白滝山 1022M (比良山系)2007/09/23   

坊村(08:52)…地主神社(09:00)…車留め(09:10)…三の滝(09:43)…伊藤新道分岐(10:02)…牛コパ(10:18)…丸太橋(10:34)…浮き上がった橋(11:01)…スベリ岩(11:30) …白髪淵(11:50)…休憩小屋(12:22)…夫婦滝(12:31)…音羽池(13:13)… 白滝山(13:30)…伊藤新道を下だる…わさび大滝上崩壊地(14:21)…わさび大滝(14:26)…伊藤新道出あい(14:57)…坊村(15:30)



歩行時間=6時間30分(休憩を含む)
情  報=おトイレは 坊村バス停付近にありました。

(08:52)

坊村


地主神社


赤い橋へと進まず 右へと曲がる。

祭日の今日、念願であった 白滝山を目指すことにした。
早く着こうと、阪急河原町から京阪四条へと歩き、京阪電車で 出町柳へ。
出町柳発 朽木学校前行きに乗る。坊村には8時40分ごろついた。
バス停前トイレにて準備をして 出発。ワクワクです。

地主神社前を左に進み、赤い橋を渡らずに、手前を右へとり明王谷へ進む。

(09:02)








分岐には 大きな標識がありよくわかります。少し進むと 駐車場があり テントが張られていた。


(09:10)

車留め
(09:37)

ベンチにカメラを置いて「シェー」
(09:43)

勇壮な三の滝

車留めを過ぎ 気持のいい林道を進んで行くと 左手の谷に「三の滝」がある。
寄って見ました。細い道を下っていくと 勇壮な「三の滝」が滝音高く 控えていました。



角度を変えて。

青い滝つぼ。

凄い根っこです。




(10:02)

「伊藤新道分岐」


「ゲンノショウコ」

明王谷林道を進んで行くと「伊藤新道」の標識があった。帰りはここに出るんだわ。
確認して進んだ。


(10:10)





(10:11)



橋から 沢を覗いてみた。青く澄んだ 冷たそうな水でした。
渡ると 口の深谷への分岐。やり過ごします。

(10:18)

「牛コパ」


標識のアップ!


「トリカブト」が美しい。

右へと進んで行くと 「牛コパ」に着いたよう。
山肌を切り開いた道に取り付くと、擂鉢山の山すそをはい大橋小屋へと進む。
まだ、歩いたことがないので いずれ歩いてみたい道です。
今日は 白滝山の方へと進みます。ここで、林道は終わり いよいよ山道らしくなってきた。 

(10:24)

細長い標識の下には水場。


苔むした道でした。




林道が終わり 山道に入って行くと 景色は一転、苔むした小岩が累々とある。
岩を乗り越えたり 小さくアップダウンしながら進む。









(10:34)

HPで見た丸太橋です。
HPで見た「丸太橋」が、ありました。嬉しくて思わず「あった!あった」と叫んでしまった。

橋を渡ると 登山者が休憩しておられた。私も お茶休憩。


(10:41)


(10:43)






丸太を組み合わせた はしご?のような橋があったり、
苔むした岩岩を かわしながら 沢沿いに進んでいった。




(10:54)

橋が斜めだわ!!


「カニコウモリ」

「あら!」なかりんさんのHPでは、綺麗に架かっていた橋が斜めになっている。
橋の周りをうろうろ…、渡れるかチェックしましたが、無理みたい。
橋の少し上流に 浅瀬がある。そこをスパッツをつけて渡りました。


(11:04)


(11:08)


(11:15)

美しい淵です。
沢を渡り対岸に取り付いた。細い山道は 沢からはなれ高巻いていく。
途中 沢近くの道が崩れていて、さらに高巻くところもあった。
ロープが張られていたので つかみ 慎重に通過。



(11:17)





(11:23)



ときおり沢にちかずく、沢の景色は すんでいて美しい。沢音も心地(・∀・)イィです。

丸太がくまれた 梯子のような橋が続く所があった。横には 美しい小滝がありました。









(11:26)



滝を眺め一息入れました。露岩があり ロープが張られているところ。慎重に通過。



「白滝山(2)」へ