「三田 大船山」
2008・01・05

山行時間=約4時間
アクセス=神戸から六甲トンネルから有馬街道を進み 日下部で176号線に乗ります。
三輪で 右折37号線に進みます。志出原ー木器で右323号線へ。
波豆川をこえたところで 左折 キャンプ場前への 道に進みました。


2011年再構築です。
前の年かな、一人で車で 出かけたのですが ハンターがおられ どうもおじゃまなので、U-ターン
お蕎麦をいただいて 帰神したことがありました。今回はどうかしら??
主人と出かけると OK! でした。ゆっくり歩けそうです。
キャンプ場手前の 路肩が広くなったところに止めさせていただき キャンプ場まで歩きました。




キャンプ場前の 路肩に 停めさせていただき、北上。
キャンプ場は すぐに分かりました。
左、キャンプ場へと入っていきます。
いろいろな設備がありました。
やがて 山道らしくなり 山頂へ。
山頂下 分岐で帰路は 波豆川バス停方面へと進みました。



路肩に止めさせていただいた。

道路を北へと向かいます。

キャンプ場へと入ります。


かわいいキャビンです。






やがて 山道となりました。











良く歩かれている道のようです。




登山者に出会った記憶が。

標識が見えます。


山頂直下の分岐のようです。











石積が残ってました。








祠がありました。


山頂








なかなかの展望ですよ。



山頂で ラーメンをいただいた記憶が。男性登山者さんがお一人おられたような。




山頂風景です。

さあ下ろう。






大船寺跡の標識版。



大船寺と 町石の伝えが記されています。
町石は 室町期に流行した 五輪卒塔婆に 地蔵と町数を刻んだもので
古く 字数は読みづらい。6丁まである。と 案内本にありました。


標識。

滝があるのですね。寄らずでした。




町石ですね。






ここにも町石。





室町時代といいますと 足利尊氏が1336年 建武式目を制定し、
1338年征夷大将軍に補任されてから、15代将軍 義昭が 
織田信長によって京都から追放される(1573)までの237年間をさす。 と ありました。
町石は すくなくとも 2011−1573=430年以上前から ここに立ってるのですね!!



やがて 耕作地。

車へと進みました。



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2008年山行記録