2007/08/08-10   

8/09=肩ノ小屋…養蚕岳…剣ヶ峰…肩ノ小屋…沢筋を下る…位ヶ原山荘…バスにて鈴蘭小屋へ


翌11日 ご来光に出遅れた。
小屋外に出ると もう昇っていた。
でも綺麗〜♪。
徒歩10分の「朝日岳」に
行って見ることにした。



朝日岳へと進むと、美しい朝の景色が展開される。

高嶺をズームで写す。
カメラタイム多く なかなか進まない。
雲海に 高嶺が浮かぶステキな景色です。
南アでしょうか。






山頂に着いた。

登って行くとすぐに山頂。
うわ〜来てよかった。
新鮮な朝の景色が 心に染みました。



北アルプス 屹立した穂高が 見えた!!
来てよかった。


北アルプスをズームで!。





槍ヶ岳 穂高 あこがれの高嶺が 目の前です。すご==い。



登山者にお願いしました。


肩の小屋へもどり、
朝食をいただき、出発用意。

剣ヶ峰をめざします。空身で楽チン。


朝の景色を堪能した後、肩ノ小屋へもどり、朝食をいただいた。
食堂の窓からも 柔らかい朝日に照らされた 景色を楽しめた。
お支払いを済ませ、片隅に 荷物をおかせていただいた。
空身で 剣ヶ峰をめざします。さあ出発です。!!


登山口付近から「カシャ♪」。

「コマクサ」。

ちょっとガラガラした登山道。

比較的 歩きやすい登山道です。斜度もほどよくて、足も置きやすいです。


おっ! 向こうに穂高が見えた!

ズームでッ!

イワカガミも咲いてた

登るに連れて 向こうに 穂高が顔を出してきた。ワクワクです。








手前のピーク「蚕玉岳」が近くなったね。



主人は30年ぶりの高嶺で「フーフー」です。

記念に一枚写していただいた。


遠くに白山です。


ズームで!

2980M「蚕玉岳」

ケルン。


休憩しておられたご婦人とお話。主人と話があうようす。(´−`)。シャッターをお願いしました。


振り返って。「蚕玉岳」



。登道と下山道の分岐点です。うわ〜山頂の祠が見えてきました。



登山道脇に古い山小屋がありました。!

山頂へと進むと、「御嶽山」が顔を覗かせていた。

反対側には 穂高やね。



槍もよく見えました。!

3026にいるんだね。「感激!」

祠にお参り。もち お賽銭も入れたよ。



御嶽山を写す主人。

ガスで穂高が隠れそう。

三角点にタッチ。



3026M!やっぱりここで写さなくちゃ。

乗鞍本宮でお土産買いました。

思い思いにくつろぐ登山者。



私も一枚おねがいしま〜す。
山頂には30人ぐらいの方々が おられました。
さあ、ぼちぼち下りましょう。













肩ノ小屋が見え来た!
登りは案内本の1・5倍の時間がかかりましたが、
さすがに 下りは 早いね。
剣ヶ峰を見上げ 食堂のコーヒーで休憩。

是非沢筋を歩いてくださいと、
ネット友人 ふくしさんに
教えていただいた。
案内本にも 沢筋のステキな写真が載っていた。
これは、歩きたい。主人を口説くと
「しんどないのん?」「どんなとこ?」と、
尋ねられた。
説明をし、いやいやながらも
出発前に了解を取り付けている。
いよいよ歩けるんだ!ワクワクドキドキでした。




肩ノ小屋脇から 下っていきました。
剣ヶ峰からの斜面に雪渓があり 滑っている人がいます。


肩ノ小屋脇の登山口。

チングルマがお見送り。

本当にすばらしい景色です。

雪渓を眺め、足元の花を眺め、雄大な景色を楽しみました。






バス停が見えてきた。

登山道は 道路で分断されています。道路を渡ると ガードレール脇から沢に降りれた。



道路にペンキで→が書いてありました。



沢筋はミヤマキンバイが 咲き乱れていた

道路に、ガードレールにペンキで印が書かれていて よく分かりました。
ワクワク沢に下る。水は意外と少ない 小さな沢です。程よく楽しめ 私向き!! (´−`)



沢に高山植物に高嶺。「ステキ」

振り返れば、剣ヶ峰の斜面。







案内本にあった釣をしているお地蔵様。





沢が終わり お弁当タイム。

先行のご夫妻。



沢が終わりました。岩に座り お弁当をいただくことにしました。
すばらしい昼食タイムでした。


振り返ると 雄大な「剣ヶ峰」



お弁当が終わり 道路まで下りました。振り返ると 剣ヶ峰が美しいです。
道路にペンキで 登山道の案内があります。ここも道路で登山道が分断されていました。


道路の向こうに 登山道が見える。

岩場を下ります。

いいなぁ〜♪

次は露岩ありの ちょっと 歩きにくい道が続きました。美しい景色です。





また 道路に出た。

位ヶ原山荘。


しばらくすると また、道路に出会った。道路を下っていくと 位ヶ原山荘が見えた。
位ヶ原山荘前からは バスです。登山道が続いてはいるらしいのですが、最近は荒れているとか。
そして、今日 お世話になる 鈴蘭小屋へ。バスは結構混んでいましたよ。


鈴蘭小屋

小屋へ入り部屋を案内していただいた。
そしてあたりを散策。
帰りのバスが出る観光センターは
歩いて5分でした。
お土産屋さんや 飲食店が並んでいる。
帰途のバス停も確認した。
テラスでコーヒーをいただき、
隣に座られた、東京のご夫妻とお話をした。


鈴蘭小屋のお風呂はすばらしい温泉でした。
乳白色ににごり、牛乳より少し薄い感じの色です。
お湯に浸かってるのは私だけ。
至福の時間でした。
今日のすばらしい景色を
反芻しながらの 温泉でした。


夕食は ぶどうの葉や イタドリ 
など 自然素材のてんぷらでした。
おいしかったです。
明日行く「善五郎の滝」や「牛留めの池」などの
位置を確認して就寝。



乗鞍Vへ