) 林道にある標識。



■(14:57) 黒栂谷風景。

■(14:58) 山桜があった。



■(15:16) まつまさの角に戻ってきました。
■ 登山口に戻って来ました。
■ いまだかつて 見たことのない 
■ ニリンソウの花園に出会えて大満足です。
■ 地主さんのお礼を伝え、帰途に着いた。
■ 富田林の ウグイスの湯に寄るのが恒例ですが、
■ 連休中で 道路が気になり、
■ 寄らずに 早めに帰ることにしました。
■ 道路は順調で 心配した阪神高速も、
■ とっても順調でした。
■ 神戸に5時に帰れました。(´−`)



下山時 であったお花!



「ウワズミサクラ」




「タニギキョウ」



「ハコベ」





「シャガ」





イワツメグサかと思いましたが
葉がとがっていないので
「ミヤマハコベ」かな。




「アケビ」

売店の前の「クリンソウ」

「ムラサキケマン」



お花の名前、間違っていましたら、 教えてくださいね。自信なしです。(><)

小塩山、堂満岳、金剛山と 春の花野山を 歩くことが出来て、とっても幸せ。(´−`)
いつまでも いつまでも、花園であってほしいです。ダメージ少ない山歩きをと思いました。
大、大、大満足 でした。(´−`)しかし 貪欲な私は、もう次の山はどこにしようか?と、考えているのでした。(笑)
あっ、いけない、忘れてる。「金剛山〜〜! ありがとう〜!」
皆様の連休は いかがでしたか、? 書き込み レポ お待ちしております。 (摩耶原人)

摩耶山さん歩へ