2007/05/26



武平峠駐車場…クラ谷分岐…七人山コル…東雨乞岳…雨乞岳…杉峠…鉱山跡… コクイ谷出合…沢谷出合…クラ谷分岐…駐車場所




鎌ヶ岳を 見ながら カメラタイム&休憩〜♪


すばらしい景色です。

「雨乞岳」から杉峠への尾根はすばらしい。

伸びやかな景色を楽しみながら 杉峠をめざしました。すべりやすい急坂がありました。


その後激下りでした。


笹混じりの斜面です。




杉峠が見えた。
HPで見た 立ち枯れの杉が見えた。
「杉峠」の目印です。
小広い 広場に 
立ち枯れの杉があった。






杉峠の北には「イブネ」とか「クラシ」なんて、不思議な名前の 山々が連なっているのですね。
いつか、行ってみたいものです。標識に「コクイ谷出合」とあった。進みます。



「雨乞岳」の斜面。

今下ってきた 雨乞岳の 斜面を眺め 御在所を眺め、標識を確認して、
いよいよ「コクイ谷」へと、下ります。



杉の向こうに御在所が見えてる!

杉峠の3人さん、お先に!

先頭はなかりんさん!


「サラダドウダンツツジ」

「ショウジョウバカマ」が歓迎してくれrた。



コクイ谷までは なだらかな下り道が続いた。「鉱山跡地」があった。明治末には300人もの方々が働いておられたらしい。


石積がある。



御池鉱山跡地らしい。



石階段がある。

下重谷を渡渉!





ドンドン渡渉がある。







崩れた斜面が木で養生されてる。

うつくし大木。





またまた渡渉。

いよいよコクイ谷だ。

左へと渡るのか?右へと渡るのか?



沢へと降りてみたが違うらしい。

この崖の下の沢を正面に渡る。

靴を脱いでおられます。

Y字に 沢が合流している。ここで迷ったとHPにあったのを見た記憶が。
ロープが設置されている個所を降りてみるが 渡るには深そう。
尾根の突端に向かい 岩場を下り 浅瀬を選び 沢を渡る事になった。
ストックでバランスと取りながら渡った!
もっと大きい沢だった記憶ですが 写真を改めて見直すとそうでもないような、。


ヤレヤレ 全員渡った。。


大休止。


標識があり 一安心。
踏み跡も鮮明




武兵峠→の 小さな標識。

渡渉!!

渡っておられるメンバー。




シダの群生地。



またまたまた渡渉!!♪




滑らないように!注意を!。



沢ぞに進む。岩に赤く矢印がある。

黒谷をやりすごし、コクイ谷をなおも遡行する。何度目かの渡渉で 「沢谷出合」に着いた。




木に標識。

沢谷→と正面の狭い谷を指してる。


沢谷と 標識があり 沢の向こうの谷をしめしている。沢を渡ると そのに武平峠⇒の標識があり 安心。


標識のアップ!

滝そばを這い上がり 滝上を渡った。

滝上の沢道です。

狭い沢というか 岩の上を進むと やがて 滝があり 左を巻き上がった。
テープを目印に狭いゴルジェ状の沢を進む。



沢も小さくなってきた。

ヤレヤレ。

武平峠の 標識だ!

やがて クラ谷分岐に到着した、ヤレヤレでした。ここまでくれば 一安心。



戻ってきました。

武平トンネル。

あぁ〜♪暮れてきました。




登山口

標識も すでになつかいし思い

仕上げは「かもしか荘」でした。〜♪

国民宿舎 かもしか荘に 寄ってくださった。廊下に ヒルの干物がありました。
ヒル被害は 全員無しで ラッキ〜♪ 何度渡渉したでしょう。なかなか 私には手ごわい山でした。
しかし、また登りたい 歩きたい気持がふつふつ。今終わったばかりなのに、、(笑)

レポ 再構築で 再び感動できるなて、幸せかも。いつかまた 違う季節に行ってみたい 「雨乞岳」です。
ツアーにでも参加してみたいです。お付き合い頂きありがとうございました。


摩耶山さん歩へ
雨乞岳(1)に戻る